古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

千葉県は「要請段階でない」 新型コロナまん延防止 熊谷知事、予断は持たず対応 就任後初の定例会見

千葉日報 のロゴ 千葉日報 2021/04/08 12:33 千葉日報社

就任後初の定例記者会見で、新型コロナウイルス対策への方針を述べる熊谷知事=8日、千葉県庁 © 千葉日報社 就任後初の定例記者会見で、新型コロナウイルス対策への方針を述べる熊谷知事=8日、千葉県庁  東京都の小池百合子知事が新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づくまん延防止等重点措置を政府に要請する姿勢を示したことを受けて、千葉県の熊谷俊人知事は8日午前、就任後初となる定例記者会見で、まん延防止等重点措置について「現時点の県内感染状況なら、要請する段階ではないと考えている」と述べた。首都圏4都県でも千葉県の感染者数が比較的抑えられている状況を踏まえ、現時点での要請の必要はないとした。小池都知事は同日午後、まん延防止等重点措置を政府に要請したと明らかにした。

 熊谷知事は会見で「千葉と密接に関わる東京で感染が拡大しつつある状況のため、引き続き予断を持たずに感染状況をみて必要な対応をする」とも述べ、警戒する姿勢も示した。

 感染防止対策で首都圏4都県連携の必要性を強調しつつ、「千葉の感染状況をしっかりと見極める。東京で感染が拡大すると、少し時間をおいて東葛地域などで感染拡大していた。これまであった状況が出てくるか日々チェックし早めに判断する」と述べた。

 東京都が要請したまん延防止等重点措置では、期間や対象地域について今後国と協議する。小池知事は人出の増加が見込まれる5月の大型連休全体を含める意向を示した。地域は23区と多摩地域の一部を対象とする案が浮上している。

 また、感染対策を十分に行っている飲食店に対する千葉県独自の「認証制度」について、熊谷知事は現在制度設計中ながら「(選定する)モデル市と連携しており、できるだけ早い段階に開始する予定で、5月までには実施したい」との意向を示した。

 知事就任2日目の6日に東京・永田町を訪れ菅義偉首相や自民党幹部に就任あいさつを行ったことにも触れ、「与野党党首らも訪問しコロナ対策などで連携させてもらうとあいさつした」と説明。

 県議会の各会派との連携についても「知事特別秘書の起用など、それぞれの会派に話をしている」とし、県議会との関係構築にも気を配る姿勢を示した。

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon