古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「課題はやっている」と言うが… 予備校教師が明かす「受験に失敗する親子」の典型例

マネーポストWEB のロゴ マネーポストWEB 2021/03/18 16:00
素直でまじめな“いい子”に見えるが…(イラスト/ユキミ) © マネーポストWEB 提供 素直でまじめな“いい子”に見えるが…(イラスト/ユキミ)

 受験というものは、受験生だけの力で成立するものではない。親の協力や理解、そして塾や予備校の助けも重要となってくる。しかし、なかには“絶対に結果が出ない”と言われてしまう親子もいるようだ。そこで、現役の予備校講師が匿名を条件に、成功しない親子の典型例を紹介する。

エピソード1「理解ある風の過保護親が子供の思考力を奪う」

 私は生徒の偏差値を見るよりまず、「なんのために受験をするのか──」という質問の答えに注目します。ここで「親に言われたから」「なんとなく将来に役立ちそう」といった意味の回答をする子は危ういですね。

 高校・大学受験で大切なのは、自立心が育っているかなんです。受験を「自分事」として、しっかり受け止めている子は、最初成績が悪くても、受験直前での追い上げが期待できるんです。われわれが「これは合格が難しいぞ」と思うのは、大人の言うことをよく聞く、素直でまじめな“いい子”。こういった子は、甘やかされて何不自由なく育ってきたか、あるいは高圧的な親の言いなりでしか生きてこられなかった場合が多い。つまり、闘争心や向上心がないんです。先日も、

「この間の英語の模試、かなり点数が落ちちゃったな。どうしてだと思う?」

 と質問しても、

「はあ……。でも、先生に言われた課題はちゃんとやっていますけど。たぶん、調子が悪かっただけだと思います」

 と、自分に何が足りないのかわかっていない生徒がいました。それなら、お母さんにハッパをかけてもらおうと連絡するものの、

「え? うちの子まじめに勉強していますよ。私も見張っていますから確かです。これ以上やらせてノイローゼになったら困るし、前向きなところは長所として伸ばしてやりたいんですよね」

 と、これまた親もわかっちゃいない。彼の場合は、前向きなんじゃなくて思考停止でしょ。言われたことだけやっていても本当に欲しいものは手に入らないって気づくのは、志望校に落ちてからなんだろうな。いや、もしかすると一生わからないかも。

エピソード2「合否は塾次第って勘違いしていない?」

「ほかの塾に通っていたんですが、成績が上がらないので、こちらに入れてください」

 と相談に訪れたのは、高3の息子と母親。この時点で6月。受験の天王山ともいえる夏を前にした転塾はリスクが高いので、私も心配になり、成績が上がらない原因を探ろうとしたのですが……。

 生徒本人に志望校や将来の希望を聞いても、面接の参考書に書いてあった文言をそのまま言っているかのようにあいまい。母親も、

「本人と塾にお任せしているんで、私にわかるわけがありません」

 と、逆にお叱りを受ける始末。どうやら、大学進学はさせたいが、進路指導の先生に、このままでは合格の見込みはないと言われたので、「とにかく塾を変えよう」ということになった様子。

 当たり前と思うかもしれませんが、受験成功の大前提は、良好な親子関係にあります。「良好」とは、親は子供に干渉しすぎず、子供は親の協力に感謝して勉強を進めるといったバランスの取れた関係。こういう親子は、目標と動機が共有できているため、受験に挑む体制が家庭内でできています。ところが、今回のようなケースでは、親子で目標が定まっていないうえ動機も共有されていないので、受験を乗り切る舞台が整っていないんです。

 とりあえず、入塾テストで実力を調べてみると、高1までの内容を理解していないことが判明。成績が上がらなかったのは、復習の途中だったからで、前の塾の教え方が悪かったわけではありませんでした。そこで、現状を正確に伝えておこうと母親に電話。

 ところが、

「それは塾の仕事で私には関係ないでしょう。高いお金を払っているんだから、そちらでどうにかしてください」

 と、電話を切ってしまうではないか。過干渉も問題ですが、親の無関心も大問題。勉強の遅れを取り戻しつつ、受験を乗り越える学力をつけるには、本人の覚悟と努力、親の理解が必要なのにそのどれも足りないこの生徒は結局、浪人することになりましたが、また塾を変わってしまったので、いま頃どうしているのやら……。

取材・文/上村久留美 

※女性セブン2021年3月25日号

マネーポストWEBの関連記事

マネーポストWEB
マネーポストWEB
image beaconimage beaconimage beacon