古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

原告、死亡顧問の過失相殺否定 那須雪崩事故口頭弁論

下野新聞 のロゴ 下野新聞 2022/09/22 11:30 下野新聞社
宇都宮地裁 © Shimotsuke Shimbun 宇都宮地裁

 那須町で2017年3月、登山講習会中だった大田原高の生徒7人と教諭1人が死亡した雪崩事故を巡り、5遺族が県や県高校体育連盟、講習会の責任者だった教諭ら3人に計約3億8500万円の損害賠償を求めた訴訟の第3回口頭弁論が21日、宇都宮地裁(浅岡千香子(あさおかちかこ)裁判長)で開かれた。遺族側は同校山岳部第3顧問毛塚優甫(けつかゆうすけ)さん=当時(29)=の損害に対する過失相殺の適用を改めて否定した。

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon