古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

流出ネム290億円分を交換か 資金洗浄、半数を完了?

共同通信 のロゴ 共同通信 2018/03/18 00:29 共同通信社
ネムと他の仮想通貨が交換できると書かれているダークウェブ上のサイト © KYODONEWS ネムと他の仮想通貨が交換できると書かれているダークウェブ上のサイト

 仮想通貨交換業者コインチェックから約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、犯人側が匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」のサイトを介して、流出ネム全体の半数に当たる290億円分(流出当時のレートで計算)以上をビットコインなど他の仮想通貨に交換した疑いがあることが17日、情報セキュリティー専門家への取材で分かった。

 マネーロンダリング(資金洗浄)が目的とみられる。交換されたビットコインなどは、さらに別の仮想通貨に交換されたり現金化されたりした可能性もある。ネムの追跡・回収は一層困難になった。捜査が長期化する恐れもある。

共同通信の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon