古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

遊休農地を桃林に 山梨・大月「桃源郷プロジェクト」 地元農家ら観光農園目指す

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2021/01/14 09:14 毎日新聞
百蔵山(左奥)のふもとの桃林で枝を切る「野草のさと大月加工センター」の亀井好延理事長=山梨県大月市で、山本悟撮影 © 毎日新聞 提供 百蔵山(左奥)のふもとの桃林で枝を切る「野草のさと大月加工センター」の亀井好延理事長=山梨県大月市で、山本悟撮影

 大月桃太郎伝説が残る山梨県大月市で、地元農家が中心となって未利用農地に桃の木を植樹する「桃源郷プロジェクト」が進んでいる。既に枝の剪定(せんてい)作業が始まり、来年までに桃林を整備し、観光農園などとして観光客を呼び込む構想だ。

 プロジェクトを進めているのは、周辺地域の農家などが1999年に設立した農業法人「野草のさと大月加工センター」(亀井好延理事長)。百蔵山南麓(なんろく)の緩斜面約1000平方メートルに、2016年から薬用桃の植樹を始め、20年2月までに163本を植えた。今年は20本を追加し、22年度までに計200本の桃林を完成させる計画だ。

 薬用桃は、製薬会社と提携し、種を割って「桃仁」と呼ばれる白色の部分を取り出して乾燥させて販売。漢方薬でもある滋養強壮薬の原料に使われる。また、桃狩りができる観光農園にはウオーキングも楽しめる散策路を整備し、桃の花が咲く3月下旬~4月中旬には利用者が自由に歩いたり寝そべったりできるようにする。

 センターは16年からプロジェクトに乗りだし、大月市などの協力も得て、同市宮谷地区の遊休未利用地7・5ヘクタールにキュウリやジャガイモなどの野菜や菜の花、ハーブの畑を整備。コロナ禍前の19年度は収穫体験に約4000人が訪れた。現在は農家の主婦ら地域の25人が働いている。

 桃林は、センターの農場中央部に植えており、完成すると2月下旬の菜の花から始まり、ハーブのカモミールが白い花を咲かせる6月まで、中央自動車道から眺望できる百蔵山の山裾を彩る。

 今秋開催予定の第18回桃太郎サミットを取り仕切る大月桃太郎連絡会議の副会長も務める亀井理事長は「大月伝説は、多様な仲間が助け合って平和な社会を作る昔話だ。この地域を健康長寿と安らぎを分かち合う理想郷にしたい」と期待を込める。【山本悟】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon