古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

赤信号を2回無視、ドライブレコーダーが記録 池袋事故

朝日新聞デジタル のロゴ 朝日新聞デジタル 2019/04/20 18:44 朝日新聞社
母子が亡くなった交通事故現場では、献花台の前で多くの人が手を合わせた=2019年4月20日午後0時32分、東京都豊島区東池袋4丁目、林紗記撮影 © 朝日新聞社 母子が亡くなった交通事故現場では、献花台の前で多くの人が手を合わせた=2019年4月20日午後0時32分、東京都豊島区東池袋4丁目、林紗記撮影

 東京・池袋で高齢男性の乗用車に自転車の母子がはねられ死亡するなどした事故で、車は二つの交差点に赤信号を無視して進入していたことが、警視庁への取材などでわかった。ブレーキをかけた形跡はなく、加速しながら次々と通行人をはねていた。同庁は、負傷して入院した男性の回復を待って自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で詳しく事情を聴く。

 交通捜査課によると、19日午後0時25分ごろ、豊島区東池袋4丁目の都道で板橋区弥生町の無職飯塚幸三さん(87)の車が道路左側のガードパイプに接触後、赤信号だった約70メートル先の交差点で男性をはね、速度を上げながら次の交差点にも赤信号で進入。自転車で横断歩道を渡っていた松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)がはねられ死亡した。他の歩行者ら6人と飯塚さん、同乗していた80代の妻も重軽傷を負った。

 飯塚さんの車のドライブレコーダーには、ガードパイプ手前のカーブから徐々に加速する様子が記録されており、信号無視の様子も映っていた。ガードパイプへの接触からトラックに衝突して止まるまでの約150メートルの間、ブレーキをかけた形跡はなかった。同課は現場の法定速度50キロを超えて走っていたとみている。

朝日新聞デジタルの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon