古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

コロナ新薬ゾコーバ緊急承認も「医療ひっ迫は変わらない」と医師が警鐘

女性自身 のロゴ 女性自身 2022/12/08 06:00 女性自身
11月22日に緊急承認された新型コロナの飲み薬「ゾコーバ」(写真:時事通信) © 女性自身 11月22日に緊急承認された新型コロナの飲み薬「ゾコーバ」(写真:時事通信)

「こうした飲み薬を広く普及することで、国民の安心を確保して、ウィズ・コロナをさらに進める」

11月22日、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「ゾコーバ」(塩野義製薬)を、国は緊急承認。25日の衆院予算委員会で、岸田文雄首相はコロナ治療薬として初の“国産飲み薬”で緊急承認制度適用第1号となった同薬について「大きな意義がある」と強調したのだ。だが、はたして新薬の登場は私たちに安心をもたらしてくれるのだろうかーー。

埼玉医科大学総合医療センター総合診療内科・感染症科の岡秀昭教授は「新薬ゾコーバには、それほど大きな期待はできそうにありません」として、解説する。

「まずゾコーバを服用できる対象は12歳~60代で、重症化リスクが低い人がメインです。飲まなかった人より半日~1日ほど回復が早まる効果が認められましたが、致死率が劇的に下がるような効果は証明されていません」

また、ワクチン接種では高確率で実証されている重症化や後遺症のリスク軽減効果も「ゾコーバでは証明されていない」と話す。

しかも、妊婦や妊娠の可能性がある人は服用できず、高血圧や痛風、糖尿病などの基礎疾患がある人の飲み薬とは併用できないため、服用できるケースは限定的だ。

「そして最大のポイントは薬価が高いこと。現在は公費負担ですが、もし5類となって全額公費負担がなくなれば、保険適用で3割負担でも、1回の処方で3万円程度は支払うことになりそうです」

政府は新型コロナの感染症法上の扱いを「2類相当」から「5類」へ引き下げる議論を加速させる意向だが、「それでも『医療ひっ迫』は変わらないでしょう」と岡教授は予測する。

「第8波に入ったとみなされる今、感染者は急増中です。すると医療現場が対応すべき患者さんも当然増えますので、すでに『医療ひっ迫』の状態を迎えつつあります。分類が変わっても感染者が減るわけではありません」

それどころか、政府が“コロナ対策は万全、旅行も安心”とアピールするほど「国民にコロナ軽視がまん延してしまう」と危惧する。

「今日現在コロナは弱毒化傾向にあるといえるため、高齢の方や基礎疾患のある方でなければ『感染しても重症化しないだろう』と楽観的な認識を持つかもしれない。すると、無症状感染者が市中を往来して感染拡大につながりかねません。院内感染は市中拡大に比例しますので、院内クラスターが多発することを恐れています」

医療従事者は5類感染症(季節性インフルほか)の感染でも「当然欠勤せざるをえない」と岡教授。

「コロナが5類になっても、もちろん欠勤です。医療従事者は重症化リスクのある人や基礎疾患のある人を多く診るため、うつす恐れのある行為は絶対にできません」

さらに冬場は、コロナのほかに脳卒中や心臓発作などのリスクも高まる。

「コロナ以外の急患も多く、そのような本来の医療体制が提供できなくなったら困るんです」

感染法上の2類相当、5類の分類そのものよりも、医療現場を無視した政府による「コロナ安心ミスリード」こそが最大の懸念だというのだ。最後に岡教授が、私たちが心掛けたいコロナ対策を改めて語る。

「流行状況に応じたマスク着用や手指消毒、行動自粛を各自の判断で行うことと合わせてワクチン接種が最重要です」

自分やまわりの人、その先にいるたくさんの人々の命を守るために、まだまだ油断は禁物だーー。

女性自身 の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon