古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

バド混合で初のメダル獲得! 出会いは中学校、結成10年の渡辺勇大&東野有紗が築いたコンビ愛「信頼度100%」

Number Web のロゴ Number Web 2021/07/30 20:00 石井宏美
バドミントン混合ダブルスで初のメダル獲得となった渡辺・東野ペア。結成10年で掴んだ銅メダルだった © Number Web 提供 バドミントン混合ダブルスで初のメダル獲得となった渡辺・東野ペア。結成10年で掴んだ銅メダルだった

「ありがとうしかないです」

 涙をぬぐいながら東野有紗は相方に感謝した。そして渡辺勇大もまた涙で声を詰まらせた。

 東京五輪のバドミントン混合ダブルスで渡辺・東野が、香港のトウ俊文・謝影雪を破り、同種目日本勢初の銅メダルを獲得した。

 第1ゲームを先取し、迎えた第2ゲームは序盤で相手に先行された。しかし、その後追いつき、競り合いの展開に持ち込む。ここで気持ちを引いていたら相手に流れは渡っていたかもしれない。でも、2人は強気に立ち向かっていった。

「ああなったら最後は気持ちの勝負しかない」(渡辺)

 最後は渡辺のショットが決まり、23-21。

 銅メダルが確定すると2人はコート上でお互いの健闘を称えあった。

初めてコンビを組んだのは中学生

「勇大くん」「東野先輩」

 そう呼び合う2人は福島・富岡第一中の1学年違いの先輩と後輩。渡辺が中学2年、東野が中学3年のとき、たまたま国際大会でコンビを組むことになり、そこで表彰台に立った。

「最初はミックス(混合)ダブルスという種目があることもあまり知らなくて(苦笑)。でも、勇大くんとミックスダブルスを始めてから、すごくミックスダブルスが楽しいな、勇大くんとこれからも組んでやっていけたらいいなと思って」(東野)

 互いに相性の良さを感じ、富岡高へ進学後もペアを継続した。1学年上の東野が先に卒業し、日本ユニシスへ入社。いったんペアは解消となったが、東野が「やっぱり勇大くんとやりたい」と説得し、1年後には渡辺も同社に入社した。

 今年で結成10年目。ペアを組む時間が長くなるにつれ、2人は年々、相手への信頼度が深まっていることを実感。昨年インタビューでもこんな話をしていた。

「前までは分からなかった部分も分かるようになってきて、『勇大くんは今、こうしたいんだろうな』ということも察知して動けるようになりました。本当に(渡辺は)カバー力も世界一すごくて、なんでもまかせられる存在。いつも信頼度100%です!」(東野)

「“この球だったらここに打つだろうな”というような打ちどころというのか、そういうものが分かってきて予測しやすくなりました。自分がワンサイドにいったら、もうワンサイドを先輩がカバーしてくれるという、お互いの信頼関係はダブルスには必須です。そこがしっかりと成り立っているからこそ、ラリーを展開できているんだと思います」(渡辺)

 2人の転機は3年前に遡る。

 以前は、己の肉体を駆使して、自分たちのやりたいことだけを最初から最後まで100%出し切るという本能的な動きでプレーすることが多かった。

 だが、個々の能力だけではどうしても限界があった。2017年まではワールドツアーで軒並み1回戦敗退が続き、自分たちの殻を破れずにいた。

「彼がいなかったら、僕らは間違いなくここにいない」

 渡辺が以前そう言っていた“彼”とは、2018年1月に混合ダブルスの専任コーチとして、日本バドミントン協会がマレーシアから招聘したジェレミー・ガン氏のことだ。

 専任コーチ就任2カ月後、渡辺と東野はバドミントンで最も歴史があり、格式の高い全英オープンを制し日本混合ダブルス史上初の快挙を成し遂げると、全英オープン前は48位だった世界ランキングも、ひと桁台に上昇。近年はその順位をキープしてきた。

 ジェレミー氏が就任するまで混合ダブルスの指導をほとんど受ける機会がなかった。2人の特性を理解したジェレミー氏の的確な指導に導かれ、ペアとしての能力が一気に開花した。就任以降、とにかく徹底的に頭を使ったプレーやゲームプランニングを叩き込まれた。

「相手の嫌がること」「パートナーを生かすこと」

 渡辺もその発想の転換が大きかったと過去に話していた。

「ジェレミーさんが来てから、自分たちのやりたいこともそうですが、相手の嫌がることやパートナーを生かすことも非常に重要だということを教わりました。それに、常に100%なんじゃなくて、80%でも点数が取れるならそのラリーは成功だし、常に100%よりも勝負どころで100%とか110%の力を出せた方が相手にとっては脅威だと」

 それまでは球を打ち、相手の返球を打ち返して……というように「とにかく一生懸命動いて点を取りに行く感じが多かった」(渡辺)が、次第に試合展開を予測し、プレーするようになった。さらに緩急をつけたプレーも身に付け、自分たちがやりたいプレーを最後まで続けられるようになった。

 さらにジェレミー氏からはペアの間でのコミュニケーションを大切さもアドバイスされたという。

 もちろんコミュニケーションを取っていなかったというわけではない。ただ、2018年の全英オープン以前は、積極的に会話を取るというよりも、あうんの呼吸でプレーするという感じだった。「よりコミュニケーションを取ることで、勇大くんがこんなことを考えていたのかとか、新しい発見もあって。勇大くんの思いを知ることで、自分自身もやりやすくなったと感じました」と東野は以前明かしていた。

 今回、メダルラッシュが期待されたバドミントン勢は男子シングルスの金メダル候補の桃田賢斗が1次リーグで敗退し、29日は女子ダブルスも準々決勝で敗退。混合ダブルスの試合前に行われた女子シングルスでも奥原希望が準々決勝で敗退するなど、重苦しい雰囲気が流れていた。しかし、渡辺と東野は快挙を成し遂げ、東京五輪の大舞台でその実力を見事に証明した。

「やっぱりメダルを獲るのと獲らないのとでは全然違うと思います。先輩方が作ってくれたレールをさらにのばすことができた。これから僕らがもう少し先のレールを作っていくつもりですけど、とりあえず東京オリンピックという大きな舞台でメダルを獲得することができたことを誇りに思います」(渡辺)

 渡辺には「今後、混合ダブルスが日本全体に広まっていったらうれしいです。もちろん、そういう責任感もあるし、自分たちがそうしていきたい」という気持ちがある。

 今回の銅メダルは、間違いなく、そんな彼らの思いを実現する第一歩になったのではないだろうか。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon