古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

フジ山﨑夕貴アナ、シウマの占いに悲鳴…夫・おばたのお兄さんにまた浮気される?

フジテレビュー のロゴ フジテレビュー 2020/10/27 04:05 フジテレビュー!!
© フジテレビュー!!

10月28日(水)22時より、フジテレビでは『突然ですが占ってもいいですか?』が放送される。今回は、ゲストとして山﨑夕貴フジテレビアナウンサーが登場。オリジナル占術「数意学」の創始者で琉球風水志のシウマによる占いを受ける。

収録前、山﨑アナは「私、占いって全然信じていないんですよ」と言い放ち、「携帯番号で運勢が分かるとは思えない」と、携帯番号の下4ケタなどの数字を基に占うシウマの「数意学」に疑いの目を。

しかし、いざ対面すると、彼の話にグイグイ引き込まれていく展開に!山﨑アナは「15」という数字と縁が深く、「15」は“幸せを手に入れられる数字”だとシウマが唱えると本人も大いに納得。「フジテレビに入れたのも強運のおかげ」と入社当時の思い出を振り返る。

さらに恋愛運について話が及ぶと、山﨑アナはますます興味津々。「相手を信じやすいのが弱点」と核心を突かれ、意外な恋愛遍歴を自ら明かす一幕も。続いて夫でお笑い芸人のおばたのお兄さんについても占いはじめ、「実は〇〇気質」だと鑑定。うなずきながら聞き入る山﨑アナに、シウマが“また浮気する可能性”を示唆すると、彼女の「やめてくださいよ~!!」の叫び声が!

しかし最後は、仕事からプライベートまで全部の運気を上げたいと明るく語る山﨑アナに、シウマが“すべてがうまくいくようになるスゴい数字”を伝授する。

ゲッターズ飯田・シウマ・木下レオンが視聴者を占う

© フジテレビュー!!

ゲッターズ飯田は、50代の母と20代の娘2人がいる埼玉在住の3人家族と対面。母と長女の反りが合わずケンカが絶えないという。ゲッターズが長女の難点を指摘すると母が大きくうなずき、母に苦言を呈すると長女が得意顔。

次女はそんな2人を見ておろおろするばかり…。そんなとげとげしい空気にめげることなく、ゲッターズはひとつ屋根の下で暮らすことの尊さと大変さを訴えていく。そして最後に、現在の3人から届いたビデオメッセージを紹介。占いから約2カ月が経った今、母と長女の仲ははたして?

シウマは岐阜在住の33歳女性をリモート占い。だが女性の近くに彼女の母親がいることに気づいたシウマは、「お母さんも出ませんか?」と呼び掛け、63歳の母も一緒に占うことに。かくして2人の性格や娘の結婚運を鑑定するシウマだったが、占いが進むうちに、娘には姉と兄がおり、母がこれまで必死に3人の子どもを育ててきたことが判明。

さらに、兄が大病を患ったこと、姉がその危機を救ったことなど驚きの過去が次々と明かされていく。過去について今でも後悔していることがあると話す母に、シウマは占いを通じて、優しいいたわりの言葉を投げ掛ける。

© フジテレビュー!!

長野在住の28歳女性をリモートで占うのは、木下レオン。「頑張り屋だが落ち込みやすい」という性格や、過去の重大な出来事などを次々と看破していくが、そこで彼女は五輪強化選手にもなった一流アスリートだということが判明する。

そしてレオンは、彼女の現在の境遇と切実な悩みも“LOCK-ON(=的中)”。彼女が両親を思いやるあまり、悩みを言い出せずにいることに気づく。そこでレオンは、「今からお父さんに電話してみよう」と言い出し…。今回も人情家のレオンならではの感涙必至のドラマが展開!スタジオで見守る水野美紀も、「レオンさん、今週もまたカッコよかったね~」と感嘆のため息をもらす。

フジテレビューの関連記事

フジテレビュー
フジテレビュー
image beaconimage beaconimage beacon