古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

《優勝賞金1500万円の女流タイトル》「初の女性棋士」目前だった西山朋佳と、里見香奈に勝利した渡部愛… 2人が涙した日と「白玲戦」

Number Web のロゴ Number Web 2021/10/14 11:15 田丸昇
西山朋佳女流三冠(左)と渡部愛女流三段が戦う白玲戦 © Number Web 提供 西山朋佳女流三冠(左)と渡部愛女流三段が戦う白玲戦 「ヒューリック杯白玲戦」が昨年10月に創設された。優勝賞金は女流棋戦で最高額の1500万円で、序列1位の女流タイトル戦となっている。リーグ戦とトーナメントを勝ち抜いて決勝七番勝負に進出したのは、西山朋佳女流三冠と渡部愛女流三段。白玲戦のシステム、両対局者の棋歴などについて記す。【棋士の肩書は当時】

 不動産会社のヒューリックは、社会貢献活動として将棋界の振興に力を入れている。プロ公式戦の棋聖戦を特別協賛し、昨年10月には8つ目の女流タイトル戦の「白玲戦」を創設した。

 その棋戦の特徴は、A級~D級の4クラスに分けてリーグ戦を行う「女流順位戦」の実施にある。ほかの女流7タイトル戦の予選はいずれもトーナメントで、1回戦で敗れると1局しか指せないことが多い。

 一方、白玲戦では、各リーグ戦で1人あたり8局~9局を指せる。

 プロ公式戦の「順位戦」は名人戦の予選リーグに当たり、戦後まもない1946(昭和21)年に創設された。棋士たちは昇級昇段や棋士生命をかけて必死に戦ってきた。それが勝負のドラマを生み、棋士全体をレベルアップさせた歴史があった。

 白玲戦の主催者は、それを念頭に入れてリーグ戦方式にしたそうで、「女流棋士にはもっと強くなってほしい」と語っている。女流棋士たちも対局数が増えて喜んでいる。

女流タイトル戦として初の七番勝負

 第1期白玲戦は、創設時の64人の女流棋士(休場者を除く)を段級などを基にして、暫定的に8クラスに分けてリーグ戦を行い、各クラス1位の計8人が最上位のトーナメントに進出した。そのうち6人がタイトル戦の経験者で、ほぼ予想どおりの顔ぶれとなった。

 有力な優勝候補は、タイトル保持者の里見香奈女流四冠(清麗・女流名人・女流王位・倉敷藤花)と西山朋佳女流三冠(女王・女流王座・女流王将)。しかし、里見が準決勝で渡部愛女流三段に逆転負けした波乱が起きた。一方の西山は順当に勝ち進んだ。

 その結果、初代の白玲位は西山女流三冠と渡部女流三段で争われることになった。

 白玲戦は、女流タイトル戦で七番勝負(1日制・持ち時間は各4時間)が初めて導入された。優勝賞金は1500万円で、清麗戦の700万円を大きく上回った。

 タイトル名の由来は、「《令》和の《王》者が真っ《白》なページに時代を刻む」という趣旨から名付けられた。「真っ《白》な場所で《令》和の《王》者を目指す」という意味もあった。

 白玲戦七番勝負に登場した西山と渡部の棋歴を紹介する。ともに涙を流した辛い経験があったが、その背景は異なっている。

 西山は2010年に14歳で関西の奨励会(棋士養成機関)に6級で入会した。女流棋士ではなくて、初の女性棋士を目指した。関西には女性の奨励会員はほかにいなかった。男子校に女子が入ったようで、西山に負けたときだけ泣く者もいたという。

西山と里見は奨励会で昇進を重ねたが

 日本将棋連盟は2011年5月、里見香奈女流三冠(当時19)の「奨励会に入って自分の棋力を磨き、どこまでできるか挑戦したい」という強い希望を受け入れ、奨励会1級の編入試験を特例で実施した。

 里見の対戦相手は3人の女性奨励会員で、関東の加藤桃子2級(同16)、伊藤沙恵2級(同17)、関西の西山4級(同15)。西山は香落ち(下手)の手合いで指して負けた。

 里見は3局のうち2勝して合格、関西奨励会に1級で入会した。

 その後、西山と里見は奨励会で競い合うように昇進を重ねた。

 2013年に里見が女性として三段に初めて昇段した。西山も2015年に三段に昇段。

 30人以上の三段で争う三段リーグは最後の難関だ。2位以内に入って四段に昇段して棋士になれるのは、半年ごとにわずか2人のみである。

 里見は計8期(病気休場の3期を含む)の三段リーグで、いずれも負け越して低迷した。そして、2018年に25歳の年齢制限規定によって、奨励会を退会した。

通常なら「四段昇段」の好成績だったが

 西山は8期目の三段リーグ(2019年度後期)の最終日、12勝4敗の成績で臨んだ。2局を連勝すれば、昇段の可能性があった。初の女性棋士誕生を期待してメディアも注目した。

 西山は2連勝し、14勝4敗の好成績を挙げた。通常なら四段に昇段できるところだが、勝負の世界の厳しさが待ち受けていた。西山のほかに2人の14勝4敗がいて、西山より順位上位のその2人が規定によって四段に昇段したのだ。

 当日の夕方、敗者となった西山への異例の記者会見が行われた。放心状態で応じていると、逆転負けした2局が頭に浮かび、思わず涙が流れたという。

 ちなみに、あの藤井聡太三冠は2016年度前期の三段リーグで、13勝5敗・1位の成績で四段に昇段した。四段昇段を逃した西山は、それから2週間は抜け殻のような状態となり、自宅にこもって過ごしたという。

 やがて、新たな決意を抱いて三段リーグに臨んだ。次点(3位)の西山は、次点をもう1回取れば、四段に昇段できる規定がある。しかし、2020年度前期は後半に8連敗、同年度後期も後半に6連敗し、優勝争いから脱落した。

プロ編入試験での「女性棋士」の道は残っている

 西山は奨励会を退会し、2021年4月に女流棋士三段と認定された。なお、プロ公式戦で所定の成績(10勝以上で勝率が6割5分以上)を収めると、「プロ編入試験」を受験できる。近年にはアマ時代の今泉健司五段、折田翔吾四段がその試験に合格して四段に昇段した。

 西山は「あと1勝となったら、考えるかもしれません」と語っていて、初の女性棋士への道はまだ残っている。

 2007年に17人の女流棋士が日本将棋連盟から独立し、日本女子プロ将棋協会(LPSA)という新団体を結成して独自の活動を始めた。渡部はその団体に所属している。

 渡部は高校を卒業した2012年の春、故郷の北海道から上京して女流棋士を目指した。高校時代に指導を受けた同郷の女流棋士が所属していたことから、LPSAに加入した。

 LPSAは2012年7月、独自の基準で渡部を3級の女流棋士と認定した。しかし、将棋連盟と女流棋戦主催者らはそれを認めなかった。当時の将棋連盟とLPSAの関係は、いろいろな問題が生じて悪化していた。

 渡部は宙に浮いた立場となり、その頃はかなり辛かったと思う。それでも勉強の場としていた都内のある将棋クラブに通い、強豪アマと指してひたすら腕を磨いた。

 将棋連盟は2013年、諸事情を鑑みて渡部を特例で女流棋士3級と認定した。2014年には新体制に変わったLPSAと協議し、相互協力関係を築くことで合意した。

渡部は三枚堂達也に勝った経験も

 渡部が女流棋士になるまでの歩みは、このように平坦ではなかった。その後は各棋戦で実績を挙げて活躍している。

 2015年にはプロ公式戦の新人王戦に初参加し、若手精鋭の三枚堂達也四段に見事に勝った。

 渡部は2018年の女流王位戦で、最強の女流棋士である里見女流王位への挑戦者になった。そして、その里見を3勝1敗で破り、初タイトルの女流王位を獲得した。

 写真は、渡部女流王位の就位式の光景。右は、LPSA代表理事の中倉宏美女流二段。

 渡部は謝辞で、新人時代の辛苦を思い出したのか、感極まって涙ぐむ場面もあった。

 2021年9月に始まった白玲戦七番勝負は、第3局が終わった10月上旬時点で、西山女流三冠が元奨励会員の実力を発揮して3連勝している。渡部女流三段としては、第4局で何とか一矢を報いたいものだ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon