古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

出産まで秒読み!おしるしとはこんなもの

2014/06/30 10:52 nanapi

はじめに

おしるしとは、一言で言うともうすぐ陣痛が来る合図で、出血します。妊娠もようやく終わり。妊娠に続き、女としての2つ目の仕事、出産が始まります。

妊娠・出産がはじめての方は、いつ陣痛が来るのか…と赤ちゃんに会える期待と、大きな不安でいっぱいになる時期。

そんなおしるしから陣痛が来るまでの過ごし方について紹介します。

おしるしが出たときの状況

おしるしが来たからと言って、特に体調が変わることはなく、今まで通りの妊婦生活を送ることができました。

出血の量と色

筆者の場合は、かさぶたをかじって出た血をこすった程度の少量の出血でした。色は生理の血の色に似ていました。想像していた出血の量とは違ってとても少なかったのが印象でした。

続いてそれからの出血はなし。一度きりの出血でした。

出血の量は、ひとそれぞれ。筆者の友人は、血を一滴垂らしたような出血だったそうです。

出血で下着を汚してしまうことがあるので、出産予定日の3日前にはおりもの専用シートを敷いておくといいでしょう。

出血した日

出産予定日が10月29日。でも予定日当日になっても陣痛が来る気配はなし。でも出産予定日におしるしが来ました。

さらにおしるしがなかった友人もいました。おしるしの来る、こないは人によってそれぞれだと、産院からもらった資料に書いてありました。

おしるしから陣痛までの期間

10月29日におしるしが来ました。それからちょうど3日後の10月31日に陣痛が来ました。産院の資料通りでした。

産院からもらった資料によると、おしるしは出産3日前に来るのが一般的なのだそうです。

おわりに

おしるしが来るともうすぐ陣痛の合図。いつ陣痛が来てもいいように遠出は控えます。さらに産後は入院生活になるので、食材の買い溜めはしないのも無駄を省く方法です。

おしるしから陣痛までは、期待と不安の入り混じる時期。それに便乗するようにまわりから『まだ陣痛来ない?』の連絡に不安が大きくなることもあるでしょう。

でも、子供がいる人はみんな体験していることだから大丈夫。もうすぐ赤ちゃんに会えるんだ!そう思って残りの妊婦生活を楽しみましょう。

(Photo by 足成

image beaconimage beaconimage beacon