古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「日本の原風景」に映えるヒマワリ 大輪1000本が見ごろ

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2022/08/05 11:44 毎日新聞
見ごろを迎えているヒマワリ=大阪府河内長野市天野町で2022年8月1日午後2時39分、玉木達也撮影 © 毎日新聞 提供 見ごろを迎えているヒマワリ=大阪府河内長野市天野町で2022年8月1日午後2時39分、玉木達也撮影

 高野山真言宗の「女人高野」として知られる天野山金剛寺(大阪府河内長野市天野町)近くの遊休地に植えられたヒマワリ約1000本が見ごろを迎えている。

 同寺の関係者らが昨年に続いて種をまき生育させた。日本の原風景が残る一角に、鮮やかな黄色の大輪が並ぶ姿は夏本番を感じさせる。大阪府富田林市から来た30代の女性は「すごくきれいでとても感動した」と夢中で写真を撮っていた。

 市の担当者によると、見ごろは今月上旬までという。「花を折ったりせず、マナーを守って楽しんでほしい」と呼びかけている。【玉木達也】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon