古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

英、グラクソのコロナ治療薬「ソトロビマブ」承認 オミクロン株にも有効か

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2021/12/02 18:07 AFPBB News
英ロンドンの製薬大手グラクソ・スミスクライン本社(2013年7月29日撮影)。 © Ben STANSALL / AFP 英ロンドンの製薬大手グラクソ・スミスクライン本社(2013年7月29日撮影)。

【AFP=時事】英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は2日、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が開発したモノクローナル抗体薬「ソトロビマブ(Sotrovimab)」について、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化リスクの高い患者向けの治療薬として承認した。GSKは、新たな変異株「オミクロン株」にも有効だとしている。

 MHRAは、「重症化リスクの高い軽症から中等症のCOVID-19患者において、入院や死亡のリスクを減らす効果があり、安全だと確認された」と説明した。

 一方、GSKの発表によると、ソトロビマブは「オミクロン株の主要な変異に対して活性を維持する」ことが臨床試験前のデータで確認されたという。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon