古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

マンション購入時には「駐車場」も要確認 3つの種類とメリット・デメリットを紹介します

マネーの達人 のロゴ マネーの達人 2019/09/15 11:00 菊池 悠介

マンションを購入する方の中には、車が日常生活に必要不可欠な方も多いはずです。

そこで必要になるのが「駐車場」ですが、さまざまなタイプやメリット・デメリットが存在します。

今回は、マンション購入前に確認しておきたい駐車場の種類や特徴についてご紹介していきます。

1. 平置き駐車場

平置きの駐車場 © IID, INC. 提供 平置きの駐車場

平置き駐車場はマンションの中で最も採用されている駐車場で、地上にあり、車道から自走して止めることができる駐車場のことを言います。

屋根がないケースが多いですが、一部屋根が付いている場合もあります。

最大のメリットは待ち時間がなく、階段や機械操作なども必要ない「使いやすさ」にあります。

修繕が必要になるような箇所もほとんどないため、メンテナンス費用も安く済むのも特徴です。

一方で、一般的に人気があるため、使用料も高く設定され、抽選や順番待ちになるケースも少なくありません。

また、誰でも出入りできる場所にあることが多く、いたずらや盗難、違法駐車などセキュリティ面に不安があります。

さらに、屋根がない場合は雨風に鳥のフンなど、車が傷つき汚れやすくなるというデメリットが考えられます。

2. 自走式立体駐車場

自走式の立体駐車場 © IID, INC. 提供 自走式の立体駐車場

自走式立体駐車場とは、何層かになる建物のスロープを自走して駐車する駐車場のことを言います。

自走する距離が多少伸びますが、待ち時間なく利用できますし、屋上部分以外は屋根があるため、雨風等の影響をほとんど受けずに乗り降りすることができ、車へのダメージも少なく済みます

ただし、駐車場所にもよりますが対向車とのすれ違いや駐車の際に少し運転技術が必要となる場合があります。

平置き駐車場と同じく、いたずらや違法駐車等の防犯面の不安は残ります。

3. 機械式立体駐車場

機械式駐車場は雨風から守られる © IID, INC. 提供 機械式駐車場は雨風から守られる

機械式立体駐車場とは、機械を使って何層にも車を駐車する駐車場のことを言います。

機械式といっても多段方式やタワーパークなどさまざまな装置があります。

他の駐車場と比較して使用料が安く設定されている場合が多く、さらに雨風の影響も受けにくい(受けない)ため、車へのダメージも少なく済みます。

また、いたずらや盗難、違法駐車などにもあいにくく防犯面でも安心です。

このようにメリットも多い一方、購入時に最も注意したいのが「車体に制限がある」という点です。

経験上、早めに車体制限を確認しなかっため

「せっかく気に入ったのに物件探しが振り出しに戻ってしまった」

「購入してしまったけど近くに駐車場の空きがない」

といった失敗を多く見ています。

車長・車高・車幅をしっかりチェックしてご自身の車が収まるか確認しましょう

その他、購入後の懸念点として管理・維持・機械の入れ替え費用があげられます。

特に入れ替え工事に数千万円以上の費用が掛かり、頭を悩ませているマンション管理組合もあります。

また、毎日車を利用する場合「待ち時間の長さ」に不満を感じる方も多くいます。

マンション選びの際には駐車場のタイプも要確認

以上、3つのタイプの駐車場について、メリットとデメリットをご紹介しました。

マンションの購入を検討する際は駐車場の空き状況だけでなく、駐車場の種類や特徴を把握することも大切です。

ご家族のライフスタイルなども考慮した上で、どの駐車場を選択するか判断するようにしましょう。(執筆者:菊池 悠介)

マネーの達人の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon