古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新潟の球数制限がもたらす次の問題。トーナメント戦で投手育成は可能か。

Number Web のロゴ Number Web 2019/01/09 07:00 氏原英明
甲子園で勝ち上がったチームのエースの球数を数えるのはもはや恒例になった。改革の機運は高まっている。 © photograph by Hideki Sugiyama 甲子園で勝ち上がったチームのエースの球数を数えるのはもはや恒例になった。改革の機運は高まっている。

 平成の終焉を控えての強烈なメッセージだった。

 新潟県高校野球連盟が、今年春の県大会からの球数制限導入を決めた。このニュースに驚くとともに、時代が大きく動き出したことを感じずにはいられなかった。

 昨今、野球少年の肩や肘などをめぐる健康の問題は、国内外を問わず懸案事項となっていた。若くして肘にメスを入れる選手が後を絶たず、たとえば米国では医師をはじめとした専門家の意見をもとに、MLBと米国野球協会が球数制限を推奨するガイドライン(ピッチスマート)を策定するなど、日本よりもはるかに先んじて動き出していた。

 そんななかでの、新潟県高野連の発表。毎年開催される「新潟サミット」の中で行われたが、ここ数年の新潟県の取り組みは、実は野球界の中ではよく知られた存在だった。

 筆者は新潟サミット自体の取材をしたことはないものの、2016年度の野球指導者講習会に参加した際に、「新潟メソッド」なる存在を知った。新潟では、県内の野球競技9団体で構成される「新潟県青少年野球団体協議会」が独自の取り組みを行っている。そのうちの1つが、現場と医療が一体となった健康面への対策だった。

新潟高野連の志を評価すべき。

 この野球指導者講習会で講師役を務めた山本智章氏(新潟県少年硬式野球連盟 医療顧問)はこんな熱いメッセージを受講生たちに送っている。

「競技力向上と障害予防は、これは別々のものではなくて、一体化して取り組んでいかないといけない。現場と医療が連携することが選手の育成につながっていく」

 その場には他県の高野連に所属する指導者はもちろん、日本高野連の重鎮も参加していた。今回の新潟県高野連の発表に際して、日本高野連は「初耳」という報道があったが、新潟県の取り組み自体は知っていたはずで、全く予期していなかったということはないはずだ。

 日本高野連は基本的姿勢として、重大な決定事項の“主犯”になりたがらない。不祥事などの明らかな問題はさておいて、決定事項についての責任を追及されることを避けるために、「調整役」だという姿勢を貫く。今回の決定も世間では賛否両論があることを承知しながら、すっとぼけたのだろう。

 つまり、日本高野連本体は変わりようがないから、新潟県高野連が思い切った策に出たともいえる。野球界の未来を本気で考えたものと高く評価すべきだろう。

出番がなかった2番手投手の目が輝く。

 もっとも、球数制限制度の賛否はある。

 相手投手を制限によって引きずり下ろすための待球作戦や、ファールで粘るチームは出てくるだろう。野球界には、いまだに「戦略」と「スポーツマンシップ」を理解できていない指導者が多い。敬遠は作戦の1つとして認めつつ、「5敬遠」に観衆やメディアが激怒した1992年の出来事を思い返せば、簡単に想像がつくはずだ。

 とはいえ実際問題、球数制限を実施した時にどうなるかという議論は机上の空論に過ぎない。

 なぜなら、高校野球界で球数制限を経験したことがあるのはU18侍ジャパンくらいで、誰も知らないのというのが現状だからだ。あれこれ言うよりも、まず地方の信念をもった連盟がスタートを切ったことから学ぶことが大事だろう。今後は球数制限の実際の影響について議論すべきだ。

 個人的には、エース依存で事実上出番がなかった2番手以降の投手たちの表情が楽しみである。限界を超えてもマウンドでエースが苦しんでいる姿を横で見ながら、出番をもらえなかった選手たち。エースが身体を痛めているとしたら、控え投手は心が傷ついていたのだ。

 ドジャースや広島で活躍した黒田博樹のように、高校時代は3番手投手に甘んじた屈辱を力に変えた人生もあるが、決して大勢ではない。日本野球界の「補欠作り」が改められることを考えると、それだけでも楽しみでならない。

トーナメントではエースしか出せない。

 球数制限が一般化したとき、2番手以降の投手を育成していくための環境づくりが大切になる。

 現行の高校野球のシステムでは、複数の投手を育てるのが困難な状況にある。

 秋春夏とほとんどの大会がトーナメント制の「一発勝負」で行われている限り、複数の投手を育成していくのは簡単ではない。

 何試合も勝ち上がることを想定していない学校は、負けたら終わりなのでエースを出さざるを得ない。そしてエースが負ければ公式戦は終わり、エース以外の投手が実戦を経験する場は皆無に等しいのだ。

「センバツが日本の野球を小さく」

 さらにセンバツ出場校を選考する秋季大会は、夏の甲子園決勝戦が終わってからあっという間に始まる。数週間でチームを作り、トーナメントの一発勝負が始まるのだ。突貫工事でチームを形にしなければいけない厳しい現実がある。

 慶応高校の元監督で、現在は慶応大コーチの上田誠氏がかつて、こんなことを話していた。

「センバツのシステム自体が日本の野球を小さくしている気がします。神奈川県だと7月25、26日まで夏の県大会があって、甲子園出場を逃したチームはそこから数日間休みを取って8月の頭から新チームに移行します。そして8月23日ごろには秋の公式戦が始まる。

 その間が3週間しかなく、チームづくりはミスが少ないことに重きをおかざるを得ない。そして秋の県大会、関東大会、さらにセンバツと勝ち進めば、たくさんの選手を試す機会がないままのチーム作りになってしまう」

 日本高野連は、球数制限導入を反対する意見として「部員が少ないチームに不平等だ」と口にするが、では、現時点で平等なのだろうか。9人しか部員がいないチームが、トーナメント制の中でどう出場機会を増やすのか。9人の部員を回して、もう1人の投手を作る。そうした機会すら作っていないのが現状だろう。

 一方、優勝するようなチームは、力の差があれば公式戦であっても2番手が登板する機会がある。大量点差がつけば登板の機会が訪れるし、地区大会の出場枠が3つあれば、準決勝を勝ち上がった時点で、「負けてもいい試合」ができる。すでに平等じゃないのだ。

リーグ戦ならば出場機会は増える。

 理想論としては、長期のリーグ戦を公式戦という形で実施すべきだろう。

 開催時期としては、9月から5月までが理想だ。

 そうなると、センバツ大会の出場校をどう選考するかが問題になるが、個人的には、高校生の育成においてセンバツ大会はかなり微妙な存在だと考えている。

 長期のリーグ戦を実施して、選手に多くの公式戦を経験させる。そうすることで、たくさんの投手が登板する機会が生まれるし、野手も多くがグラウンドに立つ機会が生まれる。

 センバツに合わせるために、どれだけ高校野球の日程が窮屈になっているか。日本高野連は再考すべきではないか。

 新チームが立ち上げられて即、負けられない戦いが始まるのではなくて、多くの試す機会が得られる。それも練習試合ではない形で実施されることで、経験値は高まっていくのだ。

夏の大会での実施にはハードルがある。

 球数制限の話に戻ると、夏の予選からいきなり実施するのは影響が大きすぎる。

 新潟県高野連もその危惧があるから、甲子園切符のかからない春に実施しようとしているのだろう。今後は夏の大会での実施を検討していきたいはずだが、それを実現するためには、投手を育てる期間が必要になる。秋から春のリーグ戦を実施すれば、複数の投手が名投げる機会は確実に増える。

 新潟県高野連が見せた動きは「本気で高校生の健康・育成面を考えた」1つのメッセージと言えるだろう。

 では今後、日本高野連、そして他の連盟はどういう動きを見せていくのか。

 その動きこそ、高校生の健康面を考慮に入れることに「本気」かどうかのモノサシになるはずだ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon