古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

文科省汚職、別の元役員立件検討 コンサル接待に関与疑い

共同通信 のロゴ 共同通信 2018/08/01 14:47 共同通信社
文部科学省 © KYODONEWS 文部科学省

 収賄容疑で文部科学省の前国際統括官が逮捕された事件に絡み、元コンサルタント会社役員谷口浩司容疑者(47)=贈賄容疑で再逮捕=による文科省幹部への接待に関与した疑いがあるとして、東京地検特捜部が同じコンサル会社の別の元役員の立件を検討していることが1日、関係者への取材で分かった。元役員は海外に滞在しているとみられる。

 谷口容疑者が設けた会食の場に戸谷一夫事務次官(61)が同席したこともあったとみられ、特捜部は一連の接待の実態解明を進めている。

 元役員は15年7月に就任。財務や法務を担当していたが、谷口容疑者が最初に逮捕された直後の今年7月6日に辞任した。

共同通信の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon