古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

納豆、刺身、おしるこ…アメリカのキッズが日本食にトライ→「 最初はおいしいと思ったけど口の中で爆発したわ」とガチの悪戦苦闘っぷりをご覧ください

Pouch [ポーチ] のロゴ Pouch [ポーチ] 2017/02/21 鷺ノ宮やよい
(Pouch[ポーチ] / ソシオコーポレーション) © Pouch 提供 (Pouch[ポーチ] / ソシオコーポレーション)


海外でも人気の日本料理。とはいえ、中には日本人でも好みがわかれる味や、初めて食べる外国人にはハードルが高いようなものもたくさんあります。

今回YouTubeからご紹介するのは、アメリカの子どもたちが日本の食べ物に挑戦してみた動画。納豆や刺身、お汁粉など独特な料理の数々に、彼らはいったいどんなリアクションを示す……!?

【しょっぱなからあの食べ物が……】
まず最初に出てきたのは納豆&味噌汁。どちらも日本の朝食のおかずの定番といった食べ物です。

ちゃんと箸を使って食べようとする子どもたち。しかしビジュアルからして食欲をそそられない様子。意を決して納豆を食べても、すぐにペッと吐き出してしまう子が続出!

そりゃ、そうでしょう。納豆は日本人でも好き嫌いがハッキリ分かれる食べ物。それをしょっぱなから出すなんて、なにを考えてるんでしょうか……この動画、かなりガチです。

【生の魚に対する反応は?】
続いて “日本の昼食” としてお盆に乗って出てきたのは、刺身、梅干、切り干し大根という、これまた激シブな料理。海外、特にアメリカでは魚を生で食べることはめずらしいはず。案の定、子どもたちも「生なの? え、ホントに生?」みたいな反応を示しています。

それでも、これまた勇気を出してトライ! しかし、「最初はおいしいと思ったけど口の中で爆発したわ」なんて言う子も。

わさびも、子どもたちにとっては刺激的な味で受けつけないようです。日本では、子ども向けのメニューは大概わさび抜きにするものですが、なぜ入れたんでしょうか?

【素直なリアクションにクスリ】
こんな調子で、このあともうどんと天ぷら、デザートとしてお汁粉が出てきます。うどんに入っていたかまぼこになぜかすごい食いつきを見せたり、天ぷらをフライドチキンと勘違いしたり。アメリカにはないあんこや、餅を使って作ったお汁粉に対する子どもたちの反応も興味深いです。

素直なリアクションを微笑ましく感じつつ、思わず笑ってしまうところも。子どもたちの悪戦苦闘っぷりを詳しく見たい方は、参照元のYouTubeをぜひどうぞ!

参照元:YouTube
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

Pouchの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon