古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界経済は来年リセッションに直面も、過去50年で最も広範な利上げで

Bloomberg のロゴBloomberg 2022/09/16 10:57 Claire Jiao

(ブルームバーグ): 世界経済は各国地域による積極的な金融政策引き締めの波を受け、来年リセッション(景気後退)に直面する可能性があり、そうした引き締めでもインフレ抑制には不十分となる恐れがある。世界銀行が15日公表した報告書でこう予測した。

  同報告書は各国・地域の政策当局者は、ここ半世紀で見られなかったほど足並みをそろえて利上げを実施していると指摘。そうした動きが金融環境を弱め、世界経済の成長減速を深める想定以上の影響をもたらすと論じた。

  投資家は各国・地域の中銀が来年、コアインフレを5%のレベルに抑制するため、政策金利を2021年の平均の2倍の4%近くに引き上げると予想。同報告書のモデルによると、各国中銀がインフレを目標レンジ内に収束させることを目指すなら、6%にまで引き上げる可能性もあると分析した。

Global Tightening Wave | World Bank sees rising risk of recession amid simultaneous rate hikes © Bloomberg Global Tightening Wave | World Bank sees rising risk of recession amid simultaneous rate hikes

  世銀の予測では、2023年の世界全体のGDP(国内総生産)は0.5%増に鈍化する見通し。1人当たりでは0.4%減となり、世界的リセッションのテクニカル上の定義を満たすとした。

  マルパス世銀総裁は、「政策当局は消費の減少から生産の増加に焦点を移すことができるだろう」とし、「追加投資を生み出し、生産性と資本配分を改善することを当局は目指すべきであり、それは成長と貧困対策に極めて重要だ」と付け加えた。

原題:

Global Recession Looms Amid Broadest Tightening in Five Decades(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

©2022 Bloomberg L.P.

image beaconimage beaconimage beacon