古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

2週間で数万人が応募。南極科学者がエアビーと組んで実現したいこと

Forbes JAPAN のロゴ Forbes JAPAN 2019/10/08 19:30 新國 翔大

© atomixmedia,inc 提供 サバティカル休暇を使って、南極へ──耳を疑ってしまうような前代未聞のプロジェクトが先日、民泊仲介の大手エアビーアンドビー(以下、エアビー)から発表された。それが、海洋保護に取り組むNGOオーシャン・コンサーバンシーと共催する「南極研究の旅」だ。

エアビーは今年に入って、有給休暇を活用し、人々や社会に恩返しする活動に参加し、人生に変容をもたらす体験を促すことを目指すプログラム「サバティカル」を開始している。

第一弾のプロジェクトとしてすでに実施されたのが、イタリアのNGO「Wonder Grottole(ワンダー・グロットレ)」との地方再生プロジェクト「イタリア、サバティカル休暇の旅」だ。これは存亡の危機に瀕する南イタリアの歴史ある村、グロットレにボランティア5人が3か月間在住し、村の活性化を支援するというもの。今回発表された「南極研究の旅」はそれに続く第二弾のプロジェクトになる。

この旅の目的は、「世界で最も未解明な部分が多く、最も隔離された生態系に人類がもたらす影響への理解を深め、人々の意識を高めることにある」という。

プロジェクトのスタートは2019年12月の予定。現在、ボランティアを募集中(本日で終了)だが、エアビーの広報によれば、発表からわずか2週間で世界中から数万人の申し込みが来ているという。

今後、選考を通過した5人のボランティアは、南極科学者であるキースティー・ジョーンズ=ウィリアムズ氏とともに、チリで2週間のトレーニングを受け、南極に渡って10日間の調査研究を行う。南極での調査後は再びチリに戻り、南極での調査や学びを体系化する予定となっている。

前回のプロジェクトは「地方再生」が目的だったが、なぜ今回、南極の「環境保護」を目的としたプロジェクトが始まることになったのか。Forbes JAPAN編集部は南極科学者のキースティー・ジョーンズ=ウィリアムズ氏に話を聞いた。

© atomixmedia,inc 提供

南極科学者のキースティー・ジョーンズ=ウィリアムズ氏

「科学的なコミュニティに貢献する」

──どのような経緯で、このプロジェクトがスタートしたのでしょうか?

エアビーアンドビーは、「サバティカル」というプログラムを実施するにあたって、どんな目的、どんな意味がある旅行にするかを考えています。貴重な時間をとり、仕事を休んで行くわけですから、旅の目的や意味というのは非常に重要です。

また、彼らはさらに持続可能な旅行を考えており、「環境に貢献する」という思いを強く持っています。南極にとって環境問題は重要なトピックのひとつと考えたようで、今回私たちに声がかかりました。

最初に話を聞いたときは、なぜエアビーのような会社が南極、ひいては科学的なコミュニティに貢献するのか、あまりピンと来ていませんでした。ただ、自分自身で「サバティカル」というプログラムについて調べていくと、彼らが私たちに話を持ち込んできた理由がとても理解できました。

とても強い思いで科学的なコミュニティに貢献しようとしている。私はこのプロジェクトは素晴らしいものだと思いますし、今回一緒にプログラムを実現できて、非常に嬉しいです。

──このプログラムを通じて、どのような問題を解決したいと思っていますか?

重要な目的が2つあります。まずは雪のサンプルを採取・分析し、マイクロプラスチックが南極内部の氷雪にどこまで到達しているかどうかを調査するということ。そして、もうひとつは、世界中から5人に集まってもらい、この体験を通じて人と人とをつなげることです。

ここ2、3年の間で、これまでに予測していたよりもマイクロプラスチックが問題になっていて、いろんな場所に蓄積されていることがわかりました。今回のプログラムでは南極におけるその影響を研究します。具体的には、マイクロプラスチックが南極まで到達しているのか。仮にしていたら、どれくらいまで到達しているのか。どういうルートで到達しているのか。そのあたりを調査します。

南極のエコシステムは、仮に変化の度合いが小さかったとしても、環境が脆弱なので動物たちなど生態系に大きな影響を及ぼす。小さな変化も重要視しながら、調査に臨めればと思っています。とはいえ、南極は天候の問題もあり、想定通りにいかないことも多くあるでしょう。バックアッププランも10個くらい考えて臨みます。

© atomixmedia,inc 提供

──ボランティアにはどのような人が望ましいと思っていますか?

南極という厳しい環境に行ってもらうわけですから、身体的に強い人、精神的に強い人が求められると思います。調査ではありますが、決して専門的な知識を持っている必要はなく、学位のある人しか選ばれないわけではありません。

この体験を終えた後、参加したボランティアの人はアンバサダーとして南極の環境をいろんな人に伝えていく必要があります。ですから、一般的な常識を持っており、きちんとコミュニケーションがとれる人、そして環境問題に対して強い関心を持っている人が望ましいです。

すでに数万人からの申し込みがあり、有難い限りです。私もメンバーのひとりですが、選考委員がありますので、ボランティアとして参加する5人が良いチームとして成立するよう、バランスも見ながら適切な人を選びたいと思っています。

もし、日本の人で私たちと同じようなモチベーションを持っており、今回のプログラムの経験を世界中の人に発信したい、と思っている人はぜひ申し込んでみてください。

Forbes Japanの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon