古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

井上尚弥の“最後の標的”ポール・バトラー(33)とは何者か? 世界が注目する4団体統一戦へ「私は彼の大ファン。日本に行き、戦いたい」

Number Web のロゴ Number Web 2022/06/24 11:04 杉浦大介
井上尚弥がバンタム級で目指すベルトはあと1つ。4団体統一に向けてターゲットになるのは“ナイスガイ”のポール・バトラー(右)だ © Number Web 提供 井上尚弥がバンタム級で目指すベルトはあと1つ。4団体統一に向けてターゲットになるのは“ナイスガイ”のポール・バトラー(右)だ 井上尚弥の次の標的となりえる2人への独占インタビューが実現。米リング誌でPFPランキングの選定委員も務めるスポーツライター杉浦大介氏が直撃した。全2回の1回目(#2へ)

 井上尚弥(大橋)のバンタム級での“最後の標的”はどんな選手なのか。

 6月7日、井上はさいたまスーパーアリーナで宿敵ノニト・ドネア(フィリピン)に勝ってWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者となり、目標とする4団体統一は目前。最後のターゲットであるWBO王座を保持しているのがイギリスの技巧派、ポール・バトラーだ。

 バトラーは1988年11月11日生まれの33歳。34勝(15KO)2敗という派手さに欠ける戦績が示す通り、近年ボクシングが盛んな母国でもエリート扱いされてきた選手ではない。2014年6月、スチュワート・ホールとの英国人対決に微妙な2-1判定で勝利を飾り、16戦無敗のままIBF世界バンタム級王者になったものの、その後はゾラニ・テテ(南アフリカ)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に敗北(テテとはスーパーフライ級に戻して対戦)。しばらくは陽の当たらない存在であり続けてきた。

 しかし、以降も地道に戦い続け、WBO指名挑戦者に浮上する。すると4月22日、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)に代わって出場したジョナス・スルタン(フィリピン)に判定勝ちし、WBO世界バンタム級暫定王者となった。直後、「減量目的でサウナを使用してはいけない」というBBBofC(英国ボクシング管理委員会)の規定に抵触していたカシメロが王座を剥奪されたため、バトラーがWBO正規王者に昇格。紆余曲折を経験してきたベテランは、ついに王者と戦わぬまま約8年ぶりの王座奪取を果たしたのだった。

 井上対ドネアの再戦が目前に迫った5月中旬、バトラーにじっくりと話を聞いた。その言葉の一部は発売中の本誌に掲載されているが、ここでは完全版をお届けしたい。

 素顔のバトラーは素朴で礼儀正しいナイスガイ。しかし、自ら大ファンでもあるという井上との対戦への熱い思いは本物であり、年内にも実現が噂される4団体統一戦は望むところのようである。

準備期間わずか“2日”で圧勝

――4月22日に行われたスルタンとのWBO世界バンタム級暫定タイトル戦を改めてどう振り返りますか?

「カシメロとの試合をめぐり、いろいろと複雑な状況になりました。12月にドバイで予定された興行では結局、リングに立てなかったので、今回はまず無事に試合ができたことを嬉しく思いました。試合に勝ち、リング上で私の手が上げられたことを心から幸福に感じています。試合後、2週間ほど休みをとって旅行し、おかげで素晴らしい時間を過ごすことができました」

――スルタン戦は3人のジャッジが大差(116-112、118-110、117-111)をつけての勝利でしたが、やりたいことができた試合だったのでしょうか?

「対戦相手がカシメロからスルタンに代わり、本格的な準備期間が2日間しかなかったことを考慮すれば、いいパフォーマンスができたと思っています。それまでは別の相手を念頭に置いていたので、ファイトプランを2日で煮詰めなければいけませんでした。最高レベルの世界戦という舞台で力を発揮するのは難しいもの。あの日はジョー(・ギャラガー)の指示を守って戦えました。“慎重に、賢明に、12ラウンズを戦い抜く”というプラン通りに戦えたことが好結果につながりました」

――12月の試合を流したカシメロは、今戦でもリングに立てるのか寸前まで分からず、準備はやはり難しいものだったのでしょうか?

「精神的に非常に難しいものでした。約10週間、まずはカシメロを念頭に置いて準備を進めてきましたが、ジムではトレーナーのジョーと“カシメロ、バトラーという2人に対してのファイトプランを用意しなければいけない”とジョークを飛ばしあっていました。カシメロとスルタンには共通点もありましたが、スタイルはやはり別物。ドバイでの直前キャンセルの記憶も鮮明だったので、メンタル面で集中し、準備を重ねることは非常に困難でした」

――そんな状況でも冷静に仕事をこなし、スルタン戦は自身のキャリアでも最高のパフォーマンスだったと思いますか?

「それは間違いありません。33歳という年齢を見て、多くの人たちは私がもう全盛期をすぎていると考えていたのはわかっています。そんな見方を覆し、ここでいいパフォーマンスができたことが嬉しいですね」

――5月3日、カシメロのWBO王座剥奪が正式に決まり、暫定王者から世界王者に昇格した際はどんな気分でしたか?

「4日の朝7時頃、『何が起こったと思う? 何が起こったと思う?』と大喜びで叫んだガールフレンドに起こされたんです。最初は何か悪いことが起こったのかと思いました(笑)。そこで自分が正規王者になったことを知り、いくつもの電話やテキストメッセージも受け取りました。肩の荷が下りたような気分でした」

――前回のタイトル奪取から約8年ぶりですが、その間に諦めようと思ったことは?

「自身のキャリアを諦めようと考えたことは一度もありませんでしたが、コロナウイルスの影響もあって、スムーズに試合がこなせなかったのは厳しい時間でした。なかなか先が見えず、次はいつ戦えるのだろうと不安に感じたものです。ただ、可能な限り最高のボクサーになりたいという気持ちは常に持ち続けていました。2014年に一度、世界タイトルを奪った後、また世界王者になるというのが常に私の目標でした。こうして再び王座を手にし、今後も防衛を重ね、統一王者になりたいというのが次の目標です」

――スルタン戦から2日後にはジムに戻り、アマチュア選手たちのセコンドについていたといったニュースも読みました。

「私は毎日ジムに行き、自身のトレーニングをこなし、子供たちを指導するのが日課になっています。その背後には、プロボクサーとして学んできたものを地元の子供たちに還元したいという強い思いがあります。スルタン戦の2日後にはアマチュアの大事な試合があったので、すぐに彼らの元に戻り、コーナーについたというわけです。引退後もトレーナーを続け、アマチュア選手たちをプロに導いていきたいですね」

「ファイトプランを貫けるようになった」

――自身の能力の中で最も誇りに思っている部分とは?

「やはりボクシングスキルですね。最近では自身のファイトプランを貫けるようになったことも大きいと思います。以前は必ずしもそうではなく、特に比較的容易に勝てそうな試合では事前のプランから外れてしまうことがありました。今ではコーナーにいるジョーの声にしっかりと耳を傾け、ぶれずに戦えるようになったことが最大の長所かもしれません。年齢を重ね、より的確なパンチを打てるようになり、自身の力は向上していると感じています。ジムでも以前より気分良く、自信を持ってトレーニングができています」

――先ほど、「統一王者になりたい」という言葉がありました。今後、同階級の最強王者である井上選手との対戦が視界に入ってくると思います。ドネアとの再戦を前にして、井上選手が「バトラーと戦いたい」と話していたことは知っていますか?

「いえ、それは知りませんでした。井上のような選手が私の名前に言及したというのは名誉なことです。井上は本当にとてつもないボクサーであり、同じ階級ではありますが、私は彼の大ファンでもあります。彼はパウンド・フォー・パウンドでも最高級の選手。そんな井上と戦えることになったら素晴らしい名誉です」

――井上の能力の中でどの部分が印象的ですか?

「井上のパワーはとんでもないと思いませんか?(笑)。ミドル級やヘビー級ですごいパワーを持った選手はいますが、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級、バンタム級であれだけのパンチ力を誇示するような選手はなかなかいません。本当に驚異的です。(2019年5月)WBSS準決勝の井上対エマヌエル・ロドリゲス戦は会場で観ましたが、本当に恐ろしい強さでした」

「統一戦はなんとしても実現させたい」

――井上の存在に気付いたのはいつ頃だったのでしょう?

「私はスーパーフライ級時代にWBOタイトルのエリミネーター(挑戦者決定戦)に臨んだことがあり、当時WBO王者だった井上の強さを知りました。以降、常に井上には注目してきました」

――いつか戦う日が来ると考えていたのでしょうか?

「井上と戦うためには、タイトルを取る必要があると考えていました。バンタム級には多くの強豪がいて、誰もが井上との対戦を望んでいたので、チャンピオンにならない限りは自分が挑戦者に選ばれないとわかっていたのです。井上は統一路線を進んでいるので、王者にさえなれば彼の視界に入ると思っていました」

――井上がロドリゲスと対戦した際、対面は果たしたのでしょうか?

「私も同じカードで試合をこなしたのですが、会うチャンスはありませんでした。対面できていれば一緒に写真が撮れたので、会えればよかったのですが(笑)」

――王者に戻ったばかりですが、現在のプライオリティは防衛戦ではなく統一戦なのでしょうか?

「統一戦をなんとしても実現させたいですね。アスリートは最高の相手と戦いたいもの。井上はバンタム級で最強というだけでなく、パウンド・フォー・パウンドでもトップ3に入る選手。そんな相手とぜひ戦いたいのです」

――王者になって以降、IBF世界フライ級王者サニー・エドワーズ、バンタム級世界ランカーのリー・マクレガーといった英国勢もあなたとの対戦希望を表明しています。それらの試合も母国では大きな試合になりますが、それでもあなたの希望はあくまで井上戦なのでしょうか?

「100%、その通りです。私は英国のNo.1ではなく、世界でNo.1になりたいのです。世界最高の選手と戦えるのであれば、そちらの戦いが私の希望です」

――井上戦が決まったとして、ファイトプランはどういったものになりますか?

「井上と対戦できることになったら、彼の映像をじっくりと見て、ファイトプランを考えることになります。井上がどれほど強い選手であるかはわかっているつもりだし、彼はまだ向上しています。完璧なゲームプランを考える必要があるのでしょう」

――井上は英国に行っても構わないと話していますが、あなたの希望は?

「井上はスコットランドで戦ったことがありますが、私はまだ英国以外で戦ったことはありません。まだ一度も訪れたことのない日本に行き、戦いたいのです」

――子供の頃に好きだった選手は?

「マルコ・アントニオ・バレラ(メキシコ)です。彼はナジーム・ハメッド(イギリス)を下し、エリック・モラレス(メキシコ)とも3度戦いました。バレラの試合は常にアクションに満ちていて、典型的なメキシカンスタイルです。私とバレラのスタイルは似てはいませんが、彼の戦い方が大好きでした」

――現役ボクサーで好きな選手はいますか?

「オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)です。スキルに秀でていて、サイズでは大きく上回るアンソニー・ジョシュア(イギリス)にも勝ちました。ウシクはとても多才で、様々なことをこなせる選手。常にアウェイで戦い続けているのもすごいことですね。パウンド・フォー・パウンドでも評価が高く、私はウシク、テレンス・クロフォード(アメリカ)、井上がトップ3だと考えています」

――あなたのボクサーとしての最終目標は?

「子供たちに尊敬されるような選手になり、記憶されたいです。最強の選手と戦い、挑戦を続け、財産も築いていきたいです。そんな私にとって、井上との統一戦は極めて重要な意味を持つ戦いになるでしょう」

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon