古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

WHO、中国にチーム派遣へ コロナ終息ほど遠いと警告

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2020/06/30 05:50 AFPBB News
世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長。スイス・ジュネーブで(2020年6月25日撮影、資料写真)。 © Fabrice COFFRINI / AFP 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長。スイス・ジュネーブで(2020年6月25日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は29日、新型コロナウイルスの発生源特定に向けた活動に従事するチームを来週中国に派遣すると表明するとともに、新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は終息からほど遠いとも警告した。

 WHOは、中国・武漢(Wuhan)で新型ウイルス発生が初めて報告されてから半年の節目を30日に控える中、世界の死者数が50万人、感染者数が1000万人に達するという「非常に痛ましい」事態となったことに遺憾の意を表明した。

 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長はインターネット上で開いた記者会見で、「ウイルスの発生経緯などの全容を解明できれば、より良い形でウイルスと闘える」と言明。発生源特定に向けた調査に関連し、中国にチームを派遣すると述べたが、チームの具体的な構成や目的は明らかにしなかった。

新型コロナウイルス感染により亡くなった人の墓に花をささげる人。ブラジルの首都ブラジリアで(2020年6月28日撮影、資料写真)。 © Sergio LIMA / AFP 新型コロナウイルス感染により亡くなった人の墓に花をささげる人。ブラジルの首都ブラジリアで(2020年6月28日撮影、資料写真)。

 テドロス氏はまた、パンデミックが人類の最良と最悪の面を浮き彫りにし、親切心と連帯の行為のみならず、偽情報やウイルスの政治化を引き起こしたと指摘。国際社会が分裂から団結に移行しない限り、「残念ながら、最悪の事態はこれからだ」と述べた。

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長(中央)。スイス・ジュネーブで(2020年6月25日撮影、資料写真)。 © Fabrice COFFRINI / AFP 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長(中央)。スイス・ジュネーブで(2020年6月25日撮影、資料写真)。

【翻訳編集】AFPBB News

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により亡くなった人の墓に花をささげる人。ブラジルの首都ブラジリアで(2020年6月28日撮影、資料写真)。 © Sergio LIMA / AFP 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により亡くなった人の墓に花をささげる人。ブラジルの首都ブラジリアで(2020年6月28日撮影、資料写真)。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により亡くなった人の墓。ブラジルの首都ブラジリアで(2020年6月28日撮影、資料写真)。 © Sergio LIMA / AFP 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により亡くなった人の墓。ブラジルの首都ブラジリアで(2020年6月28日撮影、資料写真)。

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon