古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

眞子さん、NYの治安考慮や療養の可能性も 小室圭さんと比べ露出激減のなぜ

NEWSポストセブン のロゴ NEWSポストセブン 2022/03/22 19:15
カジュアルな服装、ポケットに手、という姿で昨秋に出歩いていたのは眞子さん(左は小室さん)。今、その姿はあまり目撃されない © NEWSポストセブン 提供 カジュアルな服装、ポケットに手、という姿で昨秋に出歩いていたのは眞子さん(左は小室さん)。今、その姿はあまり目撃されない

 2月下旬に2回目の米国ニューヨーク州の司法試験を受験した際に、近影を撮られた小室圭さん(30才)とは対照的に、今年に入ってからは眞子さん(30才)に関する近況が全く聞こえない。

【写真121枚】ロン毛を束ねた小室さん。他、NYで顔をくしゃっとさせた爆笑時の眞子さん、サングラス姿、箱根旅行時のスカート姿、鴨を追いかける眞子さんも

 ある皇室ジャーナリストは「昨年11月にお二人が渡米した直後に、在ニューヨーク日本国総領事館とニューヨークに拠点のある日本の大手新聞社とテレビメディアの間で『小室夫妻の生活の様子などの映像は撮らない』という協定が結ばれたといいます。その影響が大きいと思います」と話す。

 ニューヨークで暮らす2人は既に海外メディアでも取り上げられる存在である。昨年末には、海外メディアがそれぞれのニュースサイトで、2人のデート姿や眞子さんの散歩姿を、何度か写真付きで報じていた。

 特に、昔からロイヤルセレブを追い続けている英国紙の『デイリー・メール』は、昨年のクリスマスに眞子さんが故・ジョン・F・ケネディ大統領の長女で元駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏のマンションを訪れた様子や、今年2月の圭さんの“ロン毛&胸毛チラ見せデニムシャツ姿”をもキャッチしていた。まさにお家芸だった。

 そんなメディアをもってしても、眞子さんの情報はピタリと止まっている。一体、何が起こっているのか。

 小室夫妻のためには、日本の警察庁から2人の担当警察官が総領事館に出向しているとも報じられているが、昨年末の時点では、街ブラする2人には警備はついていなかった。前出の皇室ジャーナリストは「先ごろの『週刊新潮』では、お二人の警備に関して、民間警備会社に委託する場合は月額7000万円、年間8億円。それを国が税金で負担かと報じていました。実際の金額は知る由もありませんが、この報道でさらに外出しづらい状況になっている可能性はあります」と推察する。

 2人の外出写真が出るたびに高額警備費用についてあらぬバッシングを呼ぶことが想定できるため、パパラッチを警戒しているのかもしれない。一方で、眞子さんは出国前に「複雑性PTSD」を公表していることから、その療養中という声も聞こえてくる。

「眞子さんもニューヨークでお仕事をされる予定だとされていますが、まだその動きは聞こえてきません。複雑性PTSDはそう簡単に治癒するものではありませんし、時間をかけてゆっくりと療養すべきものだとされています」(別の皇室ジャーナリスト)

 また、この2月には2人が暮らす街・ヘルズキッチン地区で銃撃事件も起きてしまい、安全を期して、外出を控えていることもありえる。

「昨年末に、お二人が楽しそうにニューヨークの街をデートする姿が海外メディアで報じられたときは、やはりホッとしたというか、幸せになってほしいという声も聞こえてきました。せっかく、街中でも元ロイヤルファミリーと気づかれることもない米国で暮らしているのですから、自由な生活を謳歌してほしいものです」(同前)

 これからは快適な季節が始まるだけに、再び自然な笑顔を見ることができるのか。自由の街ニューヨークで気兼ねなく闊歩する日は、そう遠くはないはずだ。



配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon