古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ジブリパーク:宮崎駿監督、鈴木Pの共作ロゴ発表 ポスターや新図面も

MANTANWEB のロゴ MANTANWEB 2019/05/31 15:50 MANTAN Inc.
会見で発表された「ジブリパーク」のロゴを手にする(左から)鈴木敏夫プロデューサー、大村秀章・愛知県知事、大島宇一郎・中日新聞社社長 © MANTANWEB 会見で発表された「ジブリパーク」のロゴを手にする(左から)鈴木敏夫プロデューサー、大村秀章・愛知県知事、大島宇一郎・中日新聞社社長

 2022年秋に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)に開業予定のスタジオジブリのテーマパーク「ジブリパーク」についての会見が31日、愛知県庁(名古屋市中区)で行われ、同パークのロゴとポスター、新たな図面などが発表された。会見には同パークの企画監修を行うスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(P)が出席し、ロゴについて「ジブリという字は宮崎駿が自らペンを取ってずいぶん前に作りました。パークは僕がまねをして付け加えました」と2人の“共作”であることを明かした。

【写真特集】ジブリパークのイメージカット 新たに公開された図面も サツキが、メイが…

 またロゴのイメージについて「ジブリらしくあろうと。それ以外は何もない。ジブリの世界が入っているんじゃないかな」と語った。

 ポスターは約1カ月ほど前に同パークの建設予定地で撮影した写真を基に、ロゴと「力を尽くして、いざ。」という鈴木Pの字が毛筆であしらわれている。図面は同公園内のエリア配置や、いくつかのエリアの断面図が発表された。

 会見には、大村秀章・愛知県知事、中日新聞社の大島宇一郎社長も出席。同パークについて愛知県とスタジオジブリ、中日新聞社が連携・協力して整備・運営にあたり、スタジオジブリと中日新聞社が出資する運営会社を設立し、運営することも発表された。

 ジブリパークは、愛知万博の理念の継承と、スタジオジブリの作品を伝え、残していくことを目的に「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」の五つのエリアが発表されている。映画「耳をすませば」の「地球屋」や、映画「となりのトトロ」の「サツキとメイの家」を中心とした昭和の田園景観、映画「もののけ姫」のエミシの村とタタラ場をもとにした和の里山的な風景、映画「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」などの北ヨーロッパ風の空間などが整備される予定。

 22年秋に「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」を開業し、「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」は、その約1年後の開業を予定している。 

MANTANWEBの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon