古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今度会えるのは、6800年後…ネオワイズ彗星を宇宙から撮影した4K動画

BUSINESS INSIDER JAPAN のロゴ BUSINESS INSIDER JAPAN 2020/07/21 04:30 Dave Mosher
  • 国際宇宙ステーションに搭乗しているNASAの宇宙飛行士が、ネオワイズ彗星が地平線から昇ってくるのを見つけた。
  • 宇宙飛行士は7月5日に、その様子を連続写真で撮影した。
  • その後、イギリスのグラフィックアーティストがすべての画像を4K映像に編集し、7分間のビデオとしてYouTubeに公開した。
  • ネオワイズ彗星は、まもなく太陽系の外に出て、約6800年の間、戻ってこない。

2020年7月5日、夜の暗闇の中、NASAの宇宙飛行士は国際宇宙ステーション(ISS)の窓から地平線を見つめ、その「宇宙のスペクタクル」を辛抱強く待っていた。

ISSが中東上空を通過する頃、ネオワイズ彗星が夜明け前の地平線の上に浮かび上がってきた。そして、塵とガスを放出するその天体が現れたのとほぼ同時に太陽が昇り、そのまばゆい光の中に彗星は消えていった。

「彗星は、太陽に近い場所にあったが、太陽が地球に隠れていたほんの短い時間だけ、見ることができた」と、先日スペースXのクルー・ドラゴンで国際宇宙ステーションに赴任したNASAの宇宙飛行士、ボブ・ベーンケン(Bob Behnken)は、7月7日にニューヨーク・タイムズの「ザ・デイリー」ポッドキャストで、軌道上からインタビューに答えた。

幸運なことに、このような光景を見るために命がけで宇宙に飛び出す必要もないし、想像だけで満足する必要もない。ベーンケンとその同僚は、その様子を数百枚の写真に撮影した。それをイギリスのグラフィック・アーティストのショーン・ドーラン(Seán Doran)(彼はNASAの画像の処理を請け負っている)がNASAのアーカイブからダウンロードし、息をのむようなタイムラプス動画に編集した。

「冷たい飲み物を持ってきて、電気を消して、服を脱いで、くつろいでから、大きなテレビで再生して」とドーランはツイートし、「飲み物を飲みながら楽しんで」と付け加えた。

ドーランは当初、4倍速の動画をシェアしていたが、その後、等倍速の高解像度4K動画を自身のYouTubeチャンネルにアップロードした。

この動画は、7分間に渡って撮影された550枚の長時間露光写真で構成されているとドーランはメールでBusiness Insiderに伝えた。

そのままだと動画は18秒にしかならないが、彼は写真を補完してフレームを埋め、動きを滑らかにし、シームレスな体験を生む映像を作り出した。

その結果、動画の視聴者は、地球の上空400kmを時速2万8000kmで飛行する宇宙ステーションに乗り込み、彗星が昇ってくるのを見ているような感覚を味わうことができる。

動画を再生

今、見よう。ネオワイズ彗星は何千年も戻ってこない

ネオワイズ彗星は、2020年3月27日、NASAの宇宙望遠鏡、広域赤外線探査衛星(WISE)を運用している科学者たちによって発見された。正式名をC/2020 F3というこの彗星は、地球を脅かすかもしれない地球近傍天体(NEO)を見つける役割を持つこの望遠鏡に因んで、ネオワイズ(NEOWISE)彗星と名付けられた。

7月3日、ネオワイズ彗星は水星の軌道よりも約1600万kmも太陽に近いところで旋回した。その途中、直径約5kmの氷の球は、十分に加熱されてガスと塵でできた2つの尾を大きく伸ばした。

NASAジェット推進研究所(JPL)の計算によると、彗星は7月23日に地球に最接近するという。また、天文学者は、8月上旬までの暗い夜なら、肉眼で見ることができると予想している。

(訳注:東京では7月下旬は20時頃に西北西の低い空に見える)

ローマのサン・ピエトロ寺院の向こうに見えるネオワイズ彗星。2020年7月14日。 © REUTERS/Guglielmo Mangiapane ローマのサン・ピエトロ寺院の向こうに見えるネオワイズ彗星。2020年7月14日。

しかし、ネオワイズ彗星は太陽系に張り付いてはいない。それは我々が生きているうちには戻ってこない。その天体は太陽系の外に向かっており、約6768年の間、太陽系に戻ってくることはない。

7月13日には、数人のアマチュア天文家が、この彗星は断片化あるいは分裂している可能性があると報告したが、これは、凍ったガス、塵、砂利の塊である彗星には珍しいことではない。しかし、Business Insiderの取材に応じた研究者たちは、望遠鏡の設置の仕方や写真撮影のミスが、断片化したように見えることにつながったと述べ、この説を否定した。

メリーランド大学の天文学者、ヨー・カンジ(Quanzhi Ye)は、Business Insiderの取材に対し「数時間前に撮られた写真を見た。彗星は健康に見える」と述べている。

「私の知る限り、彗星が分裂しているという明確な証拠は何もない」

[原文:A jaw-dropping 4K video shows Comet Neowise rising above planet Earth from the view of an astronaut in space]

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

BUSINESS INSIDER JAPANの関連リンク

BUSINESS INSIDER JAPAN
BUSINESS INSIDER JAPAN
image beaconimage beaconimage beacon