古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者・周忠継氏

新華社通信 のロゴ 新華社通信 2019/04/08 22:12 新華社

漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏 © 新華社 漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏

 3月28日、縦横入力方式の発明者、周忠継氏。(香港=新華社記者/呉暁初)

 【新華社香港4月8日】中国香港南聯実業有限公司の周忠継(しゅう・ちゅうけい)主席は、企業の経営以外に、パソコン、スマートフォンなどの文字入力方法の研究に力を入れている。94歳になる実業家は、広く普及している漢字入力方式「縦横碼」の開発者なのだ。

漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏 © 新華社 漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏

 3月28日、携帯電話で、縦横入力方式の使い方を説明する周忠継氏。(香港=新華社記者/呉暁初)

 江蘇省蘇州市出身の周氏は、1950年代に香港に渡り、共同で南聯実業有限公司を設立した。1980年代には内地の教育に関心を持ち、コンピューターを寄贈して普及させる過程で「縦横碼」入力方式の研究を始めた。彼は漢字入力のデジタル化方式を通じて、より多くの中国人や外国人が漢字でインターネットを使い、情報化時代に進んでいくことを望んでいた。

漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏 © 新華社 漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏

 3月28日、縦横入力方式の発明者、周忠継氏。(香港=新華社記者/呉暁初)

 「縦横碼」入力方式は、はね、はらいなど漢字の筆法全てを0から9の数字にふり分け、その組み合わせで漢字を素早く表示する。1993年、最初の「縦横碼」入力ソフトが発売された。彼はその後も関連研究と普及活動を助成し続けてきた。

漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏 © 新華社 漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏

 3月28日、自身のオフィスで取材を受ける縦横入力方式の発明者、周忠継氏。(香港=新華社記者/呉暁初)

 今では、「縦横碼」入力方式に公式サイトがあり、2年に1度の全国大会も開かれている。

漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏 © 新華社 漢字入力をより便利に 「縦横碼」の開発者·周忠継氏

 3月28日、各地での縦横入力方式の宣伝パンフレットを読む周忠継氏。(香港=新華社記者/呉暁初)

 周氏は今でも活動の拡大に腐心しており、へき地の児童・生徒や聴覚障害者がこの方式で漢字を上手に入力できたと聞くのが無上の喜びだという。

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon