古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

オデーサのロシア皇帝像、市民投票で撤去賛成が多数 ウクライナ南部

朝日新聞デジタル のロゴ 朝日新聞デジタル 2022/11/05 21:44 朝日新聞社
ウクライナ南部オデーサ市のロシア皇帝エカテリーナ2世像(市のサイトから) © 朝日新聞社 ウクライナ南部オデーサ市のロシア皇帝エカテリーナ2世像(市のサイトから)

 ウクライナ南部の港湾都市オデーサの市当局は5日、市中心部の広場にある18世紀のロシア皇帝エカテリーナ2世像をめぐって行われた市民のオンライン投票で、像の撤去を支持する声が多数を占めたと発表した。近く開かれる市議会で撤去の是非を審議するという。

 市の投票サイトは、投票総数7796票のうち「完全に撤去する」が3914票、「皇帝の行いについて歴史的な説明を加えた上で、現在の場所に残す」が2816票、「記念公園か博物館に移設する」が329票、「そのまま現在の場所に残す」は650票だったとしている。

 市当局によると、オデーサのエカテリーナ2世像は、ウクライナが帝政ロシアの支配下にあった1900年に現在の場所に設置されたが、17年のロシア革命後に撤去され、ソ連崩壊後の2007年に元の像をモデルに再建された。

 ロシアのプーチン大統領は、オデーサを含むウクライナ南部の黒海沿岸地域について、エカテリーナ2世時代の露土戦争で帝政ロシアの領土になった経緯から、「もともとロシアの土地」などと主張している。

朝日新聞デジタルの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon