古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

豊洲市場開場直前、関係者から不満噴出「朝はパニックに」

NEWSポストセブン のロゴ NEWSポストセブン 2018/10/05 07:00
豊洲市場を視察する小池都知事(時事通信フォト) © SHOGAKUKAN Inc. 提供 豊洲市場を視察する小池都知事(時事通信フォト)

 10月11日の豊洲市場開場まで1週間を切り、まもなく約900にのぼる関連事業者の“引っ越し作戦”がスタートする。土壌汚染で揺れた豊洲市場は7月に小池百合子・都知事が「安全宣言」を出したが、これまで「築地ブランド」を守ってきた仲卸業者や仕入れ業者からは「土壌問題より深刻なのは、私たちの仕事する環境が全く整っていないことだ」と不満の声が上がる。

 豊洲市場が仕入業者らに初めて公開されたのは9月下旬。東京都内の高級すし店主A氏は「このままじゃ市場に入場することすらままならない」という。

「築地には6か所ある入場門が豊洲には1か所しかないから公開日には車が大渋滞した。公開日に集まったのは1000人程度だが、市場には荷受や配達トラックなどで1日2万人ほどが早朝に密集する。セリに遅れて鮮魚を仕入れ損ねたら、お客さんにどう謝ればいいのか。そもそも駐車場の場所すらしっかり決まってないんだから、大変なパニックになるのではないか」

 豊洲市場で準備を進める仲卸業者B氏も続ける。

「豊洲市場では、生簀の水を流したら排水溝の径が狭すぎて詰まって水浸しになった。俺たち現場の声を聞かず、使い勝手を度外視してつくったから、こんなことになっているのではないか」

 豊洲移転問題の解決を託されて都知事に当選した小池氏が開業延期を決定したのが2年前。そこから都は何をやっていたのか。

「市場の本来の機能という重要な課題が、土壌汚染問題から盛り土の話にすり替わって、安全宣言ですべて解決したみたいになってしまった。小池さんは世間の関心がある時だけ口を出してその後は知らんぷり。それはないんじゃないか」(仲卸業者B氏)

「築地の中で移転賛成派と反対派に分かれたのは事実だが、その間に役人がどんどん建設を進めてしまった。とにかく10月の開場に間に合わせることだけが都の目的になっていったのではないか」(仲卸業者C氏)

 このままなし崩しに開場することへの危惧を、前出・すし店主A氏はこう口にする。

「市場に行けば信頼を築いた仲卸さんから自分で納得した魚を仕入れることができる。そうやってすし職人も目効きになれる。それが“世界に誇る築地ブランド”だったのに、豊洲市場移転でその信頼が壊れてしまうんじゃないか」

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon