古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Jリーグ「コロナ対策」の盲点、試合開催日程に検査追いつかず

ダイヤモンド・オンライン のロゴ ダイヤモンド・オンライン 2020/08/01 06:00 藤江直人
名古屋グランパスの選手たち 写真:西村尚己/アフロスポーツ © ダイヤモンド・オンライン 提供 名古屋グランパスの選手たち 写真:西村尚己/アフロスポーツ

新型コロナウイルスによってもたらされる脅威が、長期中断から明けたばかりのJリーグを再び襲っている。26日に予定されていたサンフレッチェ広島対名古屋グランパスの試合が、グランパスに3人の新規感染者が出た影響を受けて試合当日に中止となった一件は、サッカー界に少なからず衝撃を与えた。全56クラブに対して2週間ごとに行っている公式PCR検査が、感染の再拡大のペースに追いつかない現状が露呈した。Jリーグが実施している感染予防対策に生じつつある盲点を探った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

グランパスが悪いわけではない

 雷雨や暴風雨、積雪などを伴った著しい気候変動。あるいは台風や地震、火山活動など自然災害の発生――。

 こうした理由でJリーグの公式戦が中止となったケースは、少なくない。2018年9月には北海道胆振東部地震の影響で、札幌ドームで予定されていた日本代表戦が中止になったこともある。

 しかし、7月26日に行われる予定だったサンフレッチェ広島対名古屋グランパスの試合は、全く異なる理由でキックオフ7時間前の午前11時に急きょ中止となった。グランパスから3人の新型コロナウイルス感染者が出た影響と記された中止理由は、決して小さくはない衝撃を伴っていた。

 発端は24日だった。38度の発熱と頭痛を訴えたDF宮原和也がPCR検査を受けた結果、陽性判定が出た。前日まで平熱だった宮原は練習にも参加し、リザーブだったものの、22日に昭和電工ドーム大分で行われた大分トリニータとの明治安田生命J1リーグ第6節にも同行していた。

 宮原の行動履歴を含めた情報を提供された所轄保健所は、クラブ内に濃厚接触者はいないという判断を下した。それでも、事態を重く見たグランパスは25日に、選手およびトップチームのスタッフ計60人に対して急きょPCR検査を実施。さらにMF渡邉柊斗とスタッフ1人から陽性判定が出た。

 こうした緊急事態を受けて26日午前8時から、Jリーグの村井満チェアマンとグランパスの小西工己代表取締役社長が緊急会談し、サンフレッチェ戦の開催中止を決めた。だが、中止の二文字がインパクトを伴っていたこともあり、新規感染者が出たという理由が独り歩きしてしまった感は否めない。

 独り歩きと表現したのは、グランパスの選手およびスタッフが新型コロナウイルスに感染したから中止になり、グランパスが悪いという風潮が広がっているためだ。

 試合を中止した理由はグランパスから3人の新規感染者が出たことが、直接的な理由ではない。サンフレッチェ戦へ臨む上で、Jリーグが定める公式戦開催可否基準を満たせないとグランパスが判断したことが理由だった。

 新型コロナウイルスによる長期中断から公式戦を再開および開幕させるに当たって、Jリーグは試合実施要綱の条文に「エントリー可能な選手の人数がトップチーム登録の14人以上である場合、当該試合は予定通り開催される」という規定を追加することを6月の理事会で承認している。つまり、14人未満であれば、試合は開催できない。ちなみに、上限は18人だ。

 渡邉とスタッフの感染判明を受けて、グランパスは所轄保健所による2人の濃厚接触者の特定を待った。故障中の渡邉はトップチームとは別メニューでリハビリを積んでいたが、スタッフは大分への遠征を含めて、サンフレッチェ戦前日の25日のトレーニングにも参加していた。

 2人の濃厚接触者と目された選手は、サンフレッチェ戦のベンチ入りはできない。グランパスはPCR検査で陰性が確認された選手16人、スタッフ1人をすでに広島入りさせていたが、保健所の特定作業がサンフレッチェ戦の開始時刻に間に合わないおそれがあると判断した。そのため、ベンチ入り選手14人以上を確定させることができない可能性が高く、これが試合中止の判断の引き金となった。

 結果として渡邉およびスタッフの濃厚接触者はいないことが確認された。それでも、確実に安全が保証される可能性が脅かされた状況を受けて、再開および開幕後で初めてとなる中止に踏み切った村井チェアマンは、中止発表後に行われたオンライン会見でこう言及している。

「選手たちもアスリートである前に市民です。社会的に感染が広がっている中で、選手たちにも感染者が出ることは時間の問題だと認識していましたが、日常的に用心していても、それでも感染してしまった点に新型コロナウイルスの感染力の強さ、恐ろしさを再認識しました」

感染予防は最大限行われていた

 グランパスは6月上旬にもFW金崎夢生、GKミッチェル・ランゲラックが新型コロナウイルスに感染。活動休止を余儀なくされたこともあり、クラブ全体で感染防止対策を徹底してきた。

「日常生活におけるマスク着用、手洗い、消毒などの基本を徹底してきたことに加えて、不要不急の外出や外食を避け、ゲストを自宅に招かないことなども申し合わせてきました。クラブハウスでは毎朝検温を実施し、換気のためにロッカールームも開けてきました。最低でも週に1回は、場合によってはもっと定期的に感染対策について全員で集まり、注意喚起を行ってきました」

 村井チェアマンとともにオンライン会見に臨んだ小西社長は、クラブとして行ってきた取り組みをこう説明した。それでもJクラブの中で、稀有な状況に直面している心境をこう語るしかなかった。

「保健所および市当局の指導に従いながら厳正に対応してきましたが、複数名の感染者が出ていることに関しては、今のところそれぞれのつながりが確認されていません」

 公式戦を安心・安全に開催していくための最大かつ唯一の担保として、JリーグはJ3までを含めた全56クラブの選手やスタッフ、審判団など関係者を対象にした大規模な公式PCR検査の実施を決定。6月18日および19日を皮切りに、2週間に1度の頻度で、年末まで14回を予定していた。

 グランパスで陽性が確認された3人は、17日に実施された第3回公式PCR検査を受けている。Jリーグは24日に第3回検査の結果として、3299件を数えた検査件数の全員が陰性だったと発表している。直後にグランパスが独自で行ったPCR検査で、3人の感染が相次いで判明した。

 時系列に沿って考えれば、3人は18日以降に感染したことになる。いずれもトレーニング以外の時間を基本的に宮原は自宅で、渡邉は選手寮で過ごし、外出も必要な買い物など最低限にとどめていた。

「厳格な行動管理をしていても、何かしらのルートで感染してしまった。クラブに大きな瑕疵(かし)があったわけでも、ましてや本人に責任があるわけでもないと認識しています」

 オンライン会見で村井チェアマンはこう語ってもいる。グランパスおよび感染した選手が批判される事態を避けたい思いもあったのだろうが、一方でJリーグによる公式検査で今回の感染を確認できなかった事実を受けて、現状の新型コロナウイルス対策を修正または変更する可能性も示唆した。

「ガイドラインの修正なり判断を、もう少し丁寧に細かく詰めていく必要性を認識しています。ベースは2週間に1度の公式検査の運用ですが、チーム内に陽性者が出た場合の影響を考慮して、例えば週1回の検査を一定期間行っていくことや、抗原検査など別の検査手法と組み合わせていくことなどを、専門家の意見を聞きながら考えていきたい」

リーグ全体へ広がる危機感

 しかし、突然のリーグ戦中止がもたらした余波は、第2波の襲来が指摘されている新型コロナウイルスの感染再拡大に対して、公式検査体制が追いつかない盲点をあぶり出しただけにとどまらない。

 中止から一夜明けた27日の午前中には日本野球機構と共同で設立した新型コロナウイルス対策連絡会議、午後にはJクラブの代表取締役や理事長らで構成される実行委員会が開催された。そして後者においてグランパスの次節の対戦相手、柏レイソルからリーグ戦の開催延期が申し入れられている。

 レイソルは再開へ向けた準備期間で、感染予防対策の一環として他のクラブとの練習試合を一度も組まなかった。ブラジル人のネルシーニョ監督が70歳と高齢な点を含めて、豊田スタジアムに乗り込む8月1日の第8節へ慎重な姿勢を見せるのではないのか、という懸念が指摘されていた。

「柏レイソルに限らず、全てのクラブが感染への不安を感じ、感染が拡大しないように努力しています。今まで通りにしっかりと行動を管理し、濃厚接触の定義を確認し、PCR検査の結果を踏まえた上で、十分な対処をしながら臨んでいきたい」

 オンライン会見でこう語っていた村井チェアマンは、実行委員会の席上でもこうした考えを踏襲しながら、延期は考えていない旨を説明している。グランパスもさらに100人へ対象を広げた大規模なPCR検査を27日に独自で実施し、予定通りの開催へ向けた安心・安全の担保に努めた。

 しかし、PCR検査の結果、選手やトップチームのスタッフらは陰性だったものの、選手寮運営業務委託先企業に所属する調理業務スタッフから陽性反応が検出された。保健所による調査でクラブ内に濃厚接触者がいないことと、先の3人と同じく感染ルートが不明なことが確認された。

 なぜグランパスだけで感染者が確認されるのか。市中感染が拡大している、と指摘されている名古屋市内の状況と相関関係はあるのか。グランパス内でクラスターが発生しているのではないか。こうした問いに、新型コロナウイルス対策連絡会議に招聘されている専門家チームのメンバーで、今回の中止に至る対応にもあたった愛知医科大学大学院の三鴨廣繁教授(臨床感染症学)はこう語る。

「クラスターではありません。私の目から見ても、感染防止策に対して真摯に取り組んでいました」

 それでも感染者が広がる事実に、感染経路が不明な点を含めて脅威が増す。ただ、不安だからという理由で公式戦延期を認めてしまえば、グランパスに対する批判を助長しかねない。実際、すでにネット上ではグランパスに対する心ない言葉や、あるいは誹謗中傷の類いも飛び交っている。

 J2のアビスパ福岡も27日に、発熱などの症状を訴えたチームスタッフ1人からPCR検査で陽性反応が出ている。他のスタッフや選手たちは緊急のPCR検査を介して陰性が確認されたが、グランパスに限らず、すべてのクラブが感染へのリスクに直面していることが浮き彫りになった。

 グランパスは週末のレイソル戦へ向けて、28日から練習を再開させた。しかし、選手寮に住む6人の若手選手は陰性が確認されているものの、万が一の場合を考えて練習参加が見送られた。29日に2度目の大規模PCR検査を、31日にはJリーグによる第4回公式PCR検査を受けて万全を期す。100人を対象とした29日の検査では、一夜明けた30日に全員の陰性が確認された。

 専門家チームの助言を受けた上で、Jリーグは再開および開幕へ向けて「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を策定している。微に入り細をうがった内容と表現してもいい70ページ超のガイドラインを、ファン・サポーターを含めたサッカーに関わる全員が遵守し、状況によっては臨機応変に運用を変えながら、見えざる敵によってもたらされる脅威を一丸になって乗り越えていくしかない。

ダイヤモンド・オンラインの関連リンク

ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン
image beaconimage beaconimage beacon