古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ディープインパクト最期の5カ月間。おぼっちゃまで、アクションスター。

Number Web のロゴ Number Web 2019/10/09 07:30 松本宣昭
ディープインパクトが暮らした馬房には、今も遺影と遺骨が安置されている。 © Bungeishunju Ltd. 提供 ディープインパクトが暮らした馬房には、今も遺影と遺骨が安置されている。

 馬房を撮影中のカメラマンの頭を、背後からハービンジャーが鼻でツンツン。

 9月下旬、種付けシーズンを終えた社台スタリオンステーション(SS)には、ゆったりと、穏やかな空気が流れていた。

 ただひとつ、2カ月前までと違うのは、カメラマンがレンズを向ける先に“英雄”がいないこと。それでもディープインパクトの馬房内には、今も寝藁が整えられている。

 ディープインパクトは、サンデーサイレンス産駒の中でもとりわけ「よく寝る」馬だった。社台SS事務局の徳武英介氏は、こう振り返る。

「上品で、物静かで、フレンドリーだった。ゆっくり食べて、よく眠る。サンデー系の馬はあちこちに食い散らかすことも多いし、こちらがカイバを隠しても、見つけ出してガツガツ全部平らげちゃう。逆にディープはきれいに、ゆっくり食べる。カイバを残すこともありました。

 曾祖母にあたるハイクレアは、エリザベス女王の所有馬ですからね。“おぼっちゃま”なんです。カイバを残しても、もったいないと思わない(笑)。むしろ食べることよりも、寝ることを優先させる。横になって、よく寝る馬でした」

 おぼっちゃまらしく、性格は上品で穏やか。放牧地に出れば現役時代同様、しなやかに走る。餌をいつもより多めに食べたときは、その分、自ら駆け回って体重をキープ。ほかのどの馬よりも、自己管理ができていた。

「普段はぼーっとしているのに、種付けのときになると『今日は仕事だ』とスイッチが入る。アクションスターみたいでしたね。名種牡馬はだいたいそうですけど、種付けにもたもたしない。だから着実に子どもをつくりますし、種牡馬としても成績を残すんです」

ディープに異変が起きた2月19日。

 2月19日の朝、そんな“アクションスター”に異変が起きた。普段、種付けの日ならば馬房内でそわそわしているディープインパクトが、横になって寝たままだった。

 スタッフが引き起こしてみると、歩様がおかしかった。放牧中に柵にぶつかったり、壁を蹴ったりすることもなかったが、首を痛がる素振りを見せ、腫れも出てきた。

「種牡馬として体をすり減らしていたという報道もありましたけど、実は真逆で。病気知らず、医者要らずの馬でした。薬を使うこともなく、ナチュラルに齢を重ねていました。唯一、背腰に疲れが出やすい。そこは僕らも熱療法だったり、マッサージで常にケアしていました。ところが今回は突然、首に痛みが出たんです」

手術の成功率は95%だったが……。

 すぐにレントゲン撮影を行い、レーザー治療を施した。次第に症状が治まり始め、試験的に2度ほど種付けをさせてみたが、本来の状態には戻らず。

 今シーズンの種付けを中止し、手術を受けさせることを決めた。執刀は、乗用馬や競走馬など2000例ほどの手術経験を持つ、海外の獣医師チームに依頼した。事前の検査の結果、症状のグレードは5段階中の2.5、手術の成功率は95%と診断された。

 7月28日、社台ホースクリニックで頚椎を固定する手術が行われた。しかし29日の午前、突然起立不能になった。馬体を吊り上げてマットの上で寝返りを打たせる作業を2時間に1回行い、懸命に回復を願った。

 しかし30日、レントゲン検査で頚椎の別の箇所の骨折が判明。回復が見込めないと診断され、安楽死の処置が取られた——。

「まだ泣きそうになっちゃうんです」

 取材当日、ディープインパクトの馬房の入り口には、テーブルが置かれていた。その上には遺影と、小さな木箱に納められた遺骨、ニンジン、花々。扉には、ファンから贈られた御守りが結び付けられたままだった。

 撮影のために“ディープゆかりの地”を案内してくれた社台SS事務局の三輪圭祐氏は、主のいなくなった馬房を見つめながら、こう言った。

「今でも信じられないんですよね。こうやってディープの思い出話をしていると、まだ泣きそうになっちゃうんです」

 馬房のある厩舎を出て、放牧地をぐるりと回る。その隣の敷地ではディープインパクトの血を受け継いだ、キズナがのんびりと草を食んでいた。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon