古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

吉川晃司の前で抱擁シーンを撮影した水上京香「吉川さんに『照れちゃうよ』と言われ…」

フジテレビュー のロゴ フジテレビュー 2020/06/23 11:13 株式会社フジテレビジョン
© 株式会社フジテレビジョン

6月23日(火)21時より、吉川晃司主演、 フジテレビ系5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』が放送される。

本作は、吉川晃司演じる白髪の名探偵・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とバディを組み、数々の奇怪な難事件に挑む横溝正史原作のホラーミステリー。

第2話「憑かれた女」には、 水上京香がゲスト出演する。

吉岡エマ(水上京香) © 株式会社フジテレビジョン 吉岡エマ(水上京香)

水上が演じるのは、京都祇園のクラブ「マダム・シルク」のホステス・吉岡エマ。えたいの知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされ、恐怖で心をむしばまれたエマは、何かにとりつかれたように、意味不明な言動を繰り返していた。

「天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚を見る」と嘆き、同じホステスの神崎美沙子(柳ゆり菜)の死体を見たと錯乱するエマを、店の常連で、恋人でもある五月翔太(赤楚衛二)は心配し、その窮地から救おうとするが…やがて、五月もエマも恐ろしい殺人事件に巻き込まれていく。

左から)五月翔太(赤楚衛二)、吉岡エマ(水上京香) © 株式会社フジテレビジョン 左から)五月翔太(赤楚衛二)、吉岡エマ(水上京香)

そんな水上が、今回の作品や役どころ、主演の吉川晃司の印象について語った。

<水上京香 インタビュー> © 株式会社フジテレビジョン

――ドラマの企画・台本を読まれた時の感想をお教えください。

第2話は、ホラー要素が強いです。私が演じるエマは、ずっと叫んでいます(笑)。

夏に放送されるので、夏にぴったりな、ちょっとヒヤッとしてもらえるような作品になっているんじゃないかなと思います。

――水上さん演じるエマはどんな人物だと思いますか?

何かに依存しやすい、寄りかかりやすい、結構弱い人間のような気がします。

そこをベースに、「誰に頼ってしまうんだろう、どう頼ってしまうんだろう」と考えながら、こういう人物かなと作っていきました。その拠り所が、五月(赤楚英二)なんですけど、頼りすぎてあまりよくないんじゃないかなと思ってしまうくらいの描写があって。エマは、「誰かに頼っていかないと生きていけない」…そんな人間だなと思います。

© 株式会社フジテレビジョン

――そんなエマ役を、実際に演じてみていかがでしたか?

とにかく喜怒哀楽、起伏が激しくて。毎日テンションの上がり下がりが大きかったです。

ケロっと元気に叫んだり、泣けたりする日もあれば、かなり体力を使って、思うように身体が持ち上がってくれなかったりする日もあったりして…ドラマタイトルの「憑かれた女」にあるように、どこか乗っ取られているような感覚がありました。

コントロールしきれていないのかもしれませんが、自分自身ですら掴み切れない日もありました。

――確かに、全5話の中で一番叫んでいる役だと思います。

そうですね。叫びっぱなしで(笑)。のどが痛くなったりとか、「アレ、おかしいな」と思ったことも多々ありました。今まで叫んだり喚(わめ)いたりした役はありますが、その中でも頭に酸素が回り切らない感じがして、本当に苦しいなと思いました。

――横溝ミステリーである、この作品の魅力は?

誰を犯人にしても物語が成り立つなと思いました。ストーリーが入り組んでいて、誰しもが犯人なのかもしれないという、そこに、この物語のすばらしさがあるんだなと思います。

誰が犯人か? というのが、このドラマのおもしろさのひとつですが、ミスリードもあって、最後までわからないミステリーを楽しめると思います。

――吉川晃司さんの印象を教えてください。

テレビでしか拝見したことがなくて、物静かでロックな方というイメージでしたが、撮影の合間にお話すると、とても物腰が柔らかくて…あとは、結構お茶目な方だなという印象です(笑)。

左から)由利麟太郎(吉川晃司)、吉岡エマ(水上京香) © 株式会社フジテレビジョン 左から)由利麟太郎(吉川晃司)、吉岡エマ(水上京香)

私が恋人役の赤楚衛二さんに助けてもらい、抱き合うシーンがあって、それが、吉川さんの近くで抱き締められるシーンだったんです。そしたら、吉川さんが「そんな近くでしてたら、照れちゃうじゃないか」って言われて(笑)。

なんで吉川さんが照れるのって、思いましたけど、そういう、ピュアな気持ちも持たれていて、そんな風に『照れちゃうよ』って言ってくださると、こちらも緊張がほぐれました。すごくストイックな方で、屈強な男という感じももちろんありますけど、ギャップのある素敵な方だなと思いました。

――第2話のみどころ、注目してほしいポイントなど、視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。

人間には、いろんな愛情があると思います。妻を想う気持ち、夫を想う気持ち、子供を想う気持ち、その愛情というものが、いろんな形で出てくるの第2話だと思います。

それがまっすぐなのか、きれいなのか、汚れているのか…歪んでいるのか。歪んでいるから悪いことなのか、きれいだからいいことなのか、一概には言えないいろんな愛が出てきます。“何が正しい愛”なのか、ぜひ放送を楽しみにしていただいて、たくさん出てくる愛を感じていただけたらうれしいです。

水上京香、赤楚衛二の貴重なオフショット © 株式会社フジテレビジョン 水上京香、赤楚衛二の貴重なオフショット <第2話あらすじ>

祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、近ごろえたいの知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。店にいるときも部屋で休んでいるときも、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも、“黒い影”は突如目の前に現れ、そのたびにエマを恐怖に陥れていた。

心をむしばまれたエマは、やがて何かにつかれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るように。五月はそんなエマを心配するが、一方で、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子(柳ゆり菜)は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。

その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之)と会っていた俊助(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇する。

井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の死体を見た」と言い出し、聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見たという。しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てない。

真相を確かめるべく由利(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらない。さらに翌日には、美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。

やはりエマの幻覚だったのか――そう思った矢先、エマが見たという凄惨(せいさん)な光景、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される…。

フジテレビューの関連記事

フジテレビュー
フジテレビュー
image beaconimage beaconimage beacon