古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ミルコ・クロコップが完全引退。超ストイックな闘争本能の記憶。

Number Web のロゴ Number Web 2019/03/13 16:30 布施鋼治

「お前の目はいったいどこを見ていたんだ?」

 一瞬にしてインタビュースペースに緊張感が走った。2003年3月30日、当時人気絶頂だったボブ・サップから会心のワンツーでKO勝利を奪った直後の会見。ミルコ・クロコップのパンチは明らかにサップの目を狙ったように見えたので、そのことを確認しようと思い、筆者が「目を狙ったのか?」という主旨の質問を投げかけた直後の答えがこれだった。

 ミルコは見ればわかるだろうと言わんばかりに不機嫌になり、冒頭の言葉を投げかけてきたのだ。

 その後、顔見知りの記者から「最高のやりとりでしたよ」と労いの言葉をかけられたことを覚えている。

 パンチを受けた直後、サップは一瞬間を置いて自分の目を押さえるや戦意喪失となったのだから、私の見立ては間違っていなかったと思う。

 ただ、質問の真意が伝わらなかったのであれば……どうしようもない。

全盛期のミルコは限りなく魅力的だった。

 実はこの時のミルコは高熱を押しての出場で、母国クロアチアへ試合が衛星生中継されるという極度のプレッシャー状態にあったことを聞いたのはかなりあとになってからのことだ。

 いずれにせよ、勝てば少々傲慢になり、負ければ涙ながらに本音を語る。ミルコほど勝つか負けるかで、その後のコメントに差が出る選手はいなかった。

 近年はかなり穏やかになったが、だからといって控室が一緒の選手と必要以上に仲良くなることもなかったと記憶する。

 筆者には、気持ちに極端なほど浮き沈みのある、20~30代半ばのミルコはたまらなく魅力的に映った。

「脳卒中」による不意の引退表明。

 先日、そんなミルコが自身のSNSを通じて引退を表明した。

 2月25日の練習中に体調を崩して入院。医者から脳卒中という診断を受け、頭に衝撃を受ける行為を禁止されたためだ。2~3カ月前から首に違和感があったというのだから前兆はあったのだろう。

 ラストマッチは2月16日、アメリカでの新天地ベラトールで行われたロイ・ネルソン戦で、8年ごしのリベンジを果たした矢先の引退声明だった。

「これが本当に最後です」

 現在44歳のミルコは宣言する。

「何度か復帰しましたが、これが本当に最後です」

 その言葉通り、ミルコは過去に何度か引退を宣言し、そのたびに撤回するということを繰り返していた。

 最近では2015年11月にUFCで引退を表明したが、その後RIZINで復帰している。そこで今回も「本当に引退するのか?」と疑問視する向きもあるが、頭のダメージを理由にしての幕引きなだけに、筆者は今度こそは本当と考えている。

 そういえばPRIDEでしのぎを削ったエメリヤーエンコ・ヒョードルも何度か引退を示唆しながら現役を続けたが、今年1月に組まれたライアン・ベイダーとのベラトール世界ヘビー級GP決勝戦で秒殺KO負け。かつて60億分の1と言われるほど世界最強の名をほしいままにした男はミルコより2歳年下ながら、このまま引退してもおかしくないムードを漂わせている。

 ミルコやヒョードルとともに一時代を築き上げたアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラは2015年9月に一足早く現役引退を表明。その後はUFCブラジルのアスリート・リレーションズアンバサダー(選手発掘大使)に就任し精力的に動き回っている。

どこまでもストイックだったミルコ。

 冒頭の会見のやりとりを例に出すまでもなく、ミルコはとっつきにくい一面もあったが、その一方で自分には厳しく日常の食生活の管理は徹底していたので、その類のエピソードを聞いた時には感心した。

 水分の補給はミネラルウォーターとオレンジジュースが基本。コーヒーや紅茶などカフェインが入った飲み物を口にすることはなかった。アルコールを口にするのは、パーティーに出席して乾杯する時だけ少々嘗める程度にとどめていた。

 日本に頻繁に来訪するようになった外国人ファイターはピーター・アーツのように霜降りの牛肉などを好んで食べるタイプも多いが、ミルコは例外だった。

 主食は脂の部分を全て削ぎ落とした赤身のステーキで、焼き方はエキストラ・ウェルダンと決まっていたからだ。要するにパサパサになるまで焼かなければ、ミルコは口にすることはなかった。

 あとはスパゲティ・ボロネーゼさえあれば、毎日同じメニューでも文句をいうことはなかったという。

 意外なことに野菜は苦手で、添え物のポテト以外積極的にとろうとはしなかった。野菜不足はサプリメントで補っていたというのか。

ミルコの野菜嫌いは幼年期のトラウマでは。

 ミルコがまだ12~13歳の時代のこと。筆者はたまたま当時のクロアチア(当時はユーゴスラビア)を旅することがあったのだが、野菜サラダの類を口にする機会は非常に稀だったと記憶している。たまさか、そういう類の野菜料理があったとしても、どれも傷んでおり、とても口にできるような代物ではなかった。

 わずか1週間程度しか現地に滞在していない旅人の経験が全てというわけではないことはわかっている。

 ただ、少年時代のミルコと、当時の筆者が同じようなものを口にしていたことは確かだろう。当時のユーゴの生野菜事情と彼の野菜嫌いは関係しているかもしれない。

引退式にはヒョードルやノゲイラを。

 キャリアの大半を旧K-1やPRIDEなど日本のプロモーションで積み重ねたミルコにとって、日本は第二の故郷だ。

 以前から「引退試合は日本でやりたい」と語っていたというだけに、晩年の主戦場だったRIZINでは引退セレモニーを行う計画もあるという。

 できれば、その時にはヒョードルやノゲイラも呼んでほしい。

 昔のライバルとの再会を実現させたら、いつもはクールなミルコも少しははにかんでくれるのではないか。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon