古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

bitFlyer、Braveブラウザとの連携開始 広告閲覧で仮想通貨を取得

ITmedia ビジネスONLiNE のロゴ ITmedia ビジネスONLiNE 2021/05/13 10:05
Braveのバージョンをデスクトップ版で1.24.84に更新し、ウォレットの認証を行うとbitFlyerと接続できる © ITmedia ビジネスオンライン Braveのバージョンをデスクトップ版で1.24.84に更新し、ウォレットの認証を行うとbitFlyerと接続できる

 bitFlyerは5月13日、WebブラウザBrave向けに仮想通貨ウォレットを開発し、連携を開始した。Braveブラウザに配信される広告を閲覧すると付与される仮想通貨BATを、bitFlyerアカウントで受け取り、bitFlyerにて売却が行えるようにした。

 Braveブラウザは、Javascriptの生みの親でMozillaの共同創業者であるブレンダン・アイクが作り出したWebブラウザ。利用者のプライバシーを重視し、広告や行動トラッカーをブロックすることを特徴としている。

 広告を閲覧した際に、収益の70%を利用者に還元する仕組みだが、これまで資金決済法の関係で、仮想通貨BATを配布できず、擬似的なポイントであるBAPを付与していた。今回のウォレット開発により、日本円に売却できるBATの配布に変わる。

 本サービスを利用するには、bitFlyerのアカウントが必要となっている。bitFlyerはアカウントをBraveと連携することで、1000円相当分のBATを付与するキャンペーンを6月30日まで実施する。

ITmedia ビジネスオンラインの関連記事

IBO100x100
ITmedia ビジネスONLiNE
image beaconimage beaconimage beacon