古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

八村塁と、ウィザーズの序盤戦。NBAで長くキャリアを築くための鍵。

Number Web のロゴ Number Web 2019/12/24 08:00 杉浦大介
16日のピストンズ戦で負傷した八村塁。チームにとっても痛い離脱となった。 © Number Web 提供 16日のピストンズ戦で負傷した八村塁。チームにとっても痛い離脱となった。

「塁はこれから5試合が終了した後に再診断を受ける。その時までには状況がより明らかになっているだろう。塁はとても良いプレーをし始めていたところだし、チームも(メンフィス・)グリズリーズ戦以外は競った試合をしていただけに残念だ……」

 12月18日、本拠地でのシカゴ・ブルズ戦の際、ウィザーズのスコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)はそう報告した。今季開幕から25試合連続でスタメン出場していた八村だったが、これで少なくとも26日のデトロイト・ピストンズ戦までは欠場が確定。長いシーズンの中でルーキーが休養を取れるという考え方もできるものの、チーム、本人の両方にとってやはり手痛いアクシデントに違いない。

リップサービスではない活躍。

 ここまでの八村は、平均13.9得点、5.8リバウンド、1.6アシストという新人としては優れた成績をマーク(以下、数字はすべて八村が故障離脱した直後の12月17日時点のもの)。「とても良いプレーをし始めていた」というブルックスHCの言葉はリップサービスではなく、12月は8試合で17.3得点、6.6リバウンドと堂々たる数字を残していた。プレー時間も11月の平均24.8分から、12月は同34.3分にまで急上昇。ケガ人も多いチーム内で、21歳の日本人ルーキーはもう贔屓目抜きに不可欠の存在になった感があった。

「もう20戦近くやってきて、まだまだ半分もいっていない中でもいろいろ経験してきた。どういうところでパスをするとか、得点もそうですし、ディフェンスでも少しずつNBAのバスケにも慣れてきているんじゃないかなと思います」

 15得点を挙げた12月3日のオーランド・マジック戦後、八村は“周りが見えてきた”という手応えらしきものを語っていた。その言葉通り、シーズンも約1/4 の時点で、オフェンス面での八村の役割は定まり始めている印象がある。

存在感増すミドルレンジとゴール前。

 今季のウィザーズの攻撃は3ポイントシュートが中心で、ブラッドリー・ビール、ダビス・ベルターンスを筆頭に1試合平均13本を成功させてきた。今のペースならシーズン通算1066本を決めることになり、これはリーグ史上9位の記録になる。

 単に数が多いだけではなく、成功率が高いのも特徴。キャリア平均3P成功率38.1%のビールこそ今季は同34.3%に過ぎないが、ベルターンスは45.7%、アイザイア・トーマスが43.3%、ジョーダン・マクレーが39.4%、モーリツ・ワグナーが39.3%と多くの選手がハイレベルの数字を保っている。

 八村の3ポイントシュートはまだ成功率20.8%と低調で、とにかくガードもビッグマンもロングジャンパーを打ちまくるチーム内では異質の存在と言える。ただ、だからといってオフェンスに絡めていないかといえば、むしろ逆。外からのシュートが得意なチームメイトたちが作ったスペースを活かし、八村はミドルレンジとゴール下で得点を稼いでいる。2ポイントのFG成功率53.3%はリーグ48位というハイレベルな数字で、プルアップジャンパーの成功率も46.3%と高い。

「絶対にどこでも通用するっていうのは、小さい頃からわかっていた。僕はそういう武器を持っている。他の試合を見ても、あまり(中間距離の)シュートを連続で決めて、いい感じでできる人はいないので、そういうところは絶対に生きると思っていた。それが今も通じているんじゃないかなと思います」

 開幕直後にそう述べていた通り、八村は自身のミドルレンジ・ジャンパーに絶対の自信を持っている。“どこでも通用する武器”は、高校、大学と同様に、NBAでも確実な効果を発揮しているのだ。

ウィザーズの強みを「もっと伸ばせたら」

 このような八村のプレースタイルが最大限に生かされたのは、12月5日のフィラデルフィア・76ers戦だった。

 その時点でイースタン・カンファレンス5位だった強豪を相手に、八村は27得点、7リバウンド、2スティールというオールラウンドゲームで勝利に貢献。特にベンチ登場で7本の3ポイントシュートを決めたベルターンスと、非常にうまく噛み合っていた印象があった。

「フロアもすごい広がるので、インサイドがもっと攻めやすくなります。そういうところがこれからの僕らの強みになってくると思う。もっとフィルムとかを見たり、いろんな研究をして、もっと伸ばせたら良いなと思いますね」

 今季は年間300本ペースで3ポイントシュートを決めているベルターンスと一緒にプレーする楽しさについて尋ねると、八村は目を輝かせてそう述べていた。このようにアウトサイドからの長距離砲と、近年のNBAでは重宝されなくなっていた中間距離を得意とする選手が共存できているのもウィザーズの強みと言える。

長いキャリアを築くための鍵は?

 もちろん今後、八村のマークもきつくなるはずで、自身のスペースを広げるためにもいずれ3ポイントシュートの向上は必要になってくるだろう。もともとウィザーズは八村を“ストレッチ4(ビッグマンながら3Pが得意で、スペースを作れる選手)”として起用することを望んでおり、それがドラフト指名時からのプランだった。だとすれば、課題の多いディフェンスとともに、ロングジャンパーの精度アップこそがNBAで長いキャリアを築くための鍵になっていくに違いない。

 ただ、少なくとも現時点では、八村の毛色の違ったスキルとスタイルはウィザーズに上手くはまっている。ハイテンポで攻めるチームオフェンスに貴重なアクセントを添えている。オフェンシブ・レイティングではリーグ4位というウィザーズのハイスコアリング・オフェンスは、こうして確立されていったのだった。

 序盤戦の八村はすべてが順風満帆だったわけではない。ディフェンスとロングジャンパーの力不足がゆえ、11月26日のデンバー・ナゲッツ戦まで3試合連続で第4クォーターにプレー時間がもらえなかった。また、確かに優れた個人成績を残していても、チームの勝利になかなか繋がっていないのも残念ではある。

 しかし、厳しいチーム状況の中でも適応を続け、信頼を勝ち取り、プレー時間を増やしていったことは評価されて良い。だからこそ、この時点での故障離脱には八村本人もフラストレーションを感じているに違いない。今はただ、一刻も早くコートに戻って欲しいもの。元気な身体を取り戻し、ウィザーズのオフェンスが作り出す大きなスペースの中で、これまで通りに暴れまわってほしいところだ。

東京五輪特集はコチラ

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon