古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

往復ビンタ10発以上「きつい振りすんな!」竹田高剣道部主将“死亡事件”から12年…遺族が明かす“暴力指導の壮絶さ”

Number Web のロゴ Number Web 2021/09/15 11:04 中小路徹
大分県立竹田高で起きた剣道部主将熱中症死亡事故。今夏、十三回忌を迎えた両親はこれまで、司法の場で指導者の責任を問い続けてきた © Number Web 提供 大分県立竹田高で起きた剣道部主将熱中症死亡事故。今夏、十三回忌を迎えた両親はこれまで、司法の場で指導者の責任を問い続けてきた

「おにぎり、1個? 2個?」

「1個でいいや。部活きついと食べられんけん」

 その朝、弁当について母とそんな会話を交わした長男は、生きて帰ってこなかった。大分県立竹田高で起きた剣道部主将熱中症死亡事故。今夏、十三回忌を迎えた両親はこれまで、司法の場で指導者の責任を問い続けてきた。その思いは、スポーツ指導での暴力への厳罰化という形の抑止につながっている。

 2009年8月22日。工藤剣太さん(当時17)が死亡した経緯から振り返る。ここまで描写できるのは、両親が部員たちの協力を得て、証言を聞き集めたからだ。当初、大分県の教育委員会と学校関係者が示した報告書は、ごく簡単な時系列に過ぎなかった。部の後輩でもあり、事の一部始終を見ていた弟が「事実と違う!」と怒りをあらわにしたことから真実追及がなされたことを、まず確認しておきたい。

水分補給は少なめ、嘔吐する生徒に竹刀で叩く

 練習は午前9時から始まった。剣道場には顧問と副顧問がいた。基本練習をし、午前10時ごろに給水。各自、コップ2杯程度の水分を取った。この部では日頃から、「次の練習に響かないよう水分摂取は少なめに」という誤った認識が植え付けられていた。

 午前10時半ごろから打ち込みが始まり、トイレに嘔吐しにいく部員が現れ始めた。吐き気は中度の熱中症の症状の一つだ。しかし、顧問は戻ってきた部員を案ずるどころか、腰を竹刀で3発ほどたたいた。

 主将である剣太さんへの指導も苛烈さを増した。「俺の言ったポイントが全くできていない!」「気迫がない!」と、顧問は声を荒らげた。面を持ち上げ、むき出しになった首をたたく場面もあった。

 その後、剣太さんは一人、練習を続けさせられる。顧問は、個々の打ち込みが合格かどうか、部員全員の挙手で決めさせる方式を採った。剣太さんを合格とした部員はいた。しかし、顧問から「どこがいいんだ!」と責められ、誰も挙手できなくなった。

「俺、頑張るけん、みんな手を挙げてな!」と自らを鼓舞した剣太さんだったが、徐々にふらつく。繰り返し壁に当たるようになり、ついにひざまずいた。そして、「もう無理です」と言った。

ふらつく姿に「芝居やろうが! きつい振りすんな!」

 剣太さんは部員たちに起こされても、違う方向を向いて動かなかった。竹刀を払われても拾おうとせず、持っているかのようなしぐさをした。重度の熱中症を疑うべき異常行動だ。ところが、顧問は「芝居やろうが! きつい振りすんな!」と怒鳴った。剣太さんは薄れる意識の中で命の危険を感じていたのだろう。面や道着を外そうとした。「何しよるんか」という顧問の問いかけに「本能です!」と答え、前に倒れた。

 顧問は熱中症への認識が極めて低いだけでなく、この期に及んで、甚だしく暴力的だった。

 顧問は剣太さんを立たせ、「演技やろうが!」と突き飛ばした。剣太さんはあらぬ方向に歩き出して壁にぶつかり、「あーっ」と叫んで崩れ落ちるように座り込み、仰向けに倒れた。顧問は馬乗りになり、怒鳴りながら10発程度の往復ビンタをした。

「目を開けろ! 俺は熱中症の人間を何人も見ている! そういうのは熱中症じゃねえ! 演技じゃろうが!」

 壁にぶつかった時に額に負った傷の血が、飛び散る勢いだった。

 剣太さんは何も反応しなくなった。目を見開き、白目をむいていた。部員たちが水分を取らせようとするが、すべて吐いた。

しごきが始まって1時間半後に「じゃあ行くか」

 顧問が意識のない剣太さんに「じゃあ行くか」と言って、救急車を要請したのは、午後0時19分ごろである。約1時間半にわたり、しごきが繰り広げられていたことになる。自らも足にけいれんを起こし、歩くことがままならなかった弟が剣道場の温度を確認すると、36度だった。

 顧問から連絡を受けた父の英士さんが病院に駆けつけると、剣太さんは荒い呼吸で目をカッと見開いていた。「うおー!」とうなりながら起き上がろうとするのを、英士さんは懸命に押さえた。母の奈美さんも病院についたが、夕方、剣太さんは亡くなった。体温は42度もあった。熱中症を悪化させた熱射病だった。

 通夜の席で、弟から状況を聞いていた奈美さんは、剣太さんを殴り続けたことについて、顧問を問い詰めたが、顧問は「気付けのためにやりました」という言い訳を繰り返したという。顧問の横暴を止めるべき立場にいた副顧問も「止めきれませんでした」と答えるだけだった。4日後に学校が開いた保護者会では、学校側からは謝罪も詳細な経緯報告もなく、他の生徒の心のケアについての相談体制の話に終始していた。

 4カ月後、大分県教委から、顧問は停職6カ月、副顧問は停職2カ月の処分が下った。しかし、県教委の対応は両親には誠意が感じられなかった。連絡は二人が問い合わせをした時のみに応対するだけ。顧問・副顧問の処分決定に至る説明もなされなかった。

 ここから、両親の長い長い戦いが始まった。

裁判は遺族にとって「最後の手段」である

 翌2010年、顧問・副顧問らに対する損害賠償請求訴訟を大分地裁に起こした。同時に、その教諭2人を業務上過失致死と重過失致死の容疑で大分県警に刑事告訴した。

 筆者はこれまで、部活動の事故で子どもを亡くしたり、後遺症が残る大けがをしたりしたケースを多く取材してきたが、親が損害賠償請求の裁判に出るのは、「お金が欲しいからではない」ことを強調しておく。

 裁判に訴えるのは、再発防止を心から願うからだ。子どもの死を無駄にしないでほしい。そのためには、誠意ある謝罪とともに、何があったのかという客観的事実と原因を明らかにし、その責任が誰に、またはどの組織にあるのかをはっきりさせる必要がある。

 当初は被害者側も学校側の誠意に期待する。ところが、学校や教委は事実を隠したがり、責任逃れに終始する。これでは再発防止策など立てるべくもない。裁判は最後の手段なのだ。

「個人の賠償責任を認める」画期的な判決を勝ち取った

 大分地裁での損害賠償請求訴訟では2013年、顧問の過失が認められた。ただ、賠償金の支払いそのものは顧問ではなく、大分県などに命じられた。公務員が職務上、違法に他人に損害を与えた時は、「国や自治体が賠償責任を負う」とする国家賠償法の規定に基づいたためだ。

 両親はこれに納得しなかった。国家賠償法は本来、消防士や警察官などが危険な職務で臆することがないようにするためなど、限定的に適用されるべきであって、「暴力教員を自治体が守るのはおかしい。部活動の暴力的な指導の抑止につなげるためにも顧問個人が支払うべきだ」と、福岡高裁に控訴した。

 この控訴は退けられ、最高裁も上告を退けた。しかし、あきらめなかった。

 今度は、賠償金を顧問に負担させる「求償権」を大分県が行使するべきだと、県の在住者として住民訴訟を起こしたのだ。この裁判では、2016年に大分地裁で、2017年には福岡高裁で求償権の行使を命じる判決が出て、最終的に顧問は賠償金を払った。両親の代理人弁護士が「学校の事故に関し、公務員個人の賠償責任を認めた判決は高裁レベルでは初」と話したように、部活動での誤った指導について、司法の厳しい判断の流れをつくる画期的な判決でもあった。

 ただ、顧問の刑事責任は問われずにいる。業務上過失致死などでの告訴は、2012年に大分地検が不起訴に。再捜査を申し立てたが、2019年に最高検が不受理とした。2020年には保護責任者遺棄致死の容疑で告訴したが、こちらも不起訴に。両親は検察審査会に審査を申し立てたが、今年4月にこれも「不起訴相当」となった。

“地獄絵図”をあえて生々しく語ってきた理由

 決定が下るたび、2人は「おはよう」も言えないほど落ち込む。それでも刑事責任を問い続けるのは、スポーツの現場で今も暴力的指導が根絶されない現状を何とかしたいと思うからだ。

「指導者が思わず拳を振り上げた時、『刑事罰が与えられるかもしれない』ということが頭をよぎって拳を下ろせれば、暴力の抑止につながると考えるのです。私たちは勝手に、全国の子どもたちを背負っている気持ちです。これ以上、剣太のような子どもと、私たちと同じように苦しむ家族を出したくないからです」と奈美さんは言う。

 2人の活動は訴訟の場にとどまらない。支援者の協力も得て、これまで40回以上、子どもの重大事故の再発防止について、国内各地で勉強会や講演を開いてきた。これには自民党の勉強会も含まれている。

 そうした場で奈美さんはあえて、“地獄絵図”を生々しく語ってきた。司法解剖が終わり、警察署で剣太さんを引き取った時、遺体を包んだ袋を開けると、剣太さんの顔はどす黒く、強い腐敗臭を放っていたこと。火葬場で弟が泣いて棺にしがみつき、指を一本一本引きはがさないと、最後の別れができなかったこと。

「スポーツの死亡事故の背後にある壮絶さを知ってもらい、自分の身に置き換え、絶対に起こしてはいけないと思ってほしいのです」

13年目の夏、初めて竹田高校で語った“剣太さんの死”

 この夏、いくつかの変化があった。

 十三回忌を機に、両親は仏壇の横に置いていた剣太さんの竹刀や道着をしまった。「私たちもだんだん剣太に近づいている。これまで剣太のことに一生懸命だったんですが、剣太の弟や妹に尽くしてから、あの子のところに行こうかなと」と奈美さん。

 また、2人が竹田高に出向き、教職員や在校生に剣太さんの死の経緯や思いを語る場が、初めて設けられた。学校側から「事件の記憶が薄れているので」と打診があったそうだ。奈美さんは「大きな前進」と話す。

「びっくりしました。竹田高が『工藤を呼ぶ』ということは、相当な覚悟です。大分県で私たちの話を聞こうという学校はありませんでしたから。生徒たちには、剣太がいかにこの学校を愛していたかということや、『自分が窮地に陥った時には、逃げる勇気もある』ということを伝えました」 

 筆者は剣太さんの死を、英士さんと奈美さんが無駄にしなかったと思っている。

部活動暴力は「刑事罰」を問われる時代になった

 近年、暴力行為を犯したスポーツ指導者には、厳罰化が進んでいる。殴る行為がなぜかスポーツでは「指導の一環」と容認されてきたが、潮目は変わった。

 今年2月には、兵庫県宝塚市の中学校の元柔道部顧問に、傷害罪で懲役2年、執行猶予3年の有罪判決が神戸地裁から言い渡された。元顧問は中学の武道場で、差し入れのアイスキャンディーを食べたことをとがめ、1年生に足払いなどの技をかけ、背骨の骨折の重傷を負わせた。

 今年7月には、熊本県の公立中学校のバレーボール部の指導員が、傷害の疑いで逮捕された。練習をしていた生徒の顔面を蹴って、打撲を負わせたためだ。

 部活動指導での暴力行為は、「行き過ぎ」として教員の立場への処分にとどまりがちだったが、刑事罰を問われる時代になったということだ。剣太さんの熱中症死亡の背後にあったしごきと暴力的な体質と、その責任を問い続ける英士さんと奈美さんの活動も、そのうねりを生む原動力の一つになった。

 厳罰化は抑止につながらなければ意味がない。2人が訴えるように、スポーツ指導者には、思わず手を出しそうになったら、こう考えて踏みとどまってもらいたい。子どもを殴ったら、自分も罰せられる……。

 剣太さんが中学卒業時、同級生たちと埋めたタイムカプセルがある。30歳を迎える年に掘り出す約束のものだ。これについて英士さんにはこんな記憶がある。

「確か、『ウイスキーを買うけん、お金ちょうだい』と言っていた。みんなで飲もうと思ったのか」

 来年、掘り出される。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon