古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

潜水艦のような富士フイルムのプロジェクター、レンズが回って100インチって何ぞ?

ギズモード・ジャパン のロゴ ギズモード・ジャパン 2018/09/28 10:00 ヤマダユウス型

緑ラインがいかにもレンズ系譜のそれらしく。

富士フイルムが、FUJINONレンズを引っさげてプロジェクター業界に打って出るようです。フォトキナ2018にてお披露目されたその新製品の姿は……まるで潜水艦のよう?

動画を再生

あぁ、これはアレだ、未知みのある体験だ。世界初の「二軸回転機構レンズ」により、色々な方向への投映が可能。元来のプロジェクターが向いてる方向にしか映せなかったことを思うと、なんとも画期的です。本体を回転できるモノはあっても、こう、レンズ部だけというのは。

この回転を使えば、縦向き映像の投映や、天井、床への投映も、プロジェクターの設置位置に左右されにくくなります。加えて、超短い焦点距離のレンズとレーザー光源により、投映対象からたった75cm離すだけで100インチの大画面を映せるという。え、それってリビングでテレビ見る距離より短くない? その距離で100インチ? ばかじゃないの(賞賛)?

リリースによると、「限られたスペースで効果的に宣伝したい」「壁や天井などを活用して空間を演出したい」といったニーズが多いご時世とのことで。たしかに、この焦点距離と回転機構なら、6畳ほどの雑貨屋さんでも大画面映像が映せそうですね。本体も小さいから、自宅での映像鑑賞にも仕事での持ち歩きにもよさげ。

まだ解像度や最大輝度、コントラスト比なんかのスペックは公開されていません。そして短焦点プロジェクターはレンズの関係でやや高になっちゃいますから、価格は覚悟しておきましょう。でも100インチは自宅にはデカすぎるか……いやでもロマンが……。

Source: 富士フイルム, YouTube

ギズモード・ジャパンの関連リンク

ギズモード・ジャパン
ギズモード・ジャパン
image beaconimage beaconimage beacon