古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

井上尚弥とドネアの12ラウンド。裏切られた期待の先にあった奥深さ。

Number Web のロゴ Number Web 2019/11/08 12:00 雨宮圭吾
右まぶたをカットするアクシデントも乗り越え、3-0判定勝ち。百戦錬磨のドネア相手に「強さ」を見せつけた12ラウンドだった。 © Bungeishunju Ltd. 提供 右まぶたをカットするアクシデントも乗り越え、3-0判定勝ち。百戦錬磨のドネア相手に「強さ」を見せつけた12ラウンドだった。

 僕らが期待していたのは何だっただろう。

 試合2日前の会見で井上尚弥は言っていた。

「自分にかけられている期待は感じている。求められているものを重々承知した上で持てる力を出したい」

 最も安い席でも1万円するチケットがソールドアウト。さいたまスーパーアリーナは2万人超の大観衆で最上階まで埋め尽くされ、普段から井上戦を中継するフジテレビのみならず、NHKまで生中継に乗り出した。それだけのビッグマッチだった。

 117-109、116-111、114-113。3-0の判定勝ち。

 戦い終えて井上はリング上で言った。

「期待してもらっていたようなファイトは正直できなかったと思う」

 だが、その言葉を聞く総立ちの観衆に不満げな表情はひとつもない。会場を訪れた元世界王者たちは感嘆し、観戦した多くのVIPがその戦いを称賛した。   

 僕らが見たものは何だっただろう。

井上は何ラウンドでKOするか?

「最強決定トーナメント」と銘打たれ、精鋭8人により争われるワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)。バンタム級の決勝戦は、まだ底の見えない強さを誇る井上尚弥と軽量級で一時代を築き、日本でも人気の高い5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)の対戦だった。

 戦前の話題はもっぱら井上が「何ラウンドでKOするか」。強豪相手に早いラウンドでのKOを繰り返してきた26歳は、『リング』誌の選ぶパウンド・フォー・パウンド(PFP、全階級を通じての最強ランキング)で4位につけている。それに対し、かつてはフロイド・メイウェザー(米国)、マニー・パッキャオ(フィリピン)に次ぐPFP3位にいたドネアも、もう36歳。いかにスーパースターといえども盛りは過ぎた。さらに高みを目指す若き“モンスター”の踏み台になるのは避けられない。そんな見方が大勢だった。

 1回。どちらかがパンチを繰り出すたびに、それがガードの上を叩いたとしても、大きなどよめきが上がる。井上には文句なしのパワーがあり、ドネアにも幾多の強豪を屠ってきた必殺の左フックがある。そのひとつでも当たりさえすれば、あっという間に試合が終わる可能性があることを誰もが分かっているのだ。

「出だしの手応えが良すぎた」

 緊迫感の中、井上は自信を深めていた。

「(相手のパンチは)ブロッキングで何とかなるかなと思った。出だしの手応えが良すぎた。速く踏み込めばわりと対応できるかと思った」

 感覚的には想定以上の好スタート。落とし穴があったとすればそこだった。2回、予期せぬアクシデントがゲームプランを打ち砕く。攻勢に出ていたはずが、ロープにつまったところで顔面を痛打された。

 ドネア=左フック。何度も反芻し、最も警戒してきたはずのそのパンチで右のまぶたから血が流れ出した。みるみる視界が崩れていった。

「フェイントからのあの左フックはうまかった。完全にボディーにくると思っていた。あれをもらって全てが狂った。そこから12ラウンドまで相手が二重に見えていた」

 まず足を使い、ジャブを突き、リズムを立て直した。右目の視界は戻らない。それでも5回には右ストレートを炸裂させてドネアをぐらつかせるなど、スピードで上回って主導権は握り続けていた。

「自分やセコンドの中では7、8ラウンドに入るまで、ポイントは取っていた。だから捨てるラウンドも作って、残りを取っていこうと思った。右目が全然見えなくて、その状態で不用意に打てば左フックを合わせられるから右ストレートも打てない状態。だったらポイントアウトしようという作戦に切り替えた」

 冷静である。だが、はたから見ていては、それが即座には分からない。

長期戦で問われた真価。

 7回から突如訪れた井上の劣勢。続く8回もドネアのパンチがよく当たった。残り20秒、たまらず尚弥コールが起こる。その声の響きはもはやKOを期待するものではなく、ここで背中を支えなければ井上が崩れ落ちてしまう。そんな悲痛さのこもった声援だった。

 9回にはさらに危険な場面。ドネアの右ストレートに腰が一瞬落ちた。慌ててクリンチにいこうとする井上。これまで見せたことのない姿だった。

 井上はWBSS1回戦でファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を70秒、2回戦もエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒でマットに沈めてきた。最後に7ラウンド以上を戦ったのは3年以上前にさかのぼる。長期戦でどうなるのか。もし井上の強さで証明しきれていない部分があるとすればそこだった。

「大きく成長できた12ラウンド」

 だが、モンスターはやはりモンスターである。ぐらついても崩れない耐久力、ひるまずに反撃に転じる心の強さをここで見せた。

 11回、右アッパーからの左ボディーでついにダウンを奪う。たまらずうしろを向き、リングを半周ほどして膝をついたドネア。レフェリーはそこからカウントを取り、ドネアはぎりぎりで立ち上がった。

 井上陣営の大橋秀行会長は試合後、苦笑いで振り返った。

「11回のダウンは10カウントだったんじゃないかな。20秒ぐらいは経っていたと思うんですけど(笑)。まあ、それはよかったっていうか、12回も尚弥は倒しにいったし、ドネアと打ち合ってまた尚弥が大きく成長できた12ラウンドだったと思います」

 ドネアはダウン後のピンチの中でもパンチに力を残し、全てをひっくり返す左フックを狙い続けていた。極限の緊張と興奮の中に身を置いた時間がどれだけ今後の井上の糧になるか。それが分かっているから大橋会長はそう言ったのだろう。

「アクシデントを乗り越えて、いろんな技術を見せ、気迫も見せた。初めて見た人も『これがボクシングか』と喜んでくれたんじゃないか」

試合後に漏らしたモンスターの本音。

 テレビ中継のゲストで会場を訪れたWBA世界ミドル級王者の村田諒太は「いい試合だった。ドネアの頑張りが感動する試合を生んだ」と語り、12回の防衛歴がある元WBC世界バンタム級王者の山中慎介も「井上君の“強さ”がドネアの“キャリア”を超えると思っていたが、やっぱりドネアはドネアだった」と印象を語った。

 ドネアの予想以上の奮闘がこの大熱戦を生んだのは間違いない。だが、早期KO決着ではなかったことで井上が証明したものもまた多かった。

「これがボクシング。これが僕の実力。こんな内容じゃ世代交代と言える内容じゃないけど、また期待してください」

 あらためて、僕らがこの試合に求めていたのは何だっただろう。

 戦前の期待はすっかり裏切られたが、期待を上回り、そしてどちらにも再び期待したくなる名勝負。

 ハイレベルな攻防があり、ときに歯を食いしばって打ち合うガッツがあった。ボクシングの魅力あふれる12ラウンド。それに魅了されたのは観衆だけではない。

 試合が終わった直後、井上自身がセコンドにこう言ったそうだ。

「楽しかったあ」と。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon