古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

大会関係者新たに8人感染 チリ・テコンドー選手も

チリの女子テコンドー選手の感染が新たに確認されました。 東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は21日、新たに8人の感染が確認されたと発表しました。 チリのオリンピック委員会はこのうちの1人が女子テコンドーのチリ代表、フェルナンダ・アギーレ選手だと明らかにしました。 アギーレ選手は10日間以上の隔離を強いられるため、オリンピックへの参加はできないということです。 新型コロナによる棄権は初めてです。 また、チェコのオリンピック委員会によりますと、チェコのビーチバレーのコーチ1人の感染が判明しました。 20日、男子選手の感染が明らかになっていて、この2人の濃厚接触者は12人いるということです。 これで組織委員会が発表した大会関係者の陽性者は79人となりました。
image beaconimage beaconimage beacon