古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「ミライトワ」受注先が800万円送金 組織委元理事側に渡った疑い

朝日新聞デジタル のロゴ 朝日新聞デジタル 2022/09/23 05:00 朝日新聞社
サン・アロー社が製造・販売した公式マスコット「ミライトワ」(右)と「ソメイティ」のぬいぐるみ © 朝日新聞社 サン・アロー社が製造・販売した公式マスコット「ミライトワ」(右)と「ソメイティ」のぬいぐるみ

 東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、公式マスコットの「ミライトワ」や「ソメイティ」のぬいぐるみを製造・販売した「サン・アロー」(東京都千代田区)が、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で逮捕=側に約800万円を支出した疑いがあることが、関係者への取材で分かった。

 東京地検特捜部もこうした資金の流れを把握。サン・アローの幹部らから事情聴取し、資金の趣旨などを調べている。サン・アローは取材に「回答を差し控える」とした。

 関係者によると、サン・アローは1998年開催の長野五輪でも公式マスコット「スノーレッツ」のぬいぐるみを発売した。同社幹部らは、東京五輪でも公式マスコットのぬいぐるみを製造できるよう、2018年ごろに高橋元理事に「今回もお願いします」と依頼したという。

 マスコットは「ミライトワ」と「ソメイティ」に決まり、組織委は、価格帯を分けてサン・アローと別の会社の2社を承認した。

 その後、サン・アローは高橋元理事のゴルフ仲間の知人が経営する会社に資金を送金。さらに知人の会社側から高橋元理事に、現金で約800万円が渡った疑いがあるという。

朝日新聞デジタルの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon