古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「学業と将棋には相関性があると思いますか?」東大将棋部の主将に聞いてみると…

文春オンライン のロゴ 文春オンライン 2020/12/23 11:10 宮田 聖子

「すげー」「ここも最善手か」東大将棋部が沸いた天野倉優臣さんのプロ公式戦3連勝 から続く

 東大将棋部は、12月25~27日、三重県四日市市で行われる7人制の団体戦「学生王座戦」で悲願の優勝に挑む。コロナ禍で活動を自粛してきた2020年の学生将棋界にとって、最初で最後の大舞台となりそうだ。

 今回、東大将棋部の三代の部長・主将、藤岡隼太さん、伊藤蓮矢さん、天野倉優臣さんにインタビューしてきた。ここでは、構成上入れることができなかった「学業と将棋の相関性」「留年」「将棋倶楽部24のレーティング」などなど、三人への質問と答えを番外編としてまとめてみた。(全6回の最終回、 第1回 を読む)

左から順に伊藤蓮矢さん(3年・文学部人文学科国文学専修)、天野倉優臣さん(2年・理科2類)、藤岡隼太さん(4年・農学部応用生命化学工学専修) © 文春オンライン 左から順に伊藤蓮矢さん(3年・文学部人文学科国文学専修)、天野倉優臣さん(2年・理科2類)、藤岡隼太さん(4年・農学部応用生命化学工学専修)

◆ ◆ ◆

学業では、ちゃんと単位を取っています

――打ち上げはどんな感じですか?

伊藤 大きな大会が終わると、だいたい打ち上げはやっていました。将棋の話で盛り上がることも多く、将棋が好きすぎて指し始める人もたまにいます(笑)。先輩のほうが多く払います。無理に飲ませたり、未成年が飲酒したり、迷惑な大騒ぎしたりはありません。大学生なので安くてたくさん食べられるようなお店に行くことが多いですね。

 全国大会の後は、参加の大学が集まっての大規模合同打ち上げもありました。対局が終われば、他の大学とも仲良くしています。ただ、大人数の飲食は当分自粛です。

――将棋に打ち込むあまり留年する人も多いと聞いたのですが、本当でしょうか。

天野倉 少なくとも東大では、将棋部の留年率が高いことはないと思います。みんな、将棋が大好きですが、学業そっちのけということはなく、大半はちゃんと単位を取っています。大学の大会には、6年分を上限として出ることができます(2留までOK)。他の大学の強い方が留年して、また大会に出てきて、びっくりすることはたまにあります。

今は女子部員は1人だけです

――東大将棋部の皆さんの将棋倶楽部24のレーティングはどれくらいですか。

天野倉 レギュラーの平均で2600~2700くらいですかね。

伊藤 自分は最高で2900超えくらいです。大学に入ってから上がりました。東大将棋部全体では、2400くらいが中間だと思います。それくらいの棋力の部員が、レギュラーと研究会や練習で指しているうちに、伸びてレギュラー入りすることも珍しくありません。僕は三重にいた頃、自分より強い人がなかなかいなくなって相手に困りました。それに比べて東大では、強い人がたくさんいて、いい環境だと思います。

――合宿はやっていますか?

天野倉 今はもちろん中止ですが、例年6月と8月にやっています。6月は新入生歓迎行事の一環です。2回とも、盤駒時計が揃い将棋合宿の受け入れ先として有名な、神奈川県湯河原町の「杉の宿」でやっていたのですが、コロナ禍で閉館になってしまったそうです。合宿が再開できても、どこでやればいいのか困っています。

――女子部員はいますか?

天野倉 昨年まで学生女流名人戦(王座戦の前、学生王将戦と並行して行われる大学生女子ナンバーワンを決める大会)で優勝するなど強い女子部員がいたのですが、卒業されて、今は女子は1人だけです。もともと将棋を指す女子は少ない上に東大全体でも女子が少ないので、どうしても男ばっかりになってしまいます。

学業と将棋には相関性があると思いますか

――初心者でも入れますか。

天野倉 門前払いはしません。初心者や級位者にどう接するかは現在の課題です。自分たちが強くなって大会で結果を出すことで精一杯になってしまい、なかなか教えることができていません。もう少し余裕があるといいのですが。

――日曜日に大会があるようですが、年間どのくらいですか?

天野倉 どの大会も強制ではなく都合に合わせて出れば良いのですが、レギュラーになると団体戦は出なければいけないし、みんな日曜日に予定を入れないようになります。大学の大会だけで春と秋の個人戦と団体戦が6日ずつ。1年生だけの大会や、大学院生も含めて出られる大会もあります。日本将棋連盟が主催するオール学生(小学生~大学院生を対象に、団体戦と個人戦が別日程で行われる)など、どこの大学も出るような大会もいくつもあり、自分の場合は年の日曜日のうち30日を費やしていました。

――学業と将棋には相関性があると思いますか。

藤岡 王座戦に出る将棋の強い大学には難関と言われるところが多いので、相関性はあるのかもしれません。奨励会に関していえば、学業よりも将棋という人が上に行くと思います。将棋を優先して、勉強は苦手だったというプロ棋士も、地頭はすごくいいのだと思っています。

伊藤 将棋の強い人は学業に適性はあると思います。奨励会時代に見た感じでは、学業と両立している人と、学業は捨てて将棋だけしている人と二極化していたように思いました。時代は変わりつつあるようですが、僕の時代はまだ「奨励会員は学業なんかしている場合ではない」という感覚がありました。将棋が強くなるのは、やっぱり将棋だけの人のほうですね。やればできるのに、全然しないために勉強ができない人はいると思います。

人気将棋ユーチューバー・石川泰さんからの依頼

――外部からはどんな依頼がありますか?

藤岡 東大将棋部OBでもある片上大輔七段の監修で子ども向けの将棋入門書を執筆しないかというお話があり、片上先生と打ち合わせをし、部員で手分けして執筆、出版されたこともありました(「 勝つための将棋 入門編 」「 勝つための将棋 作戦編 」「 洞察力UP! 東大式将棋 勝つための上達法 」3冊とも理論社)。

 学内の依頼で詰将棋を解いているときの脳波を測定させて欲しいという実験に協力したことも。単発の将棋イベントのスタッフなど、アルバイトの依頼もありますね。

天野倉 元奨励会三段の人気将棋ユーチューバー石川泰さんから10秒将棋で対決というお話があって、希望する部員6人が石川さんと対戦した動画が公開されました。伊藤さんと僕も石川さんに挑戦しました。

――アマ名人戦、アマ竜王戦など社会人強豪が出る一般大会には出ていますか?

天野倉 茨城にいた中高時代はよく出ていて、県代表にも何度かなりましたが、東京に出てからはあまり出られていません。ただ、プロ公式戦に出させていただき非常にいい経験になったので、チャンスを得るためにも、一般大会にも出ようかと思っています。

伊藤 大学の大会のないときに出たことはあります。アマ王将戦は、居住地に関係なく出られるので、藤岡さんと夜行バスに乗って東海地区のアマ王将戦に出たこともありました。大学に入ってから東京多摩地区のアマ名人戦代表になったことも一度だけあります。

 藤岡さん、天野倉は学生二冠になり、プロ公式戦にも出ているので、自分も学生やアマのタイトル獲得やプロ公式戦に出たいという気持ちはあります。再開されればまた、一般大会に出たいと思っています。東京は強い方が多く代表になるのは簡単ではないのですが。

東大OBは卒業後、将棋を続ける?

――今、トップアマとして全国大会で活躍している方には、立命館大OBの方が多いようですが、東大OBは卒業後、将棋を続ける方は少ないのでしょうか。

藤岡 すっぱり将棋をやめるわけではなくても、仕事が忙しくて将棋をする時間が取れなくなる方が多いですね。少ないですが、一般大会に出続けて活躍される方もいます。

天野倉 自分も卒業後、本格的に将棋をするのは厳しいかもしれないと思っています。

――四日市で開催される王座戦に向かうとき、青春18きっぷで行く方が多いのでしょうか。

天野倉 大学生はお金がないので、確かにそういう方もいますし、他大学もそうですね。ただ、昨年は自分は学生王将戦と王座戦と5日間続けて大会だったので、行きの道中疲れてはいけないと思い、同じく王将戦に出る藤岡さんと吉川と新幹線を使いました。

プロ公式戦に出ると、対局料がもらえる?

――皆さん、どんなアルバイトをしていますか。

天野倉 塾講師です。部員でも比較的多いアルバイトです。

藤岡 塾の個別指導です。

伊藤 コンサルタントの会社で調査のアシスタント。それから将棋教室で教えています。将棋教室は東大将棋部の先輩の紹介です。

――プロ公式戦に出ると、対局料がもらえるのでしょうか?

天野倉 現金ではなく、商品券でいただきました。服を買いました。

――OBの方とはどんな関わりがありますか?

天野倉 合宿には1日、OBと現役の交流があります。アマ強豪のOBの方の計らいで、毎年王座戦の前に「爆研」という研究会もやっています。そのOBの人脈で東大に限らず、アマ強豪を14人集めてくださり、王座戦のメンバー14人と対決する形で1日3局指します。例年、負け越しだったのですが、昨年は指し分けでした。

 OBの方々には、いつも熱心に応援していただいています。

写真=末永裕樹/文藝春秋

(宮田 聖子)

文春オンラインの関連記事

文春オンライン
文春オンライン
image beaconimage beaconimage beacon