古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

パリ五輪の競技種目で空手落選の謎。「除外された理由を開示して欲しい」

Number Web のロゴ Number Web 2019/03/09 11:00 布施鋼治
2016年8月、リオデジャネイロにて東京五輪の追加種目「空手」を審議していた時のIOC総会。 © Bungeishunju Ltd. 提供 2016年8月、リオデジャネイロにて東京五輪の追加種目「空手」を審議していた時のIOC総会。

 いったい何が起こったのか――。

 2月21日(現地時間)、パリ・オリンピック組織委員会は追加競技候補から野球・ソフトボールとともに空手を除外する方針を固めたことを発表した。

 知っての通り、空手は2020年の東京五輪で初めて五輪種目に採用されることが決まっている。その原動力は、2014年12月の国際オリンピック委員会(IOC)総会でIOCのトーマス・バッハ会長がプッシュする形で可決された『アジェンダ2020』という未来の五輪に対する中長期改革計画だ。

 その中に「開催地に追加種目の提案権を与える」という改革案もあった。そこで東京は追加種目として日本発祥の武道である空手を新種目として提案することが可能となり、その結果2016年8月のIOC総会で追加種目として承認されるに至った。

 正式種目に決定した直後、世界空手連盟(WKF)のアントニオ・エスピノス会長は歓喜のメッセージを発信している。

「1970年に日本武道館で第1回世界空手道選手権が開催された時、その50年後同じ場所へ空手が五輪スポーツとして戻ってくることを誰が予想できたでしょうか?」

 初めての五輪を来年に控え、空手界は一丸となってモチベーションを高めていただけに、天国から地獄へと突き落とされた格好だ。

 なぜ、突然除外の対象となってしまったのか。

東京五輪を見てから決めるべきでは?

 全日本空手道連盟(JKF)の日下修次事務局長は「不思議で仕方がない」と首を傾げる。

「我々としては東京五輪を見てから次の追加種目を決めてもいいのではないかと思っている。実際に空手の組手や形を見てもらったら、『面白いじゃないか』と言ってもらえると思っていたので」

 そもそも空手は東京五輪の限定追加種目だったが、2024年の開催地がパリに決定すると、空手関係者の誰もが再び追加種目として採用されると信じる気持ちになったのだという。

「フランスは柔道とともに空手がひじょうに盛んなお国柄で、昨年の世界選手権でも日本やイランに次ぐメダル数を獲得しているほど。ちゃんとロビー活動もしていたようなので、関係者も安心していた」(日下事務局長)

パリはOKなのに、なぜ?

 空手界にとっては驚天動地のアナウンスがあった直後、世界空手連盟のエスカランテ審判委員会委員長が新ルールの講習会出席のため来日した。

 その時、日本の空手関係者にこんなことを漏らしている。

「そもそもパリ市議会が提出した追加種目の中には東京で追加種目となったサーフィン、スポーツクライミング、スケートボードとともに、空手やブレークダンスも入っていた。しかも、リストの中では空手はブレークダンスの上だった。そこで我々は、パリでも空手が採用されると確信し、前祝いで祝杯をあげたくらいなのに……」

むしろ若年層が多い空手愛好家。

 まさかの流れに日本の空手関係者もショックを隠しきれないが、指をくわえて事の推移を見守っているわけではない。

 日下事務局長はWKFを通じIOCに対して「空手が除外された理由を開示してほしい」という書簡を送ったことを明かした。

「パリ市議会では通っているのに、なぜ組織委員会でNGになったのか? それともIOCの方から外せという話になったのか? 世間ではいろいろな噂が流れているけど、そのへんが本当によくわからない」

 組織委員会はブレークダンスを推す理由のひとつとして「若者への訴求力」を挙げる。

 だったら空手は若者から支持されていないのか?

 答えは否、である。

 日下事務局長は「空手の場合、むしろ子供が多い」と主張した。

「日本では礼儀やしつけを教えてもらえる場として子供を空手道場に通わせる親が多い。

 文科省が発表した民間スポーツ施設の統計を見ても、空手の道場数は多い。町道場を通して空手の底辺は順調に広がっていると思っていたんですけどね」

「我々はパリ五輪を諦めていない!」

 その一方で日下事務局長は海外でも空手に打ち込む愛好者は増えていることを強調した。

「アフリカの途上国でも、空手をやっているのは子供中心。よくサッカーはボールひとつあればどこでもできるというけど、空手は何もなくてもできる」

 全日本空手道連盟は笹川堯会長の名でシニアのナショナルチーム入りしている選手にメッセージを送った。

「我々はパリ五輪を諦めていない!」

 WKFもインターネットを通じて五輪での存続を訴えるキャンペーンを行うと発表している。

 エスピノス会長は「空手が五輪にもたらす付加価値を証明する機会も与えられずに除外されるのは不公平だ」と真正面から闘う姿勢を見せる。「我々の団結力を示して、この決定に対して行動を起こす時がきた」

 今後、追加種目についてIOCは理事会での審議や東京五輪での実施状況を検証しながら、2020年12月に開催される理事会で最終決定する見込み。

 いまや192の国と地域に1億人の愛好者がいるといわれる“KARATE”。

 このピンチをどうサバくのか。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon