古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

在宅介護の強い味方「ポータブルトイレ」で介護費用軽減 9割返ってくる購入方法と使い方のコツ

マネーの達人 のロゴ マネーの達人 2022/05/14 17:00 佐々木 政子

介護用品のポータブルトイレは高そうだし、使うかどうか不安など、お悩みの家族はおられるかと思います。

結論からいいますと、使ってみようかなと思っている方にはおすすめの介護用品です。

介護用品のポータブルトイレには、

1. 介護費用の節約

2. 介護負担の軽減

3. 要介護者の寝たきり防止

といった3つのメリットがあります。

今回は、その3つのメリットで家族のポータブルトイレに関する不安を解消していきます。

ポータブルトイレで介護費用と負担軽減 © マネーの達人 提供 ポータブルトイレで介護費用と負担軽減

ポータブルトイレを購入すると、最大9割のお金が返ってくる

ポータブルトイレは、特定福祉用具対象の商品(衛生上からレンタルに適さない福祉用具)あたるため、介護保険の優遇を受けることができます。

IMG_256 © マネーの達人 提供 IMG_256 ≪画像元:呉市[https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/15/jyuryouininn-fukusiyougu-jyuutakukaisyuu.html]≫

購入する際は、償還払いと言って、いったん福祉用具のお店にポータブルトイレの代金を全額支払い、その後市区町村に申請をします。

後日、介護負担の割合に応じてお金が返ってくるというしくみになります。

介護用品費の償還払い © マネーの達人 提供 介護用品費の償還払い ≪画像元:上尾市[https://www.city.ageo.lg.jp/page/29-yougu-download.html]≫

購入する際の注意点

ポータブルトイレを購入する時は、必ず都道府県指定の福祉用具店で購入するようにしましょう。

仮に、ネットで販売されたものを買っても、都道府県指定の福祉用具店でなければ、同じポータブルトイレでもお金は返ってきません

ケアマネージャーに相談すると、都道府県指定の福祉用具店を紹介してくれます。

介護負担が1割の方は、3,000円ほどでポータブルトイレが購入できますので、実際にはとてもお得に購入できるのです。

ポータブルトイレの種類とお値段は?

ポータブルトイレは、さまざまな種類があります。

最近では、便座が暖かくなるものや水洗式のポータブルトイレといった便利な機能がついているものが登場しています。

今回は、よく使われている2種類のポータブルトイレをご紹介します。

1. プラスチック型のポータブルトイレ

プラスチック型のメリットは、木製型に比べて、軽く持ち運びが楽です。

ポータブルトイレの場所を、変えたい時は楽に変えられます。

・ 安寿ポータブルトイレはFX-CPちびくまくん 2万5,850円(自費で購入した際の金額です)

IMG_256 © マネーの達人 提供 IMG_256 ≪画像元:ダスキンヘルスレント[https://healthrent.duskin.jp/products/haisetsu/B-2-1/index.html]≫

2. 木製型のポータブルトイレ

木製型のポータブルトイレのメリットは、プラスチック型に比べて安定感があります。

持ち運びをするときは重いですが、おしゃれな形が多く安定感があり、椅子の様に座ることも可能です。

・ 安寿家具調セレクトRコンパクト 3万9,600円(自費で購入した際の金額です)

IMG_256 © マネーの達人 提供 IMG_256 ≪画像元:ダスキンヘルスレント[https://healthrent.duskin.jp/products/haisetsu/B-2-11/index.html]≫

購入する際、どういったものを購入すればいいか分からない時は、福祉用具店の方が実際に自宅まで来て、設置する場所や要介護者の家族の状態に合わせて、その方に適したものをアドバイスしてくれます。

排せつをした後の部屋の臭いが気になる場合、ドラッグストアーへ行くと、ポータブルトイレの消臭グッズが売られています。

それでもあまり消臭効果を感じないという時には、お気に入りのお香をたくことで気になる匂いの消臭ができます。

これは実際にいろいろな消臭剤を試した結果になりますので、消臭されずに困っている方はぜひ1度お試しください。

ポータブルトイレが家族の介護負担を減らせる理由

夜間寝ている時に「トイレに行きたい」と言われて、車いすに乗り換えて、トイレに連れていくのは大変です。

こんな時、そばにポータブルトイレがあると便利です。

夜間にトイレに連れていく手間を減らせるからです。

また、ポータブルトイレを上手に設置すると、要介護者の家族が自分で行くことも可能です。

ポータブルトイレの設置方法と移乗方法 © マネーの達人 提供 ポータブルトイレの設置方法と移乗方法 ≪画像元:医療法人神楽岡泌尿器科[http://www.kagu-uro.or.jp/women/adl_160502/]≫

多くの方は、画像の1の足元に設置しています。

画像の様に、自分でポータブルトイレの手すりとベッドの手すりをもって、踏ん張って立ち上がります。

自分で立ってもらうことにより要介護者を抱える負担が減り、家族の体の負担が減ります

また、トイレまで、連れていく手間も減ります。

そほか、ポータブルトイレを置くことで、パットを汚す回数が減ります。

ポータブルトイレをうまく活用できれば、おむつ代、パット代の節約にもつながります。

ポータブルトイレで費用と負担を軽減

ポータブルトイレを買って、使うことがなかったらもったいないというお悩みも、介護保険で最大9割戻ってくるので、費用面での不安は解消されます。

そのうえ、うまく活用できれば、オムツ、パット代の節約にもなります。

ポータブルトイレは、要介護者の排せつ機能を維持、向上させるためだけではなく、家族の介護負担を減らすためにも大変便利な福祉用具です。

トイレとポータブルトイレを上手に組みあわせて、家族の介護負担の軽減と要介護者の排せつ機能を保っていきましょう。(執筆者:現役老人ホーム施設長 佐々木 政子)

マネーの達人の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon