古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

フェス・キャンプ場で窃盗被害が急増。その卑劣な手口とは?

SPA! のロゴ SPA! 2018/11/21 15:54 日刊SPA!

 空前のアウトドアブーム。だが、その陰で、キャンプ場における窃盗被害が増加しているという。取材班は実際に窃盗を繰り返す男性と接触。その驚きの手口を聞くことができた。

◆盗人キャンパーが激白 空前のアウトドアブームで急増する窃盗被害

 キャンプ歴10年目を迎えたベテランキャンパーの谷川洋介さん(仮名・40歳)は、今年の夏、フェス系のキャンプで初めて盗難被害に遭った。怒りを顔ににじませながら被害を振り返る。

「親子で参加できる音楽系フェスのキャンプだったんですが、朝起きたらヘリノックスのチェアが2脚、なくなっていたんですよ」

 被害はそれだけではなかった。

日刊SPA! © SPA! 提供 日刊SPA!

 テーブルに置かれた、スノーピーク製のランタンもなくなっていたのだ。ヘリノックスもスノーピークもキャンパーなら誰もが知る高級ブランドだ。盗まれたヘリノックス・サンセットチェアは1万9800円。スノーピークのランタン、ノクターンは3500円。しめて4万3100円の被害だ。

 アニメ『ゆるキャン』などの影響もあり、空前のアウトドアブームが到来している。しかし、一方でマナーの悪いキャンパーが引き起こすトラブルや、キャンプ用品を狙った盗難被害が増えているという。アウトドアライターの三浦晋哉氏に話を聞いた。

「キャンプブームの影響でキャンプを始める人が増えるのと比例して、盗難被害も増えています。しかし、キャンプ場に行ってキャンプをするだけの純粋なキャンパーの盗難被害というのは、実はそんなに増えてはいないといわれています。盗難被害が急増しているのは、音楽フェスなどの屋外イベントと合わさったフェスキャンプでの被害です」

 前述の谷川さんが被害に遭ったのもフェス系キャンプである。

 フェスではライブに行っている間、テントの周辺は人がいなくなることが多く、そこを狙われるという。また、多くの人が夜遅くまで盛り上がり、テントの横を通られても気にならなかったりもする。よからぬことを考える連中にとっては、オイシイ状況なのだ。自然や音楽を愛する人に悪い人はいない……そんな性善説は、通用しなくなってきているようだ。

◆現役の窃盗犯が語るえげつない手口

 記者は30代のFという男性に話を聞くことができた。彼は実際にフェスやキャンプの現場で窃盗を繰り返し、転売で儲ける手口を話してくれた。アウトドア用品の多くは頑丈な作りで耐久性もある。さらに人気ブランドのギアになると、中古でもあまり値崩れすることなく定価の4~6割で売れることも珍しくないという。

「最近キャンプを始めたようなヤツのほうが、『ゆるキャン』とかの影響で持ってる道具は一流ブランドで揃えてる。おまけにまさか盗まれるなんて思ってないからね」

 その手口は狡猾そのものだ。

「やっぱり音楽フェス系キャンプだね、狙うのは。ライブ会場でヘリノックスとかに座ってるヤツのグループの隣に座って話しかけて、仲良くする。ステージで盛り上がろうとして席を立ったらそのまま一緒に行く。それで戻って電話で『え? イス? イス持ってそっち行けばいいの?』なんて話すフリして、そのまま持っていっちゃう。さっきまで一緒に話してたから、周囲のヤツも仲間だと思ってくれたりするからね。ヘリノックスのチェアは畳めばリュックに入るから、まず、バレることはない」

 キャンプサイトに戻ると、今度はスノーピークなどの人気ブランドを物色するという。

「缶ビール片手にちょっとフラフラしながら近づく。フェス中はみんな昼間から酒飲んでるから、誰か人がいたら『あれ~間違っちゃったよ~』って酔っ払ったフリすれば、怒られることもない」

 こうして盗んだアウトドア用品をFはネット上で転売し、この夏だけで20万円近くの儲けを出したという。

「スノーピークは中古でも人気で、あらゆるものが売れる。中古のカトラリー(※ナイフやフォーク)が2000円とかで売れる世界。ヘリノックスは中古でも定価の7割くらいで売れる。こんなもん、カネが落ちてるようなもんでしょう。ただし、限定モデルとかは狙わないな。持ってる人が多いもののほうが目立たないから」

 開き直ったFの態度に記者は思わず怒りを覚えた。自身もフェスやキャンプが好きというFに、良心の呵責はないのだろうか。

「スノーピークとかヘリノックスとか、確かにモノはイイよ。でも、高くて買う気が起きない。あんなもんありがたがってるヤツを見てると、腹が立つ。まぁ、自分の稼ぎじゃ買えないっていう腹いせもあるかも」

 屈折したFの感情が盗みに駆り立てているのかもしれない。

◆万引、盗品が出品。荒れるアウトドア市場

 過熱気味のアウトドアブームの影響でアウトドア用品の中古市場も活況だ。しかし、最近は明らかに怪しい出品も目立つという。アウトドア販売店の男性に中古市場について聞いた。

「明らかにおかしな出品があるんですよ。ヘリノックスのチェアばかり出品していたり、そんなにキャンプ道具、なんで持ってるのってくらいアウトドア用品を出し続ける人がいるんですよ」

 一脚2万円前後のチェアをいくつも持っているのは、どう考えてもおかしな話だ。

「アウトドア用品市場は新品も中古も過熱してます。欠品した商品はそれを待っていたかのようにネットに出品されるのです」

 また、キャンプ場だけではなく、店での窃盗被害も甚大だという。

「ウチの店もキャンプコーナーには常に人を配置しています。人気ブランドのアイテムは単価が高く、それでいて小型・軽量で機能性も高く、狙われやすいんです」

 このアウトドアブーム、もはや異常な状況になっているようだ。

― 盗人キャンパーが激白 ―

SPA!の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon