古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

想定超すドカ雪 立ち往生続く あす東京で雪 通勤に影響は

FNNプライムオンライン のロゴ FNNプライムオンライン 2021/01/11 20:27 FNNプライムオンライン
© FNNプライムオンライン

一時、およそ1,500台の車が立ち往生した福井県の北陸自動車道。

午後になっても多くのトラックなどが立ち往生したままで、懸命の除雪作業が行われていた。

NEXCO中日本によると、下り線の立ち往生はすでに解消したものの、上り線で午後4時現在、なお64台が動けないままだという。

12日は、西日本から東日本の太平洋側の広い範囲で雪が降る見通し。

東京や関東は、12日未明から雪になる可能性があり、東京23区でも積雪のおそれが出ている。

11日午後、気象庁と国土交通省が共同で12日の雪について緊急の説明を行った。

気象庁会見「予想より降水量が多くなったり、気温が低くなったりした場合は、平地でも大雪になるおそれがあります」

一方、記録的な大雪に見舞われている北陸や新潟県。

「除雪が間に合ってなくて、車も出せない状態なんで、会社にも行けないような状態です」との声が聞かれた。

新潟・上越市では、平年のおよそ6倍となる2m81cmの積雪を観測。

県の災害派遣要請を受け、自衛隊が高齢者施設などの除雪作業にあたっている。

この大雪で、新潟県内では、雪下ろしや除雪中の事故で男女あわせて5人が死亡。

一方、石川県では、11日午後、内灘町の飲食店の駐車場で、車の中に倒れていた60代の男性が死亡した。

死因は、一酸化炭素中毒だった。

当時、男性の車を覆うように雪が積もっていて、車のマフラーが雪に埋まり、排気ガスが車内に充満したことが原因とみられている。

JAF(日本自動車連盟)は、大雪で身動きができなくなった際には、マフラーの周辺を定期的に除雪するか、エンジンを切るよう呼びかけている。

FNNプライムオンラインの関連リンク

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンライン
image beaconimage beaconimage beacon