古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ロシアが米選挙介入継続と非難 トランプ米政権高官ら異例の会見

共同通信 のロゴ 共同通信 2018/08/03 06:01 共同通信社
ホワイトハウスで記者会見するボルトン大統領補佐官(左から3人目)ら=2日、ワシントン(UPI=共同) © KYODONEWS ホワイトハウスで記者会見するボルトン大統領補佐官(左から3人目)ら=2日、ワシントン(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権の国家安全保障担当高官5人が2日、ホワイトハウスで異例の共同記者会見を開き、ロシアが米社会の分断を助長するため11月の中間選挙や2020年の大統領選への介入を続けていると非難した。ロシア政府は全面的に否定しているが、米政権を挙げて選挙介入を防ぐよう万全の態勢で臨むことをアピールした。

 5人はコーツ国家情報長官、ボルトン大統領補佐官、レイ連邦捜査局(FBI)長官、ニールセン国土安全保障長官、ナカソネ国家安全保障局(NSA)局長。トランプ大統領も声明で「選挙システムやプロセスを守るために強力な措置を取る」と強調した。

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon