古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

選手村の“段ボールベッド”など公開 東京オリパラ

FNNプライムオンライン のロゴ FNNプライムオンライン 2020/01/10 00:50 FNN.jpプライムオンライン
© FNN.jpプライムオンライン

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が、選手村の概要を発表。

ベッドやテーブルなどの家具も公開された。

東京・中央区晴海で建設が進められている選手村の敷地は、広さ44haで、3方向が海に囲まれている。

選手が滞在する宿泊棟は21棟3,850戸で、オリンピックでは1万8,000人、パラリンピックでは8,000人が滞在する予定。

パラリンピックの選手に配慮し、廊下が広く設計されているほか、段差が少ない作りになっている。

各部屋に置くベッドやテーブル、クローゼットなどの家具も公開された。

ベッドのフレームは、環境に配慮して、再利用できる軽い段ボールで作られていて、選手らが好みに合わせて室内のレイアウトを変えることもできる。

FNNプライムオンラインの関連リンク

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンライン
image beaconimage beaconimage beacon