古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

優秀なメンバーを集めるより効果的。「成功するチーム」とは。

TABI LABO のロゴ TABI LABO 2018/01/30 14:00 池田明季哉
© 提供元:https://tabi-labo.com/286047/awake-making-team

仕事を成し遂げるうえで、共にプロジェクトに立ち向かうチームの存在は欠かせないものです。では、どのようなチームになることが、成功への近道になるのでしょうか。

Googleは数年かけて多くのチームを調査し、成功しやすいチームの傾向を掴んで発表しています。その内容を見てみましょう。

© 提供元:https://tabi-labo.com/286047/awake-making-team

最も大切なのは信頼関係

例えば、トップレベルの人材で組んだからといって、良いチームになるとは限りません。Googleによれば、成功しやすいチームとは、構成するメンバー1人1人の能力よりも、強い信頼関係で結ばれていることが重要であるということです。

具体的に言うと、個人が仕事のリスクを負うことを恐れないでいい環境づくりをするということ。Googleはこのように説明しています。

例えばリスクの高い仕事を誰かが任されたとして、皆でチャレンジしていこうと感じられるチームは良いチームだと言えます。

リスクを共に背負い、間違いを指摘したり、質問をしたり、新しいアイデアを出すことができれば、成功はぐっと近づくからです。

逆に、メンバーのミスを責めたり罰しようとするチームでは、どんなに優秀な人が集まっていても、その力を発揮することはできないでしょう。

単純に聞こえるかもしれませんが、メンバー間で信頼関係を構築することは決して簡単なことではありません。それぞれが自分の視点やスタイルを持ち、まったく別の考え方をするからです。

では、どのようにすれば信頼関係を構築することができるのでしょう。

「」のライターであるJustin Bariso氏の著書「EQ、Applied:Real-World Guide to Emotional Intelligence」から、信頼関係で結ばれたより良いチームをつくるための方法を学びましょう。

 

01.

チームメンバーの言葉に、

耳を傾ける。

© 提供元:https://tabi-labo.com/286047/awake-making-team

信頼関係を築くためには、自分以外のメンバーの考えや感情を尊重する必要があります。そのためにはまず、彼らの意見を聞くことが重要。

定期的にしっかりと相手の話を聞くことで、相手のことがわかるだけではなく、自分がどのような考えを持っているのかを改めて知ることができます。

慎重に質問と対話を重ねて、チームメンバーの強みや弱点、コミュニケーションスタイルを掴んでいきましょう。

02.

相手に共感する

チームメンバーとの対話のなかで、彼らの視点を理解することは重要ですが、彼らが感じることに共感することも大切。

自分と同じ気持ちで、同じモチベーションで仕事に向かっている人がいるという心強さは、強い信頼関係をつくるキッカケとなることでしょう。

03.

誤魔化さず、

まっすぐ伝える。

© 提供元:https://tabi-labo.com/286047/awake-making-team

常に正しく信憑性がある言葉で語ることは、信頼関係を結ぶための重要な要素です。

私たちは完璧ではないゆえに、それが言葉にあらわれることがあります。が、誤魔化してはいけないのです。

あなたが言いたいことをまっすぐに、ブレることなく語りましょう。

04.

誰かの手本となる

自分の意見が本物であると伝えるためには、まず自分自身がそれを実践することから始めましょう。

「こうした方が良い」と言うだけでは、口先だけと思われてしまうかもしれません。けれど、自らアクションを起こすことで、周りからの信頼を得られると思います。

05.

フォローする

© 提供元:https://tabi-labo.com/286047/awake-making-team

最も速く誰かの信頼を得る方法は、その人のフォローをすること。

あなたの好きな上司について考えてみてください。なぜあなたはその人のことが好きなのでしょうか。学歴や過去の業績はおそらく関係ないでしょう。自分の時間を割いてあなたの話を聞き、仕事をするうえで何度も親身なアドバイスをくれて、失敗をフォローしてくれたことが、その人への信頼へと繋がっているはずです。

誰かの信頼を勝ち取るためには長い時間がかかります。常に、チームメンバーのフォローに回れるようにしましょう。

06.

あえて同意しない

AmazonのCEOであるJeff Bezos氏は、チームの意見に対してあえて同意せず、チームに不足している部分や間違っているポイントを指摘することでサポートする手段をとるそう。

「同意しない」というのは、チームの意見やプロジェクトを妨害するという意味ではなく、足りない部分を補うためにあえて行う手段なのです。それにより、チームは弱点を克服し、さらに成長することができるでしょう。

07.

知ったかぶりをせず、

誰かに頼る。

© 提供元:https://tabi-labo.com/286047/awake-making-team

自分の意見を持つことは非常に大切ですが、自分が知らなかったことを喜んで他人から学ぶことも同じくらい重要です。人間誰しもわからないことはあると思いますが、それを他人から学ぶことにためらいを持っていては成長できません。

自分の無知を素直に認め「申し訳ありません」と素直に言える謙虚さを身につけましょう。

08.

情報共有を怠らない

自分の仕事は常に、他のメンバーにわかるようにしておきましょう。黙って秘密にすることは、最もしてはいけないことだと思います。

最高の仕事をするためには、チームメンバーがお互いの意図や方法を把握する必要があります。情報共有を怠らないよう、気をつけましょう。

09.

具体的にお礼を言う

© 提供元:https://tabi-labo.com/286047/awake-making-team

チームメンバーに感謝の気持ちを伝えることは重要ですが、その際により具体的に何が嬉しくて、どう助かったのか相手に伝えるようにしましょう。あなたがどのようなことに喜んでくれるのか知るにつれ、彼らは自然とそのように動いてくれるようになります。

誰もが賞賛をうけるべき要素をもっているはずです。その才能を見つけ出し、認識し、そして相手に伝えることで、その才能は最大限発揮されるでしょう。

以上9つが、信頼できるチームをつくるための方法です。どれも基本的でありながら、意識しなければ忘れてしまいそうなことばかり。

今一度、胸に刻んで共に働く仲間たちと最高のチームをつくりましょう。

 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。!

Licensed material used with permission by

TABI LABOの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon