古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

地中海に浮かぶ小さなフヴァル島は、“世界一のサッカー濃度”を誇る土地。

Number Web のロゴ Number Web 2019/08/24 18:00 ギヨーム・バルー
フヴァル島で最も成功したクラブであるNKフヴァルの選手たち。大陸側のリーグにまで進出したこともあるが、現在は島のリーグにて戦う。 © Bungeishunju Ltd. 提供 フヴァル島で最も成功したクラブであるNKフヴァルの選手たち。大陸側のリーグにまで進出したこともあるが、現在は島のリーグにて戦う。

 世界で最も小さなサッカーリーグは、ギネスブックにも認定されたふたつのチームで覇権を争う「シリー諸島(英国コーンウォール州に所属)」のリーグである。だが、サッカーの“濃密度”でいえば、「フヴァル島」も負けていない。かれこれ50年というもの、アドリア海に浮かぶクロアチア領のこの小さな島は、世界一のサッカー密度を誇っていると言っていいだろう。なにしろ住民1000人強にひとつの割合でクラブがあるのだから。

『フランス・フットボール』誌7月16日発売号ではギヨーム・バルー記者が、知られざる“サッカーの島・フヴァル”の実情を伝えている。

監修:田村修一

選手達はオフにはウェイターやガイドになる。

 フヴァルはアドリア海に浮かぶクロアチアの島である。

 温暖な気候と風光明媚な土地柄に、ヨーロッパ全土から多くの観光客が訪れるが、同時にフヴァルはサッカーの島でもある。毎年10月から4月まで、冬の中断もなくおこなわれるリーグ戦には、1万人の島民すべてが熱をあげるのだった。

「リーグはブドウ収穫期が終わるころに始まり、観光シーズンが始まる前に終了する」と、最も多くのリーグタイトルを獲得しているNKフヴァルのセクレタリーを務めるアレクサ・フィリチェビッチは解説する。

「それ以外の季節――5月から9月までは、選手たちはウェイターやガイドとして働かねばならないからね」

 クリークの奥に位置する「ポール・ドゥ・ラ・クロワスタジアム」では、芝生の斜面やスーパーマーケットのテラスに張り出す格好で設けられている観客席で、50人ほどの観客が試合を眺めている。

 2001年からクロアチア協会は、この島のリーグをスプリト・ダルマチア郡の3部リーグ――国内リーグとしては最低の6部に相当するものとして認めている。ふたつの世界大戦の間にユーゴスラビアに出現し、1972年からリーグ戦の形態をとるようになったフヴァルリーグも、ユーゴ内戦が激化した90年代初頭は一時中断せざるを得なかった。'96年に再開したのは、所属する10クラブの首脳たちの強い意志によるものだった。

娯楽がまったく無い島の、唯一の楽しみ。

「ここまで娯楽色の強いリーグはクロアチアでは唯一だろう。冬の間はとりたててやることがない島の若者たちには、このリーグが不可欠なんだ」と、郡のセクレタリーを務めるディノ・クネゾビッチはいう。

 彼によれば支配的なチームの不在が、このアナクロニックなリーグの形態を支えているという。

 海を隔てた南のコールチュラ島は、4つあるクラブのうちひとつが3部リーグに所属し、北のブラチ島にはクラブはふたつしかない。

 それに比べると……人口1000人強にひとつの割合でクラブが存在するフヴァル島は、ヨーロッパでサッカー密度が最も高い地域であるといえる。

 公式な統計が存在しないので確かなことは言えないが、ひとつのリーグがカヴァーする総人口ということでは、フヴァルの優位は動かないだろう。

 シェットランド諸島(英国北方の群島)はひとつのクラブ当たりの住民数は1400人であるし、ジブラルタルはおよそ2000人である。サンマリノやマルタ島のゴゾはさらに多い。フヴァルと肩を並べられるのは、ふたつのチームで伝説のリーグ戦をおこなっているシリー諸島ぐらいであろう。

 この特異性が、島の盲目的愛郷心を確固としたものにしている。

 4つの市と17の村からなる島には、サッカー以外のチームスポーツではハンドボールクラブがひとつあるだけである。

クラブ同士の戦いが家族同士の戦いに!?

 この日おこなわれたベロ・グラブリエとNKフヴァルとの試合はヒートアップした。

 ゾランとロザノのクストゥーラ兄弟が敵味方に分かれて激しくやりあったように、またブリスニクではグルジセビッチ、ブルバニではパビッチ、スタリー・グラードではトミッチの家族が一緒にプレーしているように、フヴァルリーグは家族同士の戦いでもある。ここでは昔ながらの家系が、今も厳然と地域社会に存続している。

 ハーフタイム直前には、ヨージップ・ラドバノビッチ(NKフヴァル)が今季15点目となるゴールを決めた。これで彼はクロアチア首相の息子であるイビカ・プレンコビッチ(SOSKスビルチェ)を抜いて、得点ランキングの単独トップとなったのだった。

島のリーグからクロアチア本土のリーグへ。

「プレンコビッチ兄弟はスビルチェ村の出身が、クラブはそのアドバンテージを十分に生かしてはいない」と、ジャドラン・スタリー・グラードの首脳のひとりで、かつてパリ・サンジェルマンでもプレーした(1981~'82年)元ユーゴスラビア代表イビカ・スリヤックの従弟でもあるイゴール・ドゥゼビッチは言う。

 試合は5-1とNKフヴァルの大勝に終わった。NKフヴァルがこのまま首位をキープすると、地域の2部リーグ昇格の問題が再燃することになる。これまでのところNKフヴァルは、本土のリーグに所属することが認められた唯一のクラブである。実際、2018年にフヴァルリーグ復帰を決めるまで、NKフヴァルは2013年から5年間、郡の2部リーグに所属したのだった。

「本土のリーグに戻るとしたら、それはわれわれのホームスタジアムでの試合が認められたときだけだ」と、アレクサ・フィリチェビッチはいう。

 NKフヴァルのスタジアムは、ピッチが人工芝であるうえ規格も公式ピッチの大きさに満たない。とはいえクラブは今、今世紀初頭のころのように第一線に復帰することを望んでいる。

クロアチア本土のクラブ数より増えた時期も。

 2003年に郡のサッカー協会は、1部と2部を廃止してリーグをひとつに統合した。その結果、チームを失った選手が多く島に流入し、3年後にフヴァルリーグは、本土の地域リーグをチームの数で上回った。この幸運が、さらなる野心に火をつけた。ポスコク・ピトブとユスニヤク・スベタ・ネドジェリアのふたつのクラブは、本土の優れた選手を積極的に集め、彼らに相応のサラリーを支払ったのだった。

「当時のリーグのレベルは本当に素晴らしかった」と、リーグコミッショナーを務めるゴルダン・ドラジチェビッチは振り返る。

 だが、それによりリーグ全体のバランスが失われ、クラブの財政をひっ迫させた。

 ピトブはリーグタイトルを獲得した2009年に破産を宣言し、スベタ・ネドジェリアは2012年にリーグ優勝を果たしたが、2013年にはチーム存亡の危機に陥り、未だに立ち直っていない。出場機会を求めて島にやって来た選手たちも、2012年に本土で2部リーグが再建されると次々と去っていったのだった。

とはいえ経営的には不安定なクラブが多い。

 今日でもクラブの財政状況は芳しくはない。

 たとえばルバンダのユニフォームは、ベロ・グラブリエ村の出身で現在はウディネーゼの監督を務めるイゴール・トゥドール(元クロアチア代表)からの寄贈である。クラブの予算は極めて限られている。

 NKフヴァルとともにユースチームを持つ唯一のクラブであるスタリー・グラードは、年間予算3600ユーロの4分の3を地方公共団体からの援助で賄い、残りを主催するダンスパーティーの収入で補填している。試合の入場料は無料、クラブの登録料も同様とあっては、収入はほとんど見込めない。他方でリーグは、レフリーと役員の報酬として年間2000ユーロの拠出を各クラブに課している。

「この分担金は、郡の1部リーグと2部リーグでは、それぞれ4000ユーロと2700ユーロになる」と、ディノ・クネゾビッチは言う。

 今季、リーグは新たに国内家電メーカーとパートナーシップを提携し、それにより6600ユーロの収入を得たのだった。とはいえ、それでもなお財政危機は解消してはいない。

 だからといって郷土意識が強く本土とのリーグ統合は、依然としてタブーである。リーグはチーム数を10から6に減らすことを検討しているが、そうなるとじり貧の感はぬぐえない。

 未来は不確かで不安定。

 それでも生き残ったクラブは、安住の地を求めて本土へのフェリーに乗らねばならないのだろうか。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon