古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

俊輔が磐田で過ごした最高の1年間。「名波さんはすごく勉強になった」

Number Web のロゴ Number Web 2017/12/05 11:00 寺野典子
中村俊輔のジュビロ移籍は、周囲の想像以上の成功を納めた。手探りの時期を越え、次は何を見せてくれるのだろうか。 © photograph by J.LEAGUE PHOTOS 中村俊輔のジュビロ移籍は、周囲の想像以上の成功を納めた。手探りの時期を越え、次は何を見せてくれるのだろうか。

「最後に三竿くんが倒れていたのを見て、自分の川崎戦のことを思い出した」

 12月2日、2017年Jリーグ最終節磐田対鹿島はスコアレスドローに終わった。優勝をかけた鹿島がそれを逃した瞬間のことを、中村俊輔がそう振り返った。2013年、キャプテンとして横浜を率いた自身もまた、今年の鹿島同様に、勝てば優勝というホームでの試合に勝てず、最終節でタイトルを掴み損ねている。

「優勝の瞬間を見ようとたくさんの人でスタジアムがいっぱいになって、ホームなのにいつもと違う雰囲気のなかで、僕らは新潟に負けた。次の試合(最終節)までの1週間は練習でもなんか、おかしな空気があった。ポジティブに振舞っているのに、無理をしているような雰囲気になったりして。

 でも鹿島は経験豊富な人も多いから、そうはならないだろうと思っていた。今日も常勝軍団の鹿島らしく来るだろうと想定していたので、僕らはそれ以上のアグレッシブさ、前へ前へという気持ちが出ていた。シーズンを通して積み上げてきたものだからね」

名波監督が感じた選手の成長。その中心には俊輔が。

 先制点を獲らんとする磐田の勢いに押され、鹿島は前半苦しんだ。

「彼らがいつも通りできなかったのかはわからない。ただ、僕らはうまく対応できていた。レアンドロもなにもできなかったし、レオ・シルバも普段はしないようなミスをしていたし。優勝がかかっていたからなのか、いつも通りではなかったと思う。やっぱり前節ホームで勝てなかったのは大きかったんじゃないかな」

 今季アウェーでの鹿島戦を3-0で勝利している磐田。ダブルとはならなかったが、「鹿島相手に1勝1分なら十分」と中村。ドローではあっても、シーズンの集大成としては、大きな手ごたえのある90分だっただろう。中村の白いパンツについた芝の色が、彼の奮闘を物語っていた。

 昨季勝ち点36点で13位だった磐田の今季最終順位は6位。勝ち点も58点まで伸ばした。鹿島だけでなく浦和(2-4)、川崎(2-5)と上位陣をアウェーで粉砕した。

「自分達で上手くプラスアルファを肉付けしながらやってくれたのではないかと。残留争いをするであろうアウトサイダーだった我々が、徐々にダークホース的な存在感を出せるようになってきた」と名波浩監督も語るように、選手たちが大きく成長した結果だった。その中心に立っていたのが、中村だった。

磐田への移籍は、決して安全な選択肢ではなかった。

 生え抜きとして戦い続けてきた横浜を去り、磐田への移籍を決断。中村自身にとっても大きな挑戦となった1年を「単純にサッカーと向きあえる、当たり前のことを感じられたのが大きい」という。横浜での最後のシーズンは、刷新したフロントとの方向性の違いなど、ピッチ外のことで悩む時間も少なくなかったのだろう。

 中村の加入は、磐田にとって「救世主登場」という高い注目を自然と集めた。しかし同時に、38歳の選手がどこまでできるのかという疑問もあった。なにせ2016年シーズンの中村はリーグ戦19試合しか出場していないのだから。

 現役時代、日本代表で名コンビを組み信頼関係を築いた名波監督と中村だったが、立場の違いがどんな反応を生むのか、誰にもわからなかった。

「プレッシャーしかないでしょ。一段階段を踏み外したら、どうなるかわからない。もしうまく回らなくて、ジュビロが残留争いをするようなことになったら、俺は批判されるし、もう歳だなと思われる」

監督よりで考えたり、選手よりで考えたり。

 移籍というチャレンジによって、選手寿命を短くしかねないリスクを背負い磐田へ来た中村。豊富な経験とリーダーシップ、磨かれたサッカー観や技術、戦術眼はあっても、それを証明するのは結果でしかない。

 尊敬の念と親しみを持ち、迎え入れてくれたチームメイトたちとの関係も含めて、中村は慎重に新天地のなかに自分の居場所を作っていった。

「大きなことをやって外れるのは怖い。でもだからといって、ちびちびやっていたら浸透しないから。たくさんのことを考えて、手さぐりじゃないけれど、工夫しながらの1年間。難しさも当然あった。

 でも、外から来た人間だからわかることもある。そして、監督ができることと選手ができることも、その角度がまた違う。監督と選手との間に立っているわけじゃないけど、こっち(監督)よりで考えたり、こっち(選手)よりで考えたプレーをする。そんなふうにグラウンド内外で動いた。たくさん話しかけたほうがいい選手と、話しかけると窮屈に感じる選手がいるとか、考えることが多かった」

キックミスに見えても、意地で蹴り続けたCK。

 たとえば、コーナーキックの場面では、「自分のボールを知ってもらいたい」からとショートコーナーを選択しなかったこともある。最終節でもその試みは継続している。

「今日のコーナーキックでも、俺は(金崎)夢生の頭あたりを狙って蹴った。その前で競ればチャンスになると思ったから。でも、そこへ突っ込んでくる選手がいなくて、夢生に何度もはじかれていた。外から見たらキックミスに見えるかもしれないけれど、意地になってやるべきときも必要。数カ月後にはピッタリ合うようになるから」

 たとえば、両グループに参加できるフリーマンを務めることが多かったミニゲームでは「両方の選手がアグレッシブにプレーできるよう考えた」という。

「名波さんの目的や意図を自分が消化するためだけじゃなく、チームとしてそれができるように工夫しなくちゃいけない。シュートじゃなくてパスを選択したり。そういう作業は面白かった」

後輩たちの力を引き出すための助言は惜しまない。

 たとえば、途中出場の選手を真ん中でプレーさせることもある。

「鳥栖戦(11月26日)で残り10分くらいで入ってきた(松本)昌也は、最初は右だった。でも真ん中でアグレッシブにルーズボールを拾ったり、思いっきり気持ちよくプレーできるほうがあいつの良さがたくさん出ると思ったから、俺は右のままでプレーした」

 チームメイトの成長を促す作業は、日本人選手だけにとどまらない。今季の磐田の成績に大きく貢献したと中村がいつも口にするアダイウトンについても、さまざまな提案をし続けている。

「いったん、自分のポジションへ戻れといつも言っている。こつこつ自分の家へ戻ってから出ていったほうが絶対にいいからね」

 もちろん、こういう作業は横浜時代にも行っていたことだろう。しかし、監督との信頼関係がなければ、中村の行動も効果を生まない。両者が認め合っているからこそ、磐田の選手たちは中村の助言やプレーによって、成長し、チームに好影響が生まれたのだ。

「名波さんはプレッシャーと責任感の負わせ方がうまい」

 将来指揮官を目指す中村は、名波監督が作る選手との関係性を注視している。

「俺も含めて、名波さんがどう選手を扱っているのかはすごく勉強になった。ヨーロッパの監督は成績次第でクビがかかっているからか、自分の戦術に選手をはめていくけれど、名波さんは余裕があるから、選手ひとりひとりを育てようとしている。

 だから個別に選手と話して、選手それぞれによいやり方を選んでいると感じる。この間も(上田)康太と話し込んでいたから、あとで『何を話していたの』と聞いた。今日も(上原)力也を右で使った。そのあとには昌也も。そういう経験は今後、代表へ行ったり、違う監督のもとでプレーしたときに大きい。わずか10分でもね。名波さんは素晴らしい。ぎりぎりのプレッシャーと責任感の負わせ方が上手いなと思う。そんななかで(川辺)駿や力也が成長する姿を見られたのは、面白かった」

 シーズン終盤を迎えて、名波監督から贈られた言葉がある。

「一昨日ここで紅白戦をしたんですけど、そのあとに『去年やシーズン前の鹿児島合宿の時と比べて、チームのレベルが変わってきた。ミスも少ないし、アグレッシブに戦える。お前にも感謝している』と監督から言ってもらえた。うれしいというよりも、やっぱりひと安心という気持ちかな」

右でのプレーがメインだが、中央を諦めてはいない。

 チームメイトだけでなく、中村にとっても自信が芽生えた1年だったに違いない。だから、新たな欲が生まれた。

「もう一回、真ん中で勝負したい。今のメンバーだったらわかってくれる人もいるし、4-2-3-1の真ん中でトライしたい。それができなかったのが今年の悔いかな。やっぱり右サイドだとボールを触る機会は少ないし、そうなると自分らしいプレーができないから。今年はスルーパスでのアシストがないでしょ? もっとやれるという気持ちはある。

 名波さんは優しいから『真ん中でどうだ』と言ってくれるけれど、『右で守備ができる人がいないから、今のチーム状況なら僕は右で』と。いきなりすべてを掴みとろうとするのは難しい。だから、今年はこれで良しとしなくちゃいけない。でも来年はもっと、自分らしいプレーをしたい。そういう欲が出るのはまだ向上心があるということ。

 もっとこうしたいという想いは個人的だけじゃなくて、チームとしてもある。バトンだって渡さなくちゃいけないし、いろいろやることがあるから。真ん中でプレーすれば、川又(堅碁)にも『ボールを落として、そこから動き出せ』とか、いろいろ言えるしね」

“ひと”安心したら、再び危機感に身を投じて。

 39歳になった今年も運動量の衰えを感じさせず、誰よりも走り、献身的なプレーでチームを支えた。そして、フリーキックからの直接ゴール記録も更新。まさに充実したシーズンだった。

「来年も今年と同じことをやらなくちゃいけない部分もあるけれど、チームとしてレベルアップするために、選手がもっと成長するためには、壊していかなくちゃいけないこともあるかもしれない」

 相変わらず、油断はない。

 順位が落ちれば、この試合を落とせば、練習で力を示すことができなくなれば……選手としての価値を大きく損ないかねない。若手と違い、周囲の目はいつも厳しい。貢献度や過去の名声がそれを緩めてくれるわけではない。年齢という数字によって、居場所を奪われた選手を数多く見てきた。

 安心はあってもそれは“ひと”安心でしかなく、危機感は常に中村の胸中から消えることはないのだろう。それが彼の欲を刺激し、向上心に火をつける。それもまた相変わらずの中村俊輔の姿だ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon