古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

若者7割「視線ストレス」=SNS浸透が影響か-民間調査

時事通信 のロゴ時事通信 2018/10/12 05:33 時事通信社

 10~20代の男女のおよそ7割が他者の視線をストレスと感じていることが、化粧品メーカー「マンダム」(大阪市)の調査で分かった。同社は、直接対面しないインターネット交流サイト(SNS)を通じたコミュニケーションの浸透が影響している可能性があると分析する。

 15~59歳の男女1091人を対象に、8月にネット上で調査を実施。「他者の視線にストレスを感じたことがあるか」との質問に、全世代の56.5%が「とてもある」「たまにある」と答えた。10~20代の若者はそれらの合計が67.6%に達した。

 また若者の61.8%が他者の視線が怖いと感じたことがあると回答。30~50代よりも約25ポイント上回った。特に若い女性ほど怖いと感じる傾向にあり、10代女性では約4割が「とてもよくある」と答えた。

 友だちと仲良くなるための手段について、若者は直接対面で話すことに次いでLINE(ライン)など通信アプリの使用が約3割を占めた。40~50代では約1割にとどまっており、若者ほどネット上の交流を通じて仲良くなる傾向が見られた。 

image beaconimage beaconimage beacon