古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ゴルフきょうは何の日<9月16日>

GDO のロゴ GDO 2020/09/16 06:30 GDOニュース編集部
最終18番のダブルボギーでメジャー優勝を逃したA.オルソン(Stuart Franklin/Getty Images) © GDO 提供 最終18番のダブルボギーでメジャー優勝を逃したA.オルソン(Stuart Franklin/Getty Images)

2018年 オルソン最終18番の悲劇 メジャー&ツアー初Vスルリ

海外女子メジャー「エビアン選手権」で当時ツアー参戦5年目の26歳に悲劇が起きた。エイミー・オルソンが通算13アンダーの単独首位で迎えた最終ホールで痛恨のダブルボギー。1組前で通算12アンダーと伸ばして終えていた当時40歳のアンジェラ・スタンフォードに逆転を許し、ツアー初優勝をメジャーで飾る絶好のチャンスを逃した。

「意図的にリーダーボードは見なかった」と、単独首位の位置を知らずに最終18番へ。1打目、2打目と左ラフを渡り歩き、3打目を打つ前にキャディに初めて自分のポジションを聞いた。「これは、どうしてもグリーンに乗せておく必要がある」。8Iで打って確実にグリーンに乗せ、13mのパーパットを残した。

2パットでもプレーオフに持ち込めた場面。だが、ゴルフの神様は試練を与えた。「明らかに積極的に打ちすぎた」とファーストパットはカップを4mオーバー。返しも左に外して3オン3パットのダブルボギーとするとパターヘッドを叩いて悔しがった。2020年の今季も2位はあるが、いまだ優勝には手が届いていない。

GDOの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon